2007年10月31日

スパムメール

私のところに来るメールの内、約2000通/月がスパムメールや迷惑メールです。

その内90%以上は、契約しているプロバイダに用意されている無料フィルターでスパムメールとして指定したフォルダに移動してくれます。

そのようなわけで、実害はほとんど無いと言えば無いのですが、スパムメールのフォルダを見てみると、最近傾向が変わってきているように見えます。

以前は、スパムメールと言えば日本語で書かれたアダルト系のメールだったり、ワンクリック詐欺だったりしてましたが、今はそういうのが減って、タイトルも本文も英文のアダルト系やコピー商品販売ショップのメールが90%位を占めています。



スパムメール対策について書いてみたいと思います。

■スパムメールに返事をしない

「この配信を止めたい場合はxxx@xxxまでメールを送ってください」というように、もっとらしい事が書かれていますが、これに返事をするとますますスパムメールが増えてしまいます。


■HTML形式のスパムメールは開かない

HTML形式のスパムメールは、開いただけで「このアドレスに送ったメールは読まれた」と判断できる仕掛けが用意されていることもあります。
HTML形式のスパムメールは開かないか、テキスト形式で読んで判断するようにしましょう。
使っているメールソフトがOutlook Expressの場合は「ツール」→「オプション」→「読み取り」→「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れればOKです。


■ネットで公開するメールアドレスはフリーメール等を使用する

ネットサービスや掲示板などの登録、個人的なホームページ運営には、フリーメールを使うと良いでしょう。
フリーメールなら、スパムで一杯になったら、破棄してしまえば良いのですから。

その他の対策としては、メールアドレスの「HTMLエンティティ化」も有効かも知れません。
メールアドレス自体をエンティティ化し、自身のWEBに記載するほか、他サイトのBBS(掲示板)などに書き込む時にも利用できます。

「HTMLエンティティ化」とは、メールアドレスを10/16進数コードにすることで、メールアドレスを収集されにくくします。

下記ホームページでメールアドレスの「HTMLエンティティ化」ができます。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022023/javascript/make_html_entity-ja.htm


■無料スパムフィルター「POPFile」「SPAMfighter」

これは無料のスパムメールフィルターです。
スパムメールの文章を分析し、自動でスパムメールの判別を行ってくれます。
初めからスパムを完全に見分けられるわけではなく、学習させる必要があります。

「POPFile」日本語公式サイト

「SPAMfighter」日本語公式サイト


以上、スパムメールに対する注意点でした。

 



csh08ymatu at 14:07コメント(2)トラックバック(0)ICT | その他 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by 主義   2007年11月01日 13:31
Gmailの迷惑メール機能は優れています。
会社のメールサーバに迷惑メール機能がない頃は、Gmailをかましてから携帯に転送していました。
2. Posted by ちょーろー   2007年11月01日 18:55
■主義さん
コメントありがとうございます。
まったく迷惑メールは、まいってしまいます。
ホテルのロビーからなので、これで失礼します。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ