2021年10月13日

夏山シーズンはそろそろ終わりですね


BMW K1300Sのメーターが10,000kmとなった日、上富良野の国道237号沿いにある見晴台公園から十勝岳連峰が綺麗に見えました。

冠雪したオプタテシケ山、美瑛岳が綺麗でした。
たぶん十勝岳も山頂は白くなっていると予想できますが、噴煙で山頂は見えませんでした。

オプタテシケからもう少し左に見える冠雪したトムラウシ山もとっても綺麗でした。

写真には写ってないですが、旭岳も既に冠雪していました。

こんなに天気の良い休日は、たくさんの方が登っているだろうなと想像してしまいますね。

ちなみに、十勝岳は25年〜35年周期で噴火しています。
前回噴火したのが1988年ですから、約33年ほど経過しています。
ここ数年、噴煙が多くなってきているので、そろそろ噴火してもおかしくない時期が来ているのではないかと心配しています。


DSC_6738s
十勝岳連峰

DSC_6739s
左端に小さくトムラウシ山




csh08ymatu at 22:00コメント(0)登山Bike 

2021年10月12日

BMW K1300Sの走行距離が10,000kmに!


2021年10月9日に、K1300Sの走行距離がやっと10,000kmになりました。
K1300Sを購入して乗り始めたのが2011年6月なので、10年4カ月目の事です。
単純に計算すると、1,000km/年になります。
学生の頃は、10,000km/年以上走っていたので約1/10ですね。

10,000km走って一番変わったのが、燃費が良くなったことでしょうか。
ツーリング時に、レーザーのマフラーで20km/l超えることは少なかったのですが、最近は20km/lを超えることが多くなりました。
ノーマルのマフラーの方が燃費が良いので、もしかするとノーマルに戻せば25km/lぐらい走るかも知れません。
変わらないのは、ギアダウンする時に引っかかって、シフトが下がったままで戻らない時があることです。
これは新車時から起きていた現象で、ある程度走行距離が進めばあたりが出て馴染むかなと思っていました。
でも、未だに変わりませんね。


DSC_6743s
9ゾロですね

DSC_6744s
10,000km




csh08ymatu at 22:00コメント(0)Bike 

2021年10月10日

今年の夏山シーズンは足のケガで泣いた一年でした


今シーズンは足のケガで、悲しいかな登山がほとんどできませんでした。

ケガについて時系列を追ってまとめてみました。

・4月上旬:登山に向けてランニングを5kmをから10kmに増やしたところ、アキレス腱(膜)炎再発

・5月上旬:5kmのスロージョギング(9分/km)開始

・6月中旬:10kmのジョギングをペースアップ(6分/km)したところ、左ふくらはぎ肉離れ発症

・7月上旬:エア縄跳びで左ふくらはぎ肉離れ再発

・8月下旬:登山で右ひざ鵞足炎

・9月中旬:整形外科に行ったところ、膝関節の軟骨のすり減りと半月板損傷も考えられるとのことで、関節へのヒアルロン酸注射を開始

・10月上旬:ヒアルロン酸注射4回目後軽い運動の許可が出たため、リハビリを兼ねて5kmのスロージョギング(10分/km)開始


来週、ヒアルロン酸注射がワンクール(5回)終了になるため、ヒアルロン酸注射を続けるかどうかの診断があります。

アキレス腱(膜)炎は、ここ数年湿布を貼ったりしてだましだまし登山していましたが、特に支障ありませんでした。
しかし、今年に入ってふくらはぎの肉離れを抱えての登山はできませんでした。
今年は良くなってきては、運動して、再発して、の繰り返しの悪循環でした。

足のけがや膝の軟骨のすり減りは加齢(62歳)の問題や登山による膝の酷使だけでなく、筋肉量減少の影響も多々あったと思われます。
筋肉量の減少は心当たりがあって、昨年から今年にかけて冬の積雪時のランニングをさぼっていました。
確かに、ふくらはぎも太腿も細くなっていましたね。

来シーズンに向けて、焦らず無理をせず鍛え直す必要性があると考えています。




csh08ymatu at 22:00コメント(0)登山健康 

2021年10月05日

江丹別の青いチーズの伊勢ファーム、青いチーズケーキのchirai cafeに行ってきた


青いチーズで有名な江丹別の伊勢ファーム、そして青いチーズケーキで話題のchirai cafeに行ってきました。
青いチーズは独特の臭みがあるブルーチーズですね。
そして、そのチーズを使ったチーズケーキが青いチーズケーキです。

伊勢ファームといえば、道の駅あさひかわで食べることのできるカウ&カーフのソフトクリームを作っているところです。
そして、青いチーズも知る人ぞ知る伊勢ファームのブランドです。

まずは江丹別へ向かって自宅から、修理から上がってきたカイエンを走らせ、嵐山を超えて暫く行くと、かかし村があります。
そして、それからまた暫く行くと江丹別の町があります。
江丹別の町に入ると、左手に何やら行列が・・・パン屋さんのようでした。
それを過ぎて少し行くと伊勢ファームが右手に見えてきます。

伊勢ファームの駐車場にはキッチンカーが出ていて、飲み物を販売していました。
肝心の売店はドアも窓も閉まっていて、やっているようないないような。
近づいて行くと窓が開いて、やっていることが分かりました。
もちろん青いチーズとソフトクリームを買って、青いチーズケーキについて聞くと、町まで戻って江丹別小中学校のとなりにあるパン屋さんの奥のチライさんにありますよとのことでした。
かぐわしい風に吹かれて牛を見ながら食べるソフトクリームもいいもんだなと。

その後、町まで戻るとパン屋さんの行列はまだ続いていました。
パン屋の行列も魅力があったのですが、まずは奥にあるチライ(chirai cafe)に行きました。
青いチーズケーキも在庫ありますよとのことだったので、お昼少し前だったのですが、カウンターが空いていたのでここでランチすることにしました。
ランチコースもあったのですが、ワンプレートランチを注文しました。
ドリンクは全て別料金で、私はお勧めのレモネード、連れはそれぞれシソジュースとホットコーヒーを注文しました。
レモネードは甘味の少ないもので少しハーブが香りました。
シソジュースも甘味の少ないシソって感じでした。
ホットコーヒーは酸味の少ない苦みのある私好みのコーヒーでした。
さて、ワンプレートランチは非常に盛りだくさんで、パン3種(もちろん行列のできていたパン屋のパンも)、ソーセージ類4種、スープ(焼きチーズ入りミネストローネ)、サーモン、鳥の蒸し肉とブロッコリー等。
どれもとってもおいしいですが、そば粉のパンに酒粕のブルーチーズにはちみつを垂らしたものが思わずうまいって言ってしまいました。
青いチーズケーキにはレアチーズケーキ(2,500円)とバスク(2,700円)があって、両方とも買えるとのことだったので両方買いまいました。
ケーキは両方とも冷凍されていました。

外に出るとパン屋さんの行列はなくなっていたので寄ってみると、パンもほとんどなくなってました。
ところが、何故かペッパーオリーブが焼きたてで並べられたところだったのでそれを3本買いました。
温かいうちに食べると美味しいですよとのことだったので、車の中で食べてみると、こりゃ美味い。
思わずもう3本追加で買ってしまいました。
美味しいから追加で3本買いに来ましたと言うと、パン屋のおねーさんは、私もこれが一番好きなんです、ワインともあいますよって教えてくれました。

自宅に戻り、レアチーズケーキとバスクと両方ともまだ少し凍っていましたが柔らかくなっていたので食べてみることに。
両方ともなまら美味い!
臭美味いって言ったほうが良いのかもしれません。
ブルーチーズの臭みが絶妙に残っていて、私は病みつきになりそうです。

残念ながら、青いチーズはまだ食べてません。


DSC_6712s
伊勢ファーム カウ&カーフのソフトクリーム 300円

DSC_6714s
青いチーズ 800円

DSC_6715s
chirai cafe (チライ:アイヌ語でイトウのこと)

DSC_6716s
ランチメニュー

DSC_6718s
自家製レモネード 400円

DSC_6719s
ランチプレート 2,000円

DSC_6721s
江丹別のパン屋さん aman

DSC_6721s1
ペッパーオリーブ 320円

DSC_6724s

DSC_6725s
青いチーズケーキ 2,500円

DSC_6723s

DSC_6726s
江丹別バスク 2,700円


■伊勢ファーム
店舗名:Cow&Calf(カウアンドカーフ)
TEL:0166-73-2148
住所:北海道旭川市江丹別町拓北214
営業時間:13時〜17時(土曜・日曜・祝日は10時〜18時)
定休日:火曜日、冬季は休業
【伊勢ファームチーズ工房 公式フェイスブック】
https://www.facebook.com/etanbetsu.blue/
【公式サイト】
https://shop.asahikawa.style/bluecheese


■チライ(Chirai)
TEL:0166-76-4747
予約可
住所:北海道旭川市江丹別町中央121-1
営業時間
[ランチ] 11:00〜14:00(L.O)
[カフェ] 14:00〜15:00
[ディナー]17:00〜20:00(L.O)
※ディナーは前日までに要予約
定休日:月曜日・火曜日(祝日の場合営業、翌日休)
※冬季(1月・2月)は水曜日も休
公式アカウント
Facebook:https://www.facebook.com/Chirai-チライ-Restaurant-Cafe-100849541267470/


■アマン(aman)
TEL:0166-85-7995
住所:北海道旭川市江丹別中央121-2
営業時間:10:00〜15:00
無くなり次第終了
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
公式アカウント:
Facebook:https://www.facebook.com/boulangerie.aman
Instagram:https://www.instagram.com/boulangerie_aman/



csh08ymatu at 22:00コメント(0)洋食スイーツ 

2021年10月02日

ホンダ ヴェゼルハイブリッドに2週間乗ってみた。


カイエンの板金修理の代車としてホンダ ヴェゼルハイブリッドを2週間乗りました。
市街地、一般国道、高速道路、峠道など約700kmほど走った感想です。

カイエンを修理に出したポルシェセンターから自宅まで帰る間に、あちこち寄り道をして170km程走って自宅に付くと、疲労感が半端ありませんでした。

疲労感の一番の原因は、アクセルとブレーキの感覚が車の挙動と合わないことだと思いました。
これは、走り始めてすぐ気が付いたことです。

このブログを見ている方の中にはヴェゼルに乗ってる(た)方もいらっしゃるので、ちょっと書きにくいのですが、個人的には疲れる車だと思いました。


■悪かった点

1.ブレーキに違和感
回生ブレーキとディスクブレーキの切り替わりのチューニングの問題かもしれませんが、2週間乗っても馴染みませんでした。
一定の踏み加減で狙ったところに停めるのは至難の業です。
社用車のトヨタのプリウスやクラウンハイブリッドでも多少違和感は感じるものの慣れの範囲内でした。

2.i-DCDが時々おかしくなる(これは危険)
加速したいときにアクセルを踏んでもエンジンが反応せず加速しないことがありました。
アクセルを踏んでもエンジンが吹けて加速に入るまでに2〜3秒かかることが多々あり、高速道路の加速ランプでこの状態になった時は冷や汗ものでした。
止まるか加速するまで我慢するか究極の選択でした。
その時は、幸いにも本線走行車が追い越し車線に逃げてくれたため、スピードが乗らないまま合流しました。
また、駐車場から道路に出る時に加速せずに後ろから来た車にブレーキを踏ませるなど迷惑も掛けました。

3.エンジン走行時にモーターアシストオンでショックがでる
スムーズに切り替わることも多いですが、時々明らかに感じるショックがあります。
これは車に詳しくない同乗者(妻)も気になるようでした。

4.エンジンブレーキはほとんど効かない
CVTではなく7速ギアなのですが、パドルシフトでギアダウンしてもエンジンの回転数が高くなるだけでエンジンブレーキはほとんど効きません。
回生ブレーキを使う方が良いのかもね。

5.駆動用バッテリーが無くなると激遅
高速道路の長い坂道や国道等の峠では、途中で駆動用のバッテリー切れになってパワーが必要な時も充電が始まり、ますますパワーが無くなります。
せめて、パワーが必要な時はエンジン出力を充電に持って行ってほしくないです。

6.空調のAUTOが微妙
オートにしていても社内温度が結構上下します。
また、オートでリサーキュレーションになっている時に外気導入にするとオートが解除されます。
家にある20年前のクラウンのAUTOより悪いですね。
2013年式のカイエンもAUTOの空調は良くないですが、それより悪いです。


■良かった点

1.必要にして十分なパワー
景気よくエンジン回転数もあがりますが、バッテリーがあるうちはパワー不足を感じず加速します。
1.5Lであることと車重を考えると悪くありません。

2.燃費は悪くない
市街地走行はほとんどありませんでしたが、国道を流れのままに走ると20km/l程度の表示になります。
車の大きさ考えると悪くないなと思います。
ただ、高速道路は速い流れに乗ると13km/lぐらいのようで、我が家の1.8Lのアリオン4WDより悪いかもしれません。

3.機敏なハンドリング
割とクイックでだるさはないです。
これは好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、私は好きです。


以上、悪い点を多く書いてしまいましたが、モデルチェンジでヴェゼルもCVTになったようなので、欠点が解消されていることを期待しています。
ただ、モデルチェンジ前のヴェゼルハイブリッドの購入を検討している方の参考になればと思います。

販売店等で試乗するだけでなく、是非レンタカーでヴェゼルハイブリッドを借りて、自分で確かめて欲しいと思います。


csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月01日

ドアパンチされてしまいました〜その後


ドアパンチされたカイエンが板金修理から戻ってきました。

修理はもちろんポルシェセンターにお願いしました。

今回は車両保険は使わず自費修理しました。

というのは、車両保険を使った場合の等級ダウンと保険料アップを試算してもらったところ約20万円程度で、板金で自費修理した場合約10万円程度とのことでしたので比較検討の結果、自費修理することにしました。
今回は、補償修理ではないため代車としてのレンタカー料金がかかったため、それを保険のロードサービスから払いました。
ロードサービスは等級には関係ないとのことでしたのでありがたく使わせていただいた次第です。
ちなみに代車のレンタカーはホンダのヴェゼルハイブリッド(R1年登録)でした。

カイエンは2014年3月に購入し、既に7年以上たっているためオリジナルの色からの退色をぼかすため、リアドアだけでなくフロントドアまでかなり広く塗装をやり直したとのことでした。
まったく分からなくなりました。
さすがプロの仕事ですね。

綺麗に治りましたが、やはり気持ち的には何となく引っかかるものがあります。

ドアパンチや無人車にぶつけて逃げた経験のある方、これからは是非良心に従って行動してください。


ドアパンチされてしまいました




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年09月24日

Xperia5から指紋認証が消えた

私が使っているスマートホンは「Xperia5」です。
機種変更してから約11カ月です。
当時は既に新しい機種が出ていたのですが、5G契約しても私の街では5Gエリアがほとんどなかったため4G契約できるAndroid機種の中でカメラ性能が良いものを選んだ結果でした。

Xperia5は指紋認証の精度が良くないと言われていますが、それなりに便利に使用していました。
ところが、本日突然にまったく反応しなくなりました。
あたかも、指紋認証機能がないような感じになりました。
ちなみに、Android11にアップデート済みです。
また、セキュリティーアップデートは「2021年6月1日」、ビルド番号は「55.2.D.0.447」です。

以前も、徐々に指紋認証しずらくなったので、一度全ての指紋記録を消して再登録すると良くなったことがあったため、指紋認証設定から記録を消そうとしたところ、何度やっても消えません。
こんな時は一度電源を切ってから起動すると良いかなと思いやってみましたが、今度は指紋認証が設定から消えてしまいました。
こうなると自力では手に負えないと思い、ネットで調べると同じような状況がたくさん出てきました。

その中で、とりあえずやってみても良いと思われることを2つ程やってみました。

その1
1)電源を切る
2)SIM/microSDカードスロットからトレーを引き出す
3)SIMカードとmicroSDを外してトレーを戻し電源を入れる
4)電源を切る
5)SIM/microSDカードトレーにSIMカードとmicroSDカードを入れてスロットに戻す
6)電源を入れる

一度は設定に指紋認証が現れましたが状況は変わらずダメでした。

その2(強制電源断ですね)
・電源ボタンと音量ボタンの「上」を8秒以上同時に長押し
・端末が連続して3回振動したら指を離す
・再び電源ボタンを1秒以上長押しして再起動

これもダメでした。
結局、指紋認証が設定から消えたままです。

Xperia5セキュリティ
デバイスのセキュリティから「指紋認証」の項目がなくなってる


1年未満なので携帯自体の補償もあるしケータイ補償にも入っているし、修理に出しても良いのですが、自力でバックアップしなければならないLINEのトークや色々なアプリやおさいふケータイ等の設定がめんどくさいので、しばらくこのまま様子を見ることにしました。

この指紋認証のトラブルについては、Xperia5だけではなく他のXperiaも、そしてXperia以外でも報告されていました。
基本的に指紋認証のデバイスに問題があるのか、機種のソフトウェアに問題があるのか、Android自体に問題があるのか、良くわかりませんが、いずれにしても早急な対策を望むところです。



2021.09.25 追記

その後、色々調べてみると次のようなチェック方法が見つかりました。

Xperia 1/Xperia 5の指紋センサー問題確認方法
・標準の「電話アプリ」を開く
・「*#*#7378423#*#* 」と入力
・Service  tests →Fingerprint test

指紋認証センサーにエラーがある場合は:

Fingerprint Sensor Status:
Sensor not OK
Sensor HWID:
0x0603

というエラー表示がされるとのことですが、やってみると確かに「ServiceMenu」が表示されます。
そして「Service tests」をタッチすると色々なテスト項目が表示されますが、その中に「Fingerprint Test」がありません。
システム自体が指紋センサーを認識していないのかもしれません。

やはり、修理に出すしかないのかなあ。


Screenshot_20210925-212551
「*#*#7378423#*#* 」と入力するとこの画面になる
そして「Service tests」をタッチすると以下の画面になるが
「Fingerprint test」の項目はない

Screenshot_20210925-213015

Screenshot_20210925-212958

Screenshot_20210925-213033





csh08ymatu at 22:00コメント(0)ハードウェア 

2021年09月03日

Kawasaki Z H2 に乗ったぞ!

弟が話題の「Kawasaki Z H2」を買いました。

エンジンの慣らしもほぼ終わったそうなので、ちょいとK1300Sとツーリングへ行き、高速道路とワインディンクロードの両方を走ってきました。


DSC_6434s



まずは、両者のパワースペックから。

Kawasaki Z H2 ('20)
排気量:998cc
最高出力:147kW(200PS)/11,000rpm
最大トルク:137N・m(14.0kgf・m)/8,500rpm
車両重量:240kg

BMW K1300S ('11)
排気量:1,292cc
最高出力:129kW(175PS)/9,250rpm
最大トルク:140N・m(14.3kgf・m)/8,500rpm
車両重量:269kg


最大出力はH2の方が25PS程高くなっていますが、最大トルクとその発生回転数にほとんど違いはありません。
実際に公道を走った場合、最大出力より最大トルクとその発生回転数の方がパワフルさを感じるところだと思います。

高速道路でK1300SからH2に乗替えたのですが、当然ライディングポジションはネイキッドのH2の方がコンパクトで、車体も軽く感じました。
コーナーもなかなか寝てくれないK1300Sと違い、H2のハンドリングは軽く、ライダーの意をくんで素直に曲がってくれますが、直進安定性も非常安定感があり良い感じです。

そして、何が一番違ったかというと、低回転時のトルクです。
K1300Sも非常にトルクフルなエンジンなのですが、それを凌駕するH2のトルク感、さすがスーパーチャージャーの威力、これはただ者ではないと感じさせられるものでした。
スピードを上げると風圧が凄くて伏せなければなりませんが、トルクでどこまでもぐいぐい加速する感覚でした。
当然ギアチェンジなどのテクニックなどは不要で、6速ホールドのままアクセルをひとひねりすれば300Km/hの世界に誘ってくれそうです。

ネイキッドなので、下道をのんびり走ってもストレスなくは走れるバイクだと思います。

少し残念だったのは、乗っている時に排気音もスーパーチャージャー音もあまり聞こえないことでしょうか。
あとは、マフラーを替えて、バックステップにすると良い感じになると思います。
ハンドルは、あえてこのままが良いかな。

最後に、メーターは、やっぱり丸形の針形式が”好き”。



DSC_6433s

DSC_6435s
Kawasaki Z H2


DSC_6436s
BMW K1300S





csh08ymatu at 22:00コメント(0)Bike 

2021年08月29日

黒岳登山記録会 2021.08.29


黒岳記録会に参加しました。

な・な・なんと、今期初めての登山です。
休みの日に天気が悪かったり、ランニングで肉離れを繰り返し発症したりして、なかなか山登りできませんでした。

記録会も昨年は中止だったので2年ぶりの参加です。

例年通り7時前に到着したのですが、ゴンドラの下の駐車場も半分ぐらいしか埋まっておらず、例年に比べると随分少ないように感じました。
コロナの影響もあってか、記録会参加者だけでなく、一般の登山者や観光客も少ない印象でした。

記録会の受付は予定よりの少し早い7時20分頃から野外で行われ、検温とアルコール消毒を行って参加費を払って受け付け完了。
例年は受付時にTシャツの色とサイズを決めていたのですが、今年は申込時にTシャツの色とサイズを先に決めて記入するようになっていたため多少スムーズだったかも知れません。

ゴンドラも定員100名のところ50名で運行していましたが、それほど混雑することもありませんでした。

天候は、下ではかなり風が強く吹いていて、青空もあまり見えない状況でした。

今年は1グループ15名ずつのスタートで、8時3分の第2グループのスタートでした。
また、トレランやランニング姿の方もありませんでした。

途中の景色は、雲が低く向い側の山々も雲に隠れていることが多かったです。
今年は女房と二人だったので、一緒に登って1時間42分でした。

山頂では強風で気温も低く眺望も悪かったため、石室へは行かず少し休んで下山しました。
下山時にすれ違う方のゼッケンを見てゆくと140番台までしかなかったため、例年より70名程度は少なかったのかなと思います。

石室で食べようと楽しみにしていたカップラーメンとおにぎりは、ロープウェイの5合目駅近くの高松台でいただきました。

下山後は、黒岳の湯で疲れを癒しました。
黒岳の湯は、ロープウェイの駅に100円割引券がおいてありますので、入浴する方はお忘れなく。


GPSトラック (今回はGPSログデータはアップしてません。)

01


※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。

02
スタート地点。今年は第2グループ8:03スタート。

03
ゴンドラとリフトを使うと、ここが登り初めです。

04
少し晴れました。

05
招き岩、あと少しで山頂です。

08
ゴール! 山頂も人が少ない。

06
山頂から石室方面

07
山頂から朝陽山方面

09
山で食べるカプラーメンは格別!!!

10
記録証 1時間42分



csh08ymatu at 22:00コメント(0)登山表大雪 

2021年08月17日

旭川市で真夏日の観測史上最長(27日間)を記録しました


アメダスSS


2021年7月13日から8月8日まで観測史上最長の記録更新が続いていた真夏日(最高気温30度以上)の連続記録は27日間でした。

子供の頃から30度を超えることなんてほとんどなかったので信じられない記録だと思います。

なにせ旭川市は亜寒帯に属しているのですから、これこそ異常気象かも知れません。

そして、旭川市宮前1条旭川地方気象台(街中)のアメダスでの最高記録は8月7日の37.9度でした。
丁度この日は土曜日で休みだったため、37.9度を記録した時に外に出て打ち水してみましたが効果もなく、体温以上の気温は表現できない暑さでした。

また、7月31日には旭川市江丹別(郊外)のアメダスで38.4度を記録し北海道での7月に38度台は約100年ぶりだそうで、日本で一番気温が高くなりました。

私の場合、平日は自家用車通勤なのと自宅も会社も冷房が効いているため、暑い思いは帰りの車の中が一番でした。
会社の駐車場が路駐のため、特に皮のシートが熱くなっていて座ると痛いぐらいでした。

メモリアルとして、連続した真夏日の一覧表を作成してみました。



連続日数 日付 日最高気温備考
17/1330.2アメダス10分値
27/1432.0アメダス10分値
37/1532.5アメダス10分値
47/1632.9アメダス10分値
57/1732.7アメダス10分値
67/1833.9アメダス10分値
77/1934.8アメダス10分値
87/2033.0アメダス10分値
97/2134.2アメダス10分値
107/2233.7アメダス10分値
117/2332.3アメダス10分値
127/2435.0アメダス10分値
137/2534.4アメダス10分値
147/2635.3アメダス10分値
157/2735.8アメダス10分値
167/2835.9アメダス10分値
177/2934.3アメダス10分値
187/3034.7アメダス10分値
197/3137.2アメダス10分値
208/132.8アメダス10分値
218/232.3アメダス10分値
228/335.1アメダス10分値
238/432.1アメダス10分値
248/533.3アメダス10分値
258/636.5アメダス10分値
268/737.9日最高
278/830.1アメダス10分値




csh08ymatu at 22:00コメント(0)北海道旭川市 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ