2009年12月28日

2009年 私の選んだ建設流行語大賞


久々の建ブロ会統一タイトルによる投稿です。

ちょっと出遅れましたが、私も投稿いたします。

私が選んだ建設流行語大賞は・・・


「コンクリートから人へ」


さて、土木業界が随分悪者にされている訳ですが、政治家の皆さんも分かっていて悪者にしているのか、それとも分からないで悪者にしているのか、その辺が私には分かりません。

しかし、コンクリート診断士として既設橋梁などの劣化調査や補修設計をしていますが、本当に危ない橋梁があります。

土木業界が良いとか悪いとかではなく、国民のライフラインとして橋梁や道路構造物が経年変化による変状などで、設計時の性能が維持できなくなっているのです。

つまり、いつ落ちてもおかしくない橋梁がたくさんあるのです。

無駄と思えるダムや道路を造ったりするのではなく、現在供用されている施設が危ないのです。

本当に必要な事に予算を付けるのが、事業仕分けだと思います。


そう言えば、今回の北海道開発予算では、民主党の土地改良事業費の削減要望を受け、農業農村整備費が09年度当初に比べ53%も削減されました。

主要先進国の中で食料自給率が低迷し、輸入に頼っている日本ですが、これで良いのでしょうか。

たぶん、良いという結論なんでしょうね。


取り留めのないことを書いてしまいましたが、「コンクリートから人へ」「人」を蔑ろにしないようにしていただければ、文句はありません。



csh08ymatu at 15:47コメント(4)トラックバック(2)土木 | 建ブロの日 

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 2009年 仕事納めとなりました  [ CALSスクエア北海道 ]   2009年12月28日 21:38
 今日は、全国的に仕事納めの12月28日。 その忙しい中、建設ブロガーの会メンバーが、統一テーマで投稿を行っていますのでご紹介します。  テーマは、「2009年 私の選んだ建設流行語大賞」  9月の政権交代により、コンクリートから人へと国の予算執行に大きな舵が...
2. 2009年 私の選んだ建設流行語大賞  [ CALS斬りっ! ]   2009年12月28日 21:48
 今日が、仕事納めという方が多いと思います。 自分も大そうじは、26日に終わらせ

コメント一覧

1. Posted by カルゴン   2009年12月28日 17:50
これはずばりですね。(笑)

しかし、そのコンクリートが多くの人の命を守ってきたというのは間違いなく事実なのであります。

マネーゲームで稼いでいる人よりも、よっぽど清いお金なんですが、民主党政権では残念ながらそうはとらないようです。
2. Posted by だいひまじん   2009年12月28日 21:51
コンクリートの劣化について、一刻、テレビで報じられた時代もありました。
しかし、このことについて、突っ込むのがタブーと思われるほど、近年は取り上げられていないのでですが、そのことが不可思議でなりません。
2009年流行語大賞して、ノミネートに値する語録です。
3. Posted by ちょーろー   2009年12月29日 00:19
●カルゴンさん

コンクリートって、実は自然のものなんですよ。
石灰石を焼成し粉砕して作ったセメント、砂、骨材(砕石)、水などが原料となります。
現在は、汚泥を焼いたものなど廃棄物まで原料にしています。

民主党は、悪者を作って鬼退治するパフォーマンスをやっているとしか思えません。
4. Posted by ちょーろー   2009年12月29日 00:29
●だいひまじんさん

メンテナンスフリーと思われてきたコンクリートですが、70年経っても劣化が少ないコンクリートもあれば、20年程度で劣化しているコンクリートもあります。

いずれにせよ、劣化して危険な施設は補修や補強、更新が必要なのですから、包み隠さず国民に伝えることが重要だと思います。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
今年度で現会社を退職します。
技術士資格者を求めているコンサルの方、スカウトお待ちしています。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ