2022年03月18日

豚丼のかしわ


音更町にある「かしわ」で「かみこみ豚」を使ったこだわりの豚丼を食べました。
(帯広市にある「ぶたどんのかしわ」とは異なるお店です)

入店したのがお昼前の11時半頃だったため、まだ空いていました。

豚丼のメニューは、基本的に次の4種類がありました。
・[小]肉135g、ご飯200g・・・・・・・780円
・[中]肉175g、ご飯180g・・・・・・・980円
・[大]肉235g、ご飯460g・・・・・1,250円
・[特大]肉270g、ご飯620g・・・1,550円

普通盛りぐらいと思える「中(肉175g、ご飯180g)」を注文しました。

空いていたため、それ程待つこともなく運ばれてきました。

たれの味はそれほど甘すぎず、どちらかと言えばしょっぱい系の味でした。
そして肉は、割と厚めなのに柔らかく、バラ肉かと思えるような脂の入り方で、その脂も臭みが全くありませんでした。
この肉は「かみこみ豚」というらしく、帰りに入り口にある掲示板を見ると肉についての説明を見つけました。
私的には割と好みの肉で、また食べたいと思いました。

※こだわりのかみこみ豚
「かみこみ豚」とは
赤身に脂が差し込んでいる珍しい豚で自社が付けている名称です。豚全体の約3〜5%しかいない極端に脂がのっている豚で、100頭におよそ3頭という貴重な豚です。しかし、近年その出荷数はどんどん減少しています。
 生産を増やすことが難しく出荷量が少ないため、今では貴重な豚として価格が高くなってきています。かみこみ豚のロース肉はまるで和牛のようなきれいな霜降りとなっていることもあり、その柔らかな豚肉は一度味わうと食べた者を虜にします。ぜひご賞味ください。
※帯広豚丼の各店で豚丼用としてスタートした豚です。現在もかみこみ豚を使用しています。


DSC_6993s

DSC_6995 - コピーs

DSC_6997s
[中]肉175g、ご飯180g 980円

DSC_6996s

DSC_6998s
「かみこみ豚」の説明

豚丼のかしわ
TEL:0155-67-4466
住所:北海道河東郡音更町新通20-1-29
営業時間:10:30〜15:00(L.O.14:30)
定休日:木曜日
駐車場:店の前に広い共同駐車場あり





csh08ymatu at 22:00コメント(0)グルメ | 丼物 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
今年度で現会社を退職します。
技術士資格者を求めているコンサルの方、スカウトお待ちしています。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ