2010年09月11日

ウペペサンケ山 2010年9月11日


2010年9月11日 ウペペサンケ山に登ってきました。

ここは、初めて登る山です。

昨年、ニペソツ山を登ったとき東南方向に見えた山で、今度はあそこからニペソツ山を見てみたいと思っていました。

三国峠から行くと糠平温泉街の手前から「ウペペサンケ山」の看板を右に入り、約7km程林道を走ると登山口があります。

登山口は林道の左側で、うっかりすると見逃してしまいます。

そういう私も見逃して、林道を引き返す羽目になりました。

登山口を100m程過ぎた当たりに10台弱駐められる駐車場があり、そこを過ぎると林道が一段と狭くなるので登山口はその手前と注意して下さい。

この山は、マイナーな部類に入るためか、登山者も少なく登山道の整備もそれなりでした。

登山開始後、まず笹藪漕ぎです。

しばらく行くと「最終水場」の看板があり、木の根の下がえぐれている所に焼酎のボトルを加工した水くみがあります。

見晴らしの良くない笹藪に覆われた急斜面を1399まで登ると、やっと稜線にでて回りの景色も見ることが出来るようになります。

しかし、稜線に出ると歩きやすくなるかと思いきや、笹藪漕ぎから低木漕ぎ、ハイマツ漕ぎと続き、なかなか歩きにくい登山道でした。

ここまでで、先に登っていたと思われる人、1人を除き全員追い越してきました。

1399の次のピークに、「図根点」と書かれた御影石がありました。「図根点」と書かれた石は、なかなか無いらしく、私も現物を見るのは初めてでした。

菅野温泉東コースとの分岐を越え、ウペペサンケ山東峰となる糠平富士の少し手前で、最後の一人に追いつきました。その方は立ち止まっていたので、どうしたのかなと思ったら、すぐそこにヒグマが3頭いるではありませんか。

去ってくれることを願って、鈴を鳴らしてしばらく待ちましたが一向に移動する気配はありません。結局、声を出しながらこちらの身体を見せると、ヒグマもこちらにやっと気が付いたようで、少しの間こちらを眺めていましたが、何処かへ移動して行きました。

仕事で、ヒグマの生態に関して勉強し、また、ヒグマに遭遇したときの対処方法を学んでいたので、うまく対応できたと思います。

山登りをする方は、是非ヒグマに対して学んで欲しいと思います。

ここからは、この方と一緒に行動することにして、私は声を出し、その方はホイッスルを吹きながら歩きました。

ウペペサンケ山は、頂上が平らで(結構高低差はあるけど)ピークが3つあり、東峰はウペペサンケ山の銘板とともに糠平富士の銘板も置かれています。

本峰はここから1.5km西になるのですが、一旦下って登り返しがあります。

本峰から西峰はほぼ平らでそれ程距離もありません。

今回登山されている方も、本峰から引き返しているようでしたが、西峰まで来ると菅野温泉西コースや十勝岳連峰を眺めることが出来るので、是非西の端まで来る事をお勧めします。

今回の天候は、青空こそ見えないものの、午前中は雲もなく、十勝岳連峰からトムラウシ山、ニペソツ山など眺めることが出来ました。

ニペソツ山は本当に格好の良い山と思いました。


さて、ウペペサンケ山のタイムログです。

時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

6:41

0:00(0:00)

0.00

登山口
 935m

7:39

0:58(0:58)

1.8(1.8)

1399

8:37

1:56(0:47)

3.5(1.7)

菅野温泉分岐

 9:24
9:27

2:43(0:47)

5.0(1.5)

ウペペサンケ山東峰
糠平富士山頂
1,835m

 9:59
10:27

3:18(0:32)

6.5(1.5)

ウペペサンケ山本峰
山頂 1,848m 

10:41
11:08

4:00(0:14)

7.0(0.5)

ウペペサンケ山西峰
1,836m

11:20

4:39(0:12)

7.5(0.5)

ウペペサンケ山本峰
1,848m

11:56
12:21

5:15(0:36)

 9.0(1.5)

ウペペサンケ山東峰
1,835m

12:55

6:14(0:34)

10.5(1.5)

菅野温泉分岐
 
13:34
14:09

6:53(0:39)

12.2(1.7)

1399
14:50

8:09(0:41)

14.0(1.8)

登山口
935m


登山口〜ウペペサンケ山本峰 標高差 913m (GPSより)
登頂時間 3時間18分 (休憩含む)
下山時間 3時間30分 (休憩含む)
全行程 14.0km 8時間9分 (休憩含む)


GPSトラック

ウペペサンケ山トラックGPSログデータのダウンロードはプログ左側の Links「Nob'sHomePage」 からどーぞ。








※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。


林道入り口国道273号からの入り口







駐車場登山口駐車場







国立公園看板目印の国立公園案内看板







登山口登山口







いきなり藪漕ぎ登山開始早々藪漕ぎです。







最終水場案内最終水場最終水場







1399過ぎから1399過ぎから進行方向
相変わらず登山道はよく見えません。






図根点図根点の石







図根点から図根点から見た山頂方向
スイングパノラマ

菅野温泉分岐菅野温泉分岐







1696から1696から見た山頂方向







糠平富士手前糠平富士手前2ウペペサンケ山東峰
糠平富士
直下の東斜面にいた
ヒグマの親子
トリミングのみで拡大はしていません



ウペペサンケ山東峰糠平富士ウペペサンケ山東峰
糠平富士
1,835m





糠平湖糠平湖です







元小屋ダム遠くに元小屋ダムが見えます







本峰方向本峰方向







クマ糞クマ糞がありました







ウペペサンケ山本峰ウペペサンケ山本峰
1,848m






本峰GPS本峰山頂でのGPSトリップ







ニペソツ山方向ニペソツ山
登っても眺めても良い山です






ウペペサンケ山西峰ウペペサンケ山西峰
1,836m






十勝岳連峰方向十勝岳連峰
オプタテシケ山山頂は、
やっぱり雲がかかってる





菅野温泉方向菅野温泉西コース方向







GPS下山後のGPSトリップ
写真を撮るのをわすれて
後で撮りました







csh08ymatu at 22:00コメント(0)登山 | 東大雪 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ