北大雪

2014年09月23日

武華山 2014年9月23日

2014年9月23日 武華山に登りました。

前回は(2008年8月31日)武華山から武利岳まで縦走したのですが、今回は武利岳はパスしました。

登山口に着いたのは7時少し前でしたが、まだ一台も車が無く一番乗りでした。

林道の終点が登山口となっていて、その手前に2箇所ほど駐車スペースがあります。

登山口での気温は7度と思ったより暖かく、風もありませんでした。

ただ、前日の雨のためか笹は濡れていて登山道もかなりぬかるんでいるところがあり、カッパをはかなかったので、ズボンはびしょびしょに濡れていまいました。

まあもそのうち乾くでしょということで靴下まで濡れないように気をつけながら登りました。

前回は、ライオン岩コースから登って東尾根コースから下山したので、今回はその逆周りにしました。

東尾根コースの方が緩やかなコースなのでこちらの方が楽かも知れません。

東尾根コースに入ると、笹が被っていてしばらくの間濡れた笹藪漕ぎとなって、ほぼ全てズボンが濡れてしまいました。

そして、木の根か何かにストックが引っかかって下側が抜けて、折れてしまいました。

今年買ったばかりなのにぃ・・・まだ4回しか使ってないのにぃ・・・(;;)

考えてみると、折れた方のストックは下部のロックが甘く、何度か締め直してたので、いつかはこうなる運命だったのかも知れませんね。

と言うわけで、片ストックで歩いてみましたが、どうも調子が悪いのでストック無しで歩くことにしました。

東尾根に出ると大雪山方面がやはり2,000mあたりが雪を被ってとっても綺麗でした。

武利岳の分岐には以前と同じように棒が立ててあり、武利岳への分岐に迷うことはないでしょう。

武利岳方向を見ると以前よりはっきりと登山道が見えます。

未確認ですが、途中であった登山者から、武華山から武利岳への縦走路は刈り払いしたとの情報がありました。

でも、ここの縦走路は熊影が濃いので気をつけて下さいね。

私の経験から、熊鈴はあまり効果はありませんので、ドスの効いた声で吠えるか、ホイッスルが良いと思います。

武華山への途中、ガンコウランが実っていて、甘酸っぱい実を少しだけ食べました。

コケモモも美味しいですが、高山植物の中ではガンコウランが一番美味しいと思います。

前回は、武華山山頂の岩場の下を通り過ぎてしまったので、2度目にしてやっと武華山山頂を踏むことが出来ました。

武華山山頂までは2時間程度で登ることができ、武利岳へ縦走しなければ、午前中で下山できてしまう山です。

山頂では風は強かったのですが、景色の方は雲も少なく素晴らしい景色でしたが、下界の気温が上がっているのか、遠くの方はもやっていました。

ニペソツ山も霞んでましたが、かろうじて見ることが出来ました。

トムラウシ山も見えるはずなのですが、良く分かりませんでした。

山頂で素晴らしい景色を眺めながら、コンビニおにぎりをほおばっていると、ライオン岩コースから登って来た方が来ました。

その方は、結構厚着をされていて、途中出ダウンも追加されていましたが、私はドライの長袖シャツのみ、そしてその後に登って来た若者は半袖でした。

この時期は、ダウンを着ている方もいれば、半袖半ズボンの方もいて、なかなかバラエティに富んでいると思います。

私の場合、歩いていると汗が流れるので、夏と同じ服装で、ツーウェイカーゴの裾を切り離すか、袖をまくるか程度の違いです。

ただし、カッパ、フリース、エマージェンシーシート、着換えなどの防寒対策はしっかりと背負っています。

何時までも景色が名残惜しいのですが、気温が上がってきて、徐々に空気の透明度が悪くなってきたので下山することにしました。

ライオン岩に登りたかったのですが、それらしき道はありませんね。やっぱり登れないのかなあ。

下山途中に10名以上とすれ違いましたので、結構遅い時間から登り始めているようでした。

下山後、駐車している車も10台以上あり、おもったよりたくさんの方が登山されていたようでした。


今回のタイムログです。

時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

6:59

0:00(0:00)

0.00

登山口
1,128m

7:11

0:12(0:12)

0.7(0.7)

分岐

8:52
9:24

1:53(1:41)

3.9(3.2)

武華山
山頂 1,759m

 10:39

3:40(1:15)

6.6(2.7)

分岐 

10:48

3:49(0:09)

7.3(0.7)

登山口
1,128m


登山口〜武華山 標高差 631m (GPSより) 3.0km 1時間53分(休憩含)

武華山〜登山口 標高差 631m (GPSより) 3.4km 1時間24分(休憩含)

全行程 7.3km 3時間49分(休憩含)


GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。

GPSトラック


s20140923_武華山(HCx)













※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。


登山口
sP1060466












登山口にある案内図。「武華岳」って書いてあります。
sP1060467












ライオン岩コース、東尾根コース分岐
sP1060472












雨上がりの藪漕ぎはやだなあ。
sP1060474












ストックが折れちゃいました。
sP1060477












ライオン岩と武華山の間に頂きに雪をまとった大雪山の山々見えます。
sP1060486












武利岳分岐
sP1060491












分岐から少し武利岳へ進んだ所から見える武利岳。
縦走路がはっきり見えました。
sP1060496












ガンコウランの実は旨いね。
sP1060499












sP1060500












武華山山頂付近から見た東尾根方向。
sP1060504












武華山山頂 1,759m
sP1060509












武華山山頂でのGPSトリップ
sP1060512






















大雪山の山々、実に綺麗です。
sP1060520












武利岳。武華山から武利岳まで2時間以上掛かります。
sP1060521












武華山標柱と大雪山
sP1060526












ライオン岩方向
sP1060532












ライオン岩の向こうにうっすらとニペソツ山が見えます。
sP1060537












ライオン岩
sP1060541












下山後のGPSトリップ
sP1060547
























csh08ymatu at 21:32コメント(0) 

2014年06月28日

ニセイカウシュッペ山 2014年6月28日


2014年6月28日、ニセイカウシュッペ山に登りました。

前回登ったのが2006年9月なので8年振りです。

比麻良山と平山からアンギラスを超えて来たのが2008年9月で、それにしても6年振りです。

今回は、コールデンレトリバーを連れて登山している団体の方がいましたが、やはりリードはなく、登山道も狭いため、犬が嫌いな方がいたらどうするのだろうと心配してしまいました。

登山口は、国道273号線を上川町から北見峠方向へ向かって、中越橋の手前を右に曲がりますが、登山口の案内看板が出ているので、迷うことはありません。

林道を暫く走ると、ゲートがありますので事前にカギの番号を調べておく必要があります。

林道のゲートは、前回来た時より国道側に移動していましたが、カギの番号は同じでした。

登山ブームで、早い時間に登山口に着かないと車の駐車に苦労するのですが、駐車場が広いこともあって7時前の到着でも思ったより空いていました。

この山は足場の悪いところも、急な登りもほとんどなく、晴れていれば眺めも良いので初心者にもおすすめの山と思います。

今日は家人と山頂を眺めながらののんびり登山でした。

期待していた見晴台からの天望も、残念ながら黒岳や北鎮岳方面の山々の天望は、山頂が雲の中と少し残念な結果となってしまいました。

1度目は曇り、そして2度目は雨降り、3度目の正直と思っていたのですが、2度あることは3度あるのなってしまったようです。

それでも、それなりの景色を見ることができましたので良しとしましょう。

山頂は、風があり最初は涼しくて良かったのですが、だんだん寒くなってきました。

標柱(看板)のあるところから南方向を見ると、そちらの方が高く見えたので、そちらに行ってみると、こちらの方が高く見えるというなんだか不思議な感覚にとらわれました。

山頂では、食事をしたりうろうろしたりのんびり過ごしました。

しばらくすると、雲も湧いてきて風も強くなってきたので、晴れることはないなとあきらめて下山することにしました。

2時間30分程度で登れる山のためか、下山途中、結構沢山の方が登ってきていました。

下山後、駐車場にはバスがあったりでかなりの混雑でした。

タイムログです。

時刻

経過(区間)

距離(区間)

ポイント

7:05

0:00(0:00)

0:00(0:00)

登山口

8:21

1:16(1:16)

3.7(3.7)

見晴台

9:35
10:23

2:30(1:14)

5.5(1.8)

ニセイカウシュッペ山
山頂 1,879m

11:04

3:59(0:41)

7.3(1.8)

見晴台

12:05

5:00(1:01)

11.0(3.7)

登山口



登山口〜ニセイカウシュッペ山山頂 標高差 737m (GPSより)
登り 5.5km 2時間30分
下り 5.5km 1時間42分
家人との、のんびりタイムです。


GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。

GPSトラック

s20140628_ニセイカウシュッペ山















※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。


sP1050509登山口駐車場
けっこう広いです。






sP1050511登山口
登山道は笹刈りされています。






sP1050515sP1050517見晴台
残念ながら山頂が見えません・・・
本来ならば、右の写真のように
山々が見えるはず。




sP1050519山頂は見えています。







sP1050523アンギラス







sP1050524大槍







sP1050525チングルマが沢山咲いていました。







sP1050529sP1050531山頂標柱裏表
ニセイカウシュッペ山
1,878.9m





sP1050534アンギラス
歩いている方が見えました






山頂からのパノラマ
sDSC01923







sP1050536山頂でのGPSトリップ












sP1050540雲が湧いてきたので下山開始。












sP1050544下山後のGPSトリップ












sP1050546駐車場は一杯になっていました。










csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2010年08月11日

北海道の山 山頂 北大雪



北大雪31ニセイカウシュッペ山1879_0809142008年9月14日
ニセイカウシュッペ山
1,879m





北大雪32武利岳1876_0809012008年9月1日
武利岳
1,876m





北大雪35比麻良山1796_0809142008年9月14日
比麻良山
1,796m





北大雪36平山1771_0809142008年9月14日
平山
1,771m






csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月14日

比麻良山〜ニセイカウシュッペ山〜平山 2008年9月14日


2008年9月14日

比麻良山〜ニセイカウシュッペ山〜平山 と歩いてきました。

平山登山口から200m程手前に、「一般車両はここに駐車してね」というような内容の看板がありました。しかし、そのまま進んでいくと、思ったより広めの駐車場があり、簡易トイレも設備されています。

今回の目的は、比麻奈山(1811m地図表記無し)からニセイカウシュッペ山への通称アンギラスを歩くことです。それと、平山比麻良山も初めてなので、ここも山頂を踏んでおきたかったのです。

朝露対策で、最初からゴアテックスのズボンをはいて、上はドライの長袖という出で立ちで登山開始です。

歩き始めてしばくすると、雨が降ってきました。今年は天候に恵まれていないので、雨は慣れっこです。

私が登山記録簿に書き込むとき、先に5パーティーほど登っているようでしたが、途中で全て追い越したので、本日は先頭を歩いていることになります。そう思うとクマが怖くなってしまい、周りをきょろきょろしながらの登山でした。なにせ、今年2回もクマに会っているのですから。

平山と比麻良山の分岐に着いたときは、霧で見通しも悪く、風も強いため非常に寒い状況でした。

比麻奈山の分岐に着いたときも、通称アンギラスも見通せない状態でしたので、そのまま比麻良山へ。

比麻良山でしばらく天候の状態をみていると、少し回復してきたので、ニセイカウシュッペ山に向かうことにしました。

比麻奈山(アンギラスの分岐)に着くと、少し先に女性の方がひとりで歩いているのが見えました。

この通称アンギラスは、藪漕ぎだけでなくハイマツ漕ぎが長く、非常に歩きにくい所です。まあ、登山道ではないのでしょうがないのですが、ところどころ、ルートを見失って引き返したりしました。岩登りあり、ハイマツ漕ぎありで、私には歩きがいのあるコースでした。
おまけに、クマの糞も・・・

ちなみに、先に歩いていた女性との距離は詰まるどころか離れていくばかりでした。

ニセイカウシュッペ山に着いたときは、霧雨が降っているような感じで何も見えず、パンで簡単な昼食を取り、少し休憩してアンギラスを戻ることにしました。
本当は、このまま下山したい気持ちだったのですが、何せ車が向こうなので戻らなければなりません。

結局、アンギラスのハイマツ漕ぎでゴアのズボンとジャンパーにかぎ裂きと松ヤニが・・・。そして、足にはひっかき傷や青あざがたくさんできてしまいました。

最後に行った平山からの眺めは、大雪山の展望台(?)と言われるだけあって、表大雪が一望できます。そして、お地蔵さんもありました。

今回歩いたコースは、なかなか見応えのある景色が続きます。
通称アンギラスも名前が付いても良いと思いますし、ネットで情報を探すと比麻奈山の看板も、以前はあったようです。


タイムログです。

登山口(6:12)[0:00]
 ↓
2.8km(1:30)
平山分岐1737m(7:42)[1:30]
 ↓
1.8km(0:36)
比麻良山1796m(8:18)(8:36)[2:06]
登頂所要時間2:06
 ↓
0.6km(0:12)
比麻奈山1811m(8:48)[2:36]
 ↓
アンギラス
 ↓
1.9km(1:31)
比麻良山分岐(10:19)[4:07]
 ↓
0.3km(0:06)
ニセイカウシュッペ山1879m(10:25)(10:36)[4:13]
 ↓
0.3km(0:05)
比麻良山分岐(10:41)[4:29]
 ↓
アンギラス
 ↓
1.9km(1:21)
比麻奈山1811m(12:10)[5:58]
 ↓
1.2km(0:32)
平山分岐1737m(12:42)[6:30]
 ↓
0.8km(0:12)
平山1771m(12:54)(13:03)[6:42]
 ↓
0.8km(0:10)
平山分岐1737m(13:14)[7:02]
 ↓
2.8km(1:14)
登山口(14:28)[8:16]
全行程約15.2km 8時間16分(休息含)


トラック
※50mメッシュを合成しました。

比麻良山〜ニセカウ〜平山トラック

GARMIN Legend HCx
一部はずれていますが、
おおむね合っています。





写真は、追記で・・・



 

続きを読む

csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2008年08月31日

武華山〜武利岳 2008年8月31日 5


2008年8月31日に縦走した、武華山〜武利岳のレポートです。

ヒグマとの遭遇については、既に前回書いてしまったので省略します。

 この日の景色は、南西側が晴れていて、北東側が曇っている状態でした。
風が無く、日も差していたので気温も高く非常に暑い日でした。また、ここは藪こぎが多く、前日の雨(?)や露でズボンがびしょびしょになり、雨具のズボンにはきかえたため夏のように汗をかいた登山になりました。

 武華山の登山道は、林道の行き止まりにあり、駐車場も特に整備されていませんが、それぞれ車は工夫して駐車していました。武利岳までの縦走には少し遅い時間の出発でしたが、わりとマイナーな山なのか、車も4台ほどしか有りませんでした。

 登山口には、美味しい湧水があるようですが、私はすっかり忘れて、写真も撮ってきませんでした。

 登山口の案内板には、東尾根から登ってライオン岩から下山するような矢印が書かれています。しかし、私は登山開始時刻が遅かったため、武利岳へ行くかどうかは、分岐点で決めようと考えてたのです。そのため、武華山を先に登る事にして、ライオン岩コースに進みました。ライオン岩コースは、地形図からも分かるように結構急な登りが続きますので、やはり下りに使った方が良いかも知れません。

 上の方は、フレップなど色づいている植物もあり、紅葉が始まっていました。そして登山道では、ハイマツの実を食べているエゾリスをたくさん見かけました。また、武利岳の頂上付近では、ハイマツの実やフレップを食べているホシガラスもたくさんいました。

 武華山〜武利岳縦走路は正式な登山道ではなく、一部登山道が背丈ほどの笹に覆われていて、ピンクテープなどを目標に歩かなければなりません。しかし、全体的には、踏み後もしっかりしており、天候さえ悪くなければ、迷うことは無いと思います。ただ、ここを縦走される方は、登山道ではないことを肝に銘じて歩いてください。また、幸いダニに喰われることはありませんでしたが、このコースはダニが多そうでした。

 後で知ったのですが、ライオン岩にあがれるらしいのですが、脇を素通りしてしまいました。それに、武華山の看板も見あたらず写真も撮っておらず、登山口の湧水も飲んでないため、やり残したことがいくつも有ります。
 また、武利岳も滝上町からの登山道も素晴らしい景色のようなので、そのコースも登りたいと思っています。

 武華山・武利岳は何度も楽しめる山かも知れません。

 さて、今回はGPSが2台とも調子悪く、ひどいトラックになりましたが、修正せずにそのまま載せます。2台ともひどいトラックというのも変なので、もしかするとGPS衛星のキャッチしにくい所なのかも知れません。

 ちなみに、ヒグマに遭遇したのは、東尾根から武利岳へ分岐し、200〜300m行ったところです。



タイムログです。

登山口(6:48)[0:00]
 ↓
3.4km(2:06)
武華山1759m(8:54)[2:06]
登頂所要時間2:06
 ↓
4.4km(2:35)
武利岳1876m(11:29)(11:41)[4:41]
登頂所要時間4:41
 ↓
3.4km(1:58)
武華山分岐(13:39)[6:51]
 ↓
2.9km(1:08)
登山口(14:47)[7:59]
下山所要時間3:06 全行程約14.1km 7時間59分(休憩含)



トラックです。

武華山・武利岳トラック赤:SONY GPS-CS1K
青:GARMIN Legend HCx

どちらもひどい・・・










写真は・・・

続きを読む

csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

ヒグマとニアミス 2008年8月31日


今日、2008年8月31日、武華山〜武利岳へ登りました。

山登りのレポートはあとにして、書きたいことがあります。


10mぐらいの距離でヒグマと遭遇


熊鈴を付けていたので、むこうが先に気が付いて藪の中に逃げてくれました。

武華山と武利岳の縦走路、武利岳から武華山へ戻る最後の登り返しで、ガサガサ音がしたので、ふと前を見ると、ヒグマが走って藪の中へ。

本当に、すぐ近くでした。

もし、熊鈴を付けていなければと思うとぞっとします。

われわれ登山者は、ヒグマの生活圏に入らせてもらっていることを、身をもって実感しました。

これから、秋です。
ヒグマは冬眠に備え、脂肪を蓄えるためたくさん食べる時期です。
今回、ヒグマと遭遇したのも、こけもも(フレップ)がたくさん実っている場所で、
縦走路には、数カ所ヒグマの物と思われる糞もありました。

もしかすると、会うべくして会ったのかも知れません。

登山者の少ない山へ登る方々は、ヒグマの生活圏に入ることを肝に銘じ、熊鈴を付ける、ゴミは持ち帰るなど最低限のマナーを守って、山歩きを楽しんでください。



csh08ymatu at 19:04コメント(4) 

2006年09月17日

ニセイカウシュッペ山(1883m) 2006年9月17日 5

2006年9月17日(日)

ニセイカウシュッペ山へ行ってきました。林道ゲートの鍵を開けようとすると、最初から鍵はかかっていませんでした。しかし、鍵の番号が知人に聞いていた「1372」ではなく「1732」だったので、とりあえず開いてて良かったといった感じ。この山は標高1150mぐらいまで車で行けるようになり、景色も良いため、最近は人気の山らしく、早めに行ったのですが、登山口の駐車場に着くと既に5台程車が駐車していました。ところが、入山記録を見ると昨日の夕方4:30に入山した人が下山していないぐらいで、私が本日一人目の入山者だったのです。ということは、ここにある車の人達はどこへ行ったのでしょう?途中、道はどろどろで歩きにくいし、笹やはい松の露でズボン(いつもは半ズボンだけど、今日は長ズボンでした)はびしょびしょ。今更ゴアのズボンをはいてもなーと思っていたら、私のすぐ後ろを歩いていた方が、「先に歩いて露払いしますよ」と声を掛けてくれたので、有り難くお願いしました。もちろんその方はしっかり雨具のズボンをはいてました。途中、2箇所で何物かの糞がありました。大きさや形からみても熊やキツネの物じゃないし、その糞のあった位置が平たいおおきな石の上だったし、たぶん・・・勘弁してよね。

登りの途中の見晴台からは黒岳など表大雪の山々が見渡せました。んー、絶景(紅葉には少し早いかな)。さて、写真を撮りましょうとデジカメをザックの横ポケットから取り出すとバッテリー部の蓋が開いていて、バッテリーがぽーんと藪の中へ・・・(^^;)。環境破壊してごめんなさい<(_ _)> 電池のスペアも持ってきてないし、結局ここからは携帯のカメラで撮りました。デジカメの電池の替えは持って歩きましょうね。

ニセイカウシュッペ山の山頂は結構広く平らでした。下山途中、左の1755の尾根に人影が見えました。そーいえば、露払いをしてくれた方が「平山まで行きます」と言っていたのを思い出して、登ってくる方に「平山への道は有るんですか?」って聞いてみました。すると、たまたま聞いた人が「私もニセイ登った後、途中まで行きますよ、踏み跡は結構しっかりしてますから大丈夫ですよ」と教えてくれました。それじゃあ私もと、はい松をかきわけ、藪こぎをしてしばらく行きましたが、雲が出てきて景色が見えなくなってきたのと、雨具を着ないで行ったため、やっと乾いたズボンがまたびしょびしょになったので、引き返すことにしました。引き返す途中、平山の道を教えてくれた方が来たので「ここから先は雨具着ないと濡れますよ」と偉そうにアドバイスしました。その方は雨具を着て、行かれたようでした。

下山途中は、次から次へと登ってくる人がいました。こちらから挨拶しても返してくれる方は、やっぱり半分もいませんね。

下山後、休憩を兼ねて車中で昼食を取っていると、これから登り始める人がいました。時間的には夕方までには下山できるのでしょうが、見晴らしが良いのは午前中だと思うのですが。ちなみに、登山口の駐車場は10台ぐらい止められるのですが、道内色々なナンバーの車が、なんと林道脇までずらーっと約30台の車がありました。

本日の反省点は、デジカメのバッテリーを無くしたのと、先月買ってまだ3回しか使ってないストックを、藪こぎではい松にはさんで曲げちゃったことでした。

登山口(6:40)[0:00]
 ↓
見晴台(7:55)[1:15]
 ↓
5.5km(2:07)
ニセイカウシュッペ山山頂1883m(8:47)[2:07]
登頂所要時間2:07
  ↓
平山方向途中まで
 ↓
見晴台(10:38)[3:58]
 ↓
6.7km(2:38)[]
登山口(11:25)[4:45]
全行程約12.2km  4時間45分


ニセイカウシュッペ登山口ニセイカウシュッペ山登山口







1533見晴台から黒岳方向見晴台(1533)から黒岳方向







あと1km看板近くからニセイカウシュッペ山あと1kmの看板付近からニセイカウシュッペ山頂方向







ニセイ山頂から大槍方向ニセイカウシュッペ山頂から大槍方向







大槍の大雪山側から平山方向大槍の大雪山側から平山方向








csh08ymatu at 20:40コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ