2007年07月14日

ラーメンとたばこ 1

今日の昼食はラーメンを食べました。
ラーメンはおいしかったのですが、食べてる途中、横の席の人がたばこを吸い始めたのです。
すすって食べるものの時に、近くでたばこを吸われると、咳き込んでしまいます。(私だけかも知れませんが)
せっかくおいしいラーメンなのに、たばこの煙とにおいでだいなしです。
せめてランチタイムや夕方など混み合うときは禁煙にできないものでしょうか。
たばこを吸う方は、灰皿がおいてあっても周りに少し気を使いましょうね。



csh08ymatu at 15:30コメント(0)トラックバック(0)グルメラーメン 

2007年07月09日

建ブロの日【ブログを始めたきっかけ】 5

このブログは建設系ブログとして始めたわけでありませんが、「CALSスクエア北海道」の会員として、「建設ブログの日」にコラボさせて頂きます。

さて、ブログを始めたきっかけについて書いてみたいと思います。

CALSスクエア北海道」が情報発信するためのツールとして選んだのが「ブログ」だったのです。
ブログってなーに?
日記?
そんなんで情報発信できるの?
情報発信するならホームページじゃないの?
お恥ずかしい話し、その程度の知識でした。

実は、別にホームページを持っています。
そちらをメインにして、このブログは何か全く別の事を書こうと思っていました。
それで、何を書こうかなぁと、しばらくそのままにしていたのです。
なんかないかなー。
そうだ、山登りを始めて、時間の記録代わりにデジカメで写真を撮っているのだから、自分の山登りの記録としてブログを書こう。
何年かして同じ山を登った時、かかった時間はどう変わるのか比較できるように、同じ所から撮った景色が変わっていないか比較できるように、そんなことがてきたら良いなぁと考えていました。
誰かに見てもらおうとか、コメントをもらおうとか、トラックバックをもらおうとか、毎日書こうとか、そんなことは全く考えてはいなかったのです。
目的は、ネットにつながる環境があれば、いつでもどこでも自分の山登りの記録を見ることが出来る、ただそれだけでした。
しかし実際は、それだけじゃなく何か言いたいことがあった時、少しだけ書いてきました。

今までは仕事に関することは書かないつもりでしたが、そんなことにも、ブログのタイトルにもとらわれず、これからは何でも好きなことを書いて行こうと思っています。

csh08ymatu at 02:28コメント(0)トラックバック(0)その他CALS/EC 

2007年07月06日

東京へ行ってきました。 5

7月1・2・3日と東京へ行ってきました。
梅雨の時期で、傘を離せない天気でした。
実は、ある試験を受けに行っていたのです。
合格したら公表しようかな。

せっかく東京へ行ったので、名物をいただいてきました。

金泉 かき揚げ丼浅草 金泉のかき揚げ丼 2,310円
三定、大黒屋でもかき揚げ丼を食べているので、あとは葵丸進。
こういうものに、旨い不味いは禁句でしょう。接客も、席が空いてたのに案内されるまで随分待たされ、私の所には最後までお茶も出てこない。これが老舗のやり方なのかな。

神谷バー 電気ブラン浅草 神谷バーの電気ブラン 260円
ブランデーベースのカクテル。
なんと、おいらの地元旭川の合同酒精で作っている。
今度買ってこよう。



神谷バー メンチカツ浅草 神谷バーのメンチカツ 680円
昔なつかしいレストランのハンバーグの香りがしました。






今回の名所巡りは上野でした。
国立科学博物館出口のくじら上野 国立科学博物館出口にあった「くじら」。
でかい。





中国こま回し上野の広場では、中国人の独楽回しをやっていました。
肖像権に問題が有ればすぐ削除しますので、ご一報下さい。




西郷隆盛上野と言えば、西郷隆盛でしょ。












アメ横西郷隆盛像のある所から見た、アメ横。
※デジカメを持って行かなかったので、携帯で撮りました。


csh08ymatu at 19:28コメント(0)トラックバック(0)その他グルメ 

2007年06月25日

次は、何時行けるかなぁ 3

23・24日と「建設ブロガーの会in札幌」に出席していました。そして、今週末は所用で東京です。次は何時山に行けるかなぁ。どこの山登ろうかなぁ。

csh08ymatu at 23:04コメント(0)トラックバック(0)登山 

2007年06月17日

今季初の登山 富良野岳〜十勝岳 2007年6月17日 5

2007年6月17日

今年初の登山は、十勝岳連峰縦走です。
連年では富良野岳から上ホロカメットクで折り返すのですが、最高の天気だったため、十勝岳まで足を延ばしてしまいました。
もしかすると、登山を始めてから一番良い天気だったかも知れません。
登り始めから下山まで、風は有りましたが全く曇ることがない素晴らしい天気でした。

この日は十勝岳の山開きだったため、すごい人でした。
十勝岳山頂で昼食を取ったのですが、座るところがないぐらい。
おまけに岩陰には人のウ○チまで・・・

雪渓も結構残っていて、上富良野岳と富良野岳の分岐から上富良野岳のルートは、半分ぐらい雪渓歩きです。私は、下りましたが、登った方は大変だったと思います。

上ホロ避難小屋近くの雪渓では、スキーをしている人がいました。
また、十勝岳温泉の登山口近くの雪渓では、ボードを楽しんでいる若者もいました。

やっと「GPS-CS1」の出番です。
今回は、デジカメの時間もきっちり合わせ、写真に位置情報を書き込みました。
カシミール3D+デジカメプラグインで読み込むと、写真を撮った位置に写真が出ます。せっかく位置情報のログが有るのだから、トレースルートも表示できるようになりませんかねぇ。
写真の位置情報ですが、やはり100%はむりで、何が悪いのか分かりませんが、とんでもない所に飛んでる写真がありました。でも、カシミール3Dで位置情報を変更が出来たので修正しました。

ところで、山では、すれ違ったり、追い抜いたり追い抜かれたりするとき、以前はみんな挨拶してたような気がします。でも今は、ほとんどないですよね。細い道ですれ違うのに待っててあげても知らん顔の人が多いなぁ。

十勝岳温泉(6:25)[0:00]
 ↓
4.8km(2:02)
富良野岳1912m(8:27)[2:02]
登頂所要時間2:02
 ↓
2.1km(1:12)
三峰山1866m(9:39)[3:14]
 ↓
1.2km(0:20)
上富良野岳1803m(9:59)[3:34]
 ↓
0.4km(0:17)
上ホロカメットク山1920m(10:16)[3:61]
 ↓
0.5km(0:17)
上ホロ避難小屋(10:33)[4:08]
 ↓
1.5km(0:54)
十勝岳2077m(11:27)昼食(11:43)[5:02]
 ↓
2.0km(0:51)
上ホロカメットク山1920m(12:34)[6:15]
 ↓
0.4km(0:29)
上富良野岳1803m(12:50)[6:25]
 ↓
3.7km(1:22)
十勝岳温泉(14:12)[7:47]
全行程約16.6km  7時間47分


十勝岳温泉登山口十勝岳温泉登山口







雪渓の上から富良野岳雪渓の上から富良野岳
まだ雪渓は結構残っていました。






富良野岳山頂富良野岳頂上







富良野岳山頂から十勝岳方向富良野岳頂上から十勝岳方向







三峰山山頂三峰山頂上から富良野岳方向







上富良野岳山頂かみふらの岳頂上から十勝岳方向







上ホロカメットク山山頂上ホロカメットク山頂上







上ホロカメットク山山頂から十勝岳方向上ホロカメットク山頂上から十勝岳方向







上ホロ避難小屋上ホロ避難小屋







上ホロ避難小屋から上ホロカメットク山方向上ホロ避難小屋から
上ホロカメットク山方向
この雪渓でスキーをしている
人がいました。




上ホロ避難小屋付近から三段山方向上ホロ避難小屋付近から三段山方向







十勝岳山頂十勝岳頂上







十勝岳山頂から美瑛岳方向十勝岳頂上から美瑛岳方
このルートを歩くと、地球じゃないみたい。






十勝岳山頂十勝岳山頂
山開きに参加した登山者で山頂は満員!






十勝岳山頂から富良野岳方向十勝岳頂上から富良野岳方
富良野岳の向こうは芦別岳かな。






安政火口と富良野岳安政火口と富良野岳







かみふらの岳登山道の雪渓かみふらの岳登山道の雪渓
雪渓は結構残っていました。






安政火口安政火口







十勝岳温泉登山口近くの雪渓十勝岳温泉登山口近くの雪渓
ボーダーがジャンプ台を作って
いる最中でした。






csh08ymatu at 22:00コメント(2)登山十勝岳連峰 

2007年06月15日

十勝岳山開き 5

2007年6月17日(日) 十勝岳の山開きです。
私は団体で登るのはあまり好きじゃないので、山開きには参加しませんが、今年一発目の山登りに出かけようと思います。
行き先は恒例の、富良野岳〜上富良野岳〜カミホロのパターンでしょうか。

天気になーれ!


csh08ymatu at 09:21コメント(0)トラックバック(0)登山その他 

2007年02月17日

リサイクルショップ 1

昨年約4万円で買った、ほぼ未使用のThe North Face のICEジャケットを、リサイクルショップに持って行きました。
しかし、なんと、買い取り価格は600円!
季節はずれなのと、The North Faceは流行っていないからとのことでした。
でも、売っちゃいました。
じゃまだったし・・・・


csh08ymatu at 23:25コメント(0)トラックバック(0)その他 

2006年11月13日

デジカメ用GPS買いました 5

ソニーから発売になっている、写真に位置情報を付加するGPSユニット「GPS-CS1K」を買いました。来年からは、写真に位置情報のタグを入れてアップできると思います。 SONY GPS-CS1

csh08ymatu at 19:06コメント(0)トラックバック(0)登山アウトドア用品 

2006年10月09日

天気悪し

10月8・9日とどうも天気が思わしくないので、山に行くのは止めました。
十勝岳や朝日岳では遭難者が出てることですし。

日帰り登山が基本の私は、今年の山登りはもう終わりかなぁ。

これからは、山登りの時に撮っている写真などをアップしていこうかと考えています。


csh08ymatu at 10:57コメント(0)トラックバック(0)その他登山 

2006年10月01日

三段山(1748m)経由、十勝岳(2077m)〜富良野岳(1912m)縦走 2006年10月1日 5

2006年10月1日(日)

三段山から十勝岳〜上ホロの稜線に出るルートを登り、十勝岳〜富良野岳と縦走してきました。過去2度程デジカメトラブルを体験したので、今回はバッテリーを落とさないように蓋をテープで留めた「デジカメ」を、しっかり持って行きました。

十勝岳温泉登山口に着いたのはAM6:20。駐車場は既に8割がた埋まっていました。今日は、三段山から十勝岳〜富良野岳の稜線に出るという初めてのルートです。このルートは案内板もなく、稜線側ではロープが張ってあり、進入禁止になっていました。しかし、踏み後もしっかりしており、三段山近くの急な岩場も掴まれるようにロープが掛けてありました。稜線下のガレ場もペイントがあり、ガスがかかっていなければ迷わないと思います。

紅葉も綺麗だったのですが、例年よりは悪かったかも知れません。写真を撮りに来ていた方が、「今年はダメだな」と呟いていました。

今日は元気な外人さんを見つけました。足下は登山靴を履いていましたが、タンクトップに半ズボンで走っていました。

紅葉の時期でもあり、登山している人だけでもかなりの数でした。帰りは、登山口駐車場が一杯で、上ホロ荘近くまで路肩に車がずーっと駐車していました。

十勝岳温泉登山口(6:29) [0:00]
 ↓
2.3km(0:51)
三段山山頂1748m(7:37)[1:08]
登頂所要時間0:51
 ↓
2.2km(1:16)
十勝岳山頂(8:53)[2:24]
登頂所要時間2:24
 ↓
2.0km(0:52)
上ホロカメットク山山頂1726m(9:45)[3:16]
 ↓
1.6km(0:37)
三峰山山頂1866m(10:22)[3:53]
 ↓
2.1km(1:01)
富良野岳山頂1912m(11:23)[4:54]
 ↓
4.8km(1:52)
十勝岳温泉登山口(13:15)[6:46]
全行程約15.0km  6時間46分



あさもやのオプタテシケ・美瑛富士・美瑛岳朝靄のオプタテシケ・美瑛富士・美瑛岳







三段山と十勝岳三段山と十勝岳







三段山から富良野岳方向三段山から富良野岳方向







三段山から十勝岳稜線へ行く道三段山から十勝岳稜線へ







稜線道途中から三段山方向稜線へのルートから三段山方向







稜線へのガレ場稜線へのガレ場







十勝岳山頂から前十勝方向十勝岳山頂から前十勝方向







稜線から三段山への分岐稜線から三段山への分岐







十勝岳〜上ホロ稜線から富良野岳方向十勝岳〜上ホロ稜線から富良野岳方向







上ホロ避難小屋上ホロ避難小屋







上ホロ避難小屋付近から三段山方向上ホロ避難小屋付近から三段山方向







富良野岳山頂付近から原始ケ原方向富良野岳山頂付近から原始ケ原方向








csh08ymatu at 17:36コメント(0)登山十勝岳連峰 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ