2019年06月12日

カイエンSのギアポジションインジケータにトラブル発生

久しぶりにカイエンSについて少し書きます。

カイエンSは、2014年3月に購入して5年あまり経過しました。
そして、走行距離も38,400kmほどになりました。

その間に発生した大きなトラブルと言うか故障は、エンジンに点火しないシリンダーが発生したことと、ドアが中から開かなくなったことぐらいでした。

1.点火しないシリンダーが発生
エンジンの方は、さすがに8気筒、1気筒や2気筒点火しなくても何とか走ることは出来ましたが、調子の良いときにポルシェセンターまで行って調べてもらうとコンピュータに「かぶり」と言う情報が残っていたそうです。
特に修理することもなく様子見になり、その後再発することもなく現在に至っています。

2.ドアが中から開かない
これは、助手席に乗っていた人が、ドアが開かないと言うので、運転席は?と運転席のドアを開けようとしたら、こっちも開かない。チャイルドロックのような感じで、レバーは動くのですがドアは開きません。
ロック・アンロックを数回繰り返すと、運転席の方が開いたので、降りて助手席のドアを外から開けると開きました。その後、リアの左ドアが同様の症状になったことがありました。
これは、運転席と助手席のドアの部品を取り替えてくれました。
リアはそのままですが、今のところ再発はありません。
もし、何かあって緊急に車外に出る必要があった時、ドアが開かなくなることを想像すると怖いですね。

その他、小さなトラブルはありましたが、走行に支障のないレベルでした。


今回発生したトラブルは、先日からセンターメータ(タコメータ)の中にあるギアポジションインジケータの表示が、下の写真のように一部点かなくなるというものです。

走行に支障があるかと言えばそうでもありませんが、以下のような症状が発生します。

ギアポジションインジケータの表示が一部消える
ということで、以下の3つの状態になります。
\犠錣防充┐気譴
∪椰不良のような感じで一部が点いたり消えたりランダムに点滅する
0貮瑤全く点かない

ポルシェセンターの方にも写真を添えて連絡しましたが、症状の出ているときに入庫して欲しいとのことでした。
確かにその通りだと思います。
現在は全く点かなくなったわけではないので、まだ入庫できないのかなあと思います。

でも、運転中にチカチカ点いたり消えたりすると気になります。
いっそのこと、消えてしまったほうが気が散らなくて良いかもしれません。

気になるけど、自分ではどうしようもないし・・・

友人がレクサスのRXに乗っているのですが、レクサスだったらどんな対応するのかと、少し考えてしまいました。

DSC_3985s
















タコメーター中心の直ぐ下です。
1速の「1」と表示されるはずが下半分が消えています。

関連の投稿です。
・カイエンSのギアポジションインジケータにトラブル発生 その2


csh08ymatu at 00:30コメント(0)  

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ