資格

2012年08月04日

技術士第二次試験


2012年度の技術士第二次試験が明日となりました。

総合監理は本日が試験ですね。

技術士を目指している方は、本当に最後の再確認をしている頃と思いますが、試験制度が変わる前に、是非合格してほしいと思います。

昨年度、農業部門(農業土木)に合格した私は、今年度は建設部門(建設環境)に挑戦します。

流石にモチベーションを維持することが難しく、準備不足は否めませんが、知識の全てを原稿用紙にぶつけてきます。

と言うことで、試験勉強でしばらく我慢していた山登りとバイクツーリングも、来週から再開です。



csh08ymatu at 12:57コメント(0)トラックバック(0) 

2012年05月06日

技術士二次試験 一般論文について


昨年度、技術士(農業部門:農業土木)に合格したのですが、現在携わっている業務では、技術士(環境部門:自然環境保全)もしくは技術士(建設部門:建設環境)も必要であり、今年は建設部門:建設環境の方を受験しようと思っています。

そこで、昨年度合格した農業部門及び今年挑戦する建設部門の一般論文について私なりの考えを書いてみたいと思います。


【農業部門】
まず、農業部門については、食料・農業・農村基本法を考えると「食料・農業・農村」これしかなく、特に基本法の4つの理念となっている、以下の中から出ると考えられます。

/料の安定供給の確保
多面的機能の発揮
G清箸了続的発展
で逝爾凌橋


【建設部門】
次に、建設部門については、社会資本と技術力しかないわけですから、社会資本整備の課題と解決策についての文章を何個か作っておけば、どのような問題が来てもある程度の対応はできると考えられます。


さて、試験まであと3ヶ月です。

技術士受験予定の皆さん、試験まで頑張ってください。



csh08ymatu at 22:40コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月27日

2011年年度末 CALS/EC資格登録率

2011年の年度末のCALS/EC資格登録者数の統計が「一般社団法人 建設コンサルタンツ協会」から発表されました。

持っていても何の役にも立たない、自己満足以外何物でもない(と私は思っている)資格ですが、登録者数について統計を出してみました。


■登録率について
地方ごとの合格者数と登録(2012年3月1日現在)


地域

RCE
合格
(人)
RCE
登録
(人)
RCE
登録率
(%)
RCI
合格
(人)
RCI
登録
(人)
RCI
登録率
(%)
北海道

  42

  23

  54.8

  243

   82

  33.7

東北

  44

  29

  65.9

  483

  214

  44.3

関東

 297

 137

  46.1

2,172

1,042

  48.0

北陸

  30

  23

  76.6

  339

  126

  37.2

中部

  50

  25

  50.0

  584

  238

  40.8

近畿

  64

  31

  48.4

  853

  283

  33.2

中国

  34

  20

  58.8

  527

  214

  40.6

四国

  15

   6

  40.0

  233

   77

  33.0

九州

  47

  32

  68.1

  877

  365

  41.6

 623

326

  52.3

6,311

2,641

  41.8


以上の、統計情報から登録率をまとめると次のようになります。


■登録率(2012年3月1日現在)
  RCE(%) RCI(%)

2006

 72.2

 63.5

2007

 65.5

 53.6

2008

 66.0

 54.4

2009

 64.3

 50.2

2010

 59.2

 46.3

2011

 57.7

 45.9

2012

 52.3

 41.8



RCIの登録率は2010年3月に50%を切ってしまい、2012年7月では更に下がり40%少しにまでになっています。

そして、RCEの登録率も52.3%まで下がりました。

このままでは来年あたり、RCEの登録率も50%を切るのは間違いないでしょう。


あとは、この資格が無くなるんじゃないかと言う、ちょっとだけ嫌な予感がしている次第です。

なにせ民間資格は、登録更新者が1地区あたり1000名/年を切ると経済適に成り立たないと言われていますから。




csh08ymatu at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月24日

平成24年度 「CALS/EC資格試験」 のご案内


平成24年度「CALS/EC資格試験」の申し込みが行われています。

受付期間は、平成24年度4月2日〜平成24年度5月7日となっています。

RCEの私も鳴かず飛ばずのこの資格に、なんらメリットを感じなくなっているので資格取得のお勧めは致しませんが、取り敢えずお知らせしておきます。

詳しくは、こちらのホームページでご確認ください。



csh08ymatu at 01:56コメント(0)トラックバック(0) 

2012年03月19日

技術士について


「技術士」の登録証が来ました。

これで、晴れて「技術士(農業部門)」として名乗ることができるようになりました。

今年の合格率は全体で14.7%と割と難しい試験なのですが、世間的には非常にマイナーな資格だと思います。
2011年3月末で技術士の登録者数は7万人以上(私の登録した農業部門は4,024人)いるのに「技術士って聞いたことないなあ」って人がほとんどではないでしょうか。

さて、いったい「技術士」とはどんな資格なのでしょうか。

余り知られていない技術士ですが、なんと五大国家資格の一つなのです。
五大国家資格とは以下の5つとされています。
(一級建築士や土地家屋調査士は?っていう突っ込みはおいといて。)

  ^綮
  ∧杆郢
  8認会計士
  さ蚕兒
  ナ柩士

「医師」と「弁護士」は、みなさんご存じでしょうし、「公認会計士」も、なんとなく聞いたことがある人は多いと思います。
「弁理士」は、特許や工業所有権などでお世話になる人もいると思います。私の持っている特許も弁理士さんにお願いしました。
しかし、一般の人が「技術士」に直接お世話になることはほとんど無いのではないでしょうか。

「技術士」とは、科学技術に関する最高資格に位置付けられ、文部科学省が所管する国家資格です。
国家資格ですから、当然「技術士法」という法律もあり、次のように定義されています。


技術士法第2条(定義)
この法律において「技術士」とは、第32条第1項の登録を受け、技術士の名称を用いて、科学技術(人文科学のみに係るものを除く。以下同じ。)に関する高等の専門的応用能力を必要とする事項についての計画、研究、設計、分析、試験、評価又はこれらに関する指導の業務(他の法律においてその業務を行うことが制限されている業務を除く。)を行う者をいう。



何だか良く分からないでしょうが、要するに理工系の技術屋さんの最高峰といわれる国家資格なのです。

ということで、技術立国日本で「技術士」の知名度がもっと上がれば、技術士のモチベーションも上がるのではないでしょうか。

そして、東日本大震災復興のために、色々な分野の「技術士」を始め、色々な技術者達が頑張っていることを、少しだけ気に掛けてくれるとうれしいなと思います。



csh08ymatu at 01:51コメント(2)トラックバック(0) 

2012年03月08日

平成23年度 RCCM資格試験 合格率


当ブログに、「RCCM 合格率」というキーワードで来られる方が多いため、平成23年度 RCCM資格試験合格率を調べました。

某ホームページの掲示板を参考にしました。

公式発表ではありませんので、その辺のところは悪しからずご了承下さい。


 平成23年度RCCM合格率一覧表

部   門

受験者(人)

合格者(人)

合格率(%)

河川、砂防及び海岸・海洋

1,090

470

43.1

港湾及び空港

131

41

31.3

電力土木

20

12

33.3

道路

1,685

395

23.4

鉄道

36

12

33.3

上水道及び工業用水道

306

135

44.1

下水道

381

100

26.2

農業土木

289

109

37.7

森林土木

156

43

27.6

造園

70

24

34.3

都市計画及び地方計画

257

101

39.3

地質

190

38

20.0

土質及び基礎

451

137

30.4

鋼構造及びコンクリート

682

246

36.1

トンネル

43

17

39.5

施工計画、施工設備及び積算

341

82

24.0

建設環境

262

88

33.6

機械

20

9

45.0

水産土木

35

18

51.4

電気電子

150

44

29.3

廃棄物

150

44

29.3

建設情報

128

32

25.0

合   計

6,742

2,160

32.0




csh08ymatu at 23:37コメント(0)トラックバック(0) 

2012年03月05日

ブログタイトルを変えようかなあ。


本日は、技術士二次試験の合格発表の日でした。

晴れて合格された方、本当におめでとうございます。
努力の賜だと思います。

そして、不合格だった方、来年に向けてスタートを切ってください。


実は私、農業部門(農業土木)で受験していまして、やっと合格することができました。

以前も受験したことがありましたが、自己流の独りよがり論文では受かるはずもなく、転職を機に社内の技術士に論文の添削していただき、しっかりと受験対策を行い、4度目にして筆記試験に合格、口頭試験を経て無事合格することができました。

技術士に合格して分かったことは、「合格するための書き方がある」と言うことです。
決して、本来の論文の書き方である起承転結のしっかりした論文である必要はないということです。

そのうち、その辺のところも書いてみたいと思っています。

合格して感じることは、自分が変わったような気がすることです。
合格された方はわかると思いますが、本当に自分が変わります。

ということで、技術士の登録が終わりましたら、ブログタイトルを「RCE」から「技術士」に変えようかなと思ったりしています。



csh08ymatu at 18:24コメント(2)トラックバック(0) 

2012年03月01日

平成23年度 RCCM資格試験合格発表


本日3月1日、平成23年度RCCM資格試験の合格発表がありました。

平均合格率は約32%と平年並みだったようです。

なにはともあれ、合格された方はおめでとうございます。

ざんねんながら不合格となった方は、来年度に向けて頑張ってください。

現在は、最低限RCCMを持っていないと管理技術者になれない場合が多いため、持っていて当たり前の資格となっています。

管理技術者の枠を広げるためにも、2部門3部門の合格を目指して欲しいと思います。

そして、次は技術士に挑戦してください。



csh08ymatu at 17:09コメント(4)トラックバック(0) 

2011年11月03日

平成23年度 CALS/EC資格試験合格発表


すっかり忘れていましたが、

9月30日 平成23年度CALS/EC資格試験合格発表がありました。

合格された方、おめでとうございます。

受験者数と合格率についてまとめました。

今年度は、RCI、RCEいずれも悲しいほど受験者数が減ってしまいました。

北海道では、RCEの受験者が「なし」、RCIの受験者の方はかろうじて「3名」いましたが、来年はいずれも「なし」となるような気がしてなりません。

とくに、RCEは受験資格が厳しいので、取れる人は取ってしまっているような気もします。

まあ、いずれにせよ使いようのない資格なので当然と言えば当然なんですけどね。

以下に、平成18年度からの受験者数と合格者数、及び合格率の一覧表を載せておきます。


RCI

年度 合格者数 受験者数 合格率
18 406 844 48.1
19 552 705 78.3
20 414 679 61.4
21 390 496 78.6
22 305 461 66.2
23 197 280 70.4

RCE

年度 合格者数 受験者数 合格率
18 58 76 76.3
19 39 66 59.1
20 39 53 73.6
21 25 31 80.6
22 15 20 75.0
23 11 12 91.7



csh08ymatu at 20:39コメント(0)トラックバック(0) 

2011年08月13日

平H23年度 技術士二次試験過去問題(農業部門)


平成23年度 技術士二次試験 農業部門の過去問題をホームページに掲載しましたので、お知らせ致します。

必要な方はダウンロードしてください。

ダウンロードは、プログ左側の Links「Nob's HomePage」 からどーぞ。



csh08ymatu at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ