GPS

2010年08月18日

ハンディーGPSについて


GARMINから販売されている地図表示機能付きGPS」機種の簡単な使用感です。

なお、使用したのは次の3機種です。

・Legend HCx
・Vista HCx
・GPSMAP 60CSx



現在、登山の時に使用しているのは、私物の「GARMIN eTrex Legend HCx」です。

アンテナの感度も問題なく、地形図も使えますし、なかなか良いGPSだと思います。

最近、「GARMIN eTrex Vista HCx」「GPSMAP 60CSx」を使用する機会がありました。

「Legend」「Vista」の大きな違いは、電子コンパスが内蔵されているかいないかです。

「Legend」を使用しているときは、自分の向いている方向を知りたいときは、数歩歩く必要がありますが、「Vista」は電子コンパスが入っているので、停止したまま方向が分かります。

実際使用してみると、この差は非常に大きく、春の雪渓歩きや、踏み跡のあやしい縦走路、藪の中など、GPSが進行方向を関知するまで歩くことが難しいときなど、力を発揮します。やはり、いつでも方向がわかると言うことは、非常に心強いとも思いました。

「Legend」「Vista」の価格差は、約2万円。使用目的にもよりますが、私は差額の価値は十分あると思います。
 
なお、「GPSMAP 60CSx」「Vista」に比べ、アンテナの感度が高い、本体メモリが多い、処理速度が速いなど利点はありますが、私が使用した感じでは本体サイズの小さい「Vista」で十分と思いました。また、実用上、アンテナの感度も思ったより差はないようです。

以上、ハンディーGPS選定の参考になれば幸いです。



csh08ymatu at 12:44コメント(0)トラックバック(0) 

2010年01月21日

登山道GPSログ(GPX形式)


冬期になっても、登山道のGPSログをキーワードにして等ブログに来る方がいるため、多少時季外れではありますが、公開しているGPSログの一覧を公表します。


 登山道GPSログ(GPX形式)一覧
日付 ルート GPS
2007.06.17 富良野岳〜十勝岳 CS1
2007.07.15 オプタテシケ山 CS1
2007.08.25 永山岳〜愛別岳〜比布岳〜北鎭岳 CS1
2007.09.02 黒岳〜御鉢平 CS1
2007.09.17 十勝岳〜美瑛岳 CS1
2008.06.08 十勝岳 CS1
2008.06.22 旭岳〜裾合平 CS1
2008.06.29 上富良野岳〜上ホロカメットク山 CS1
2008.07.20 南暑寒岳〜暑寒別岳 CS1
2008.08.09 十勝岳 CS1
2008.08.24 十勝岳 HCx・CS1
2008.08.31 武華山〜武利岳 HCx
2008.09.07 黒岳 HCx・CS1
2008.09.14 比麻良山〜ニセイカウシュッペ山〜平山 HCx・CS1
2008.09.21 三段山〜十勝岳〜富良野岳 HCx・CS1
2009.05.24 三頭山(雨煙別登山口) HCx
2009.06.14 緑岳 HCx
2009.06.27 音更山・石狩岳・シュナイダーコース HCx
2009.07.04 俵真布〜トムラウシ山 HCx
2009.08.08 天人峡〜化雲岳 HCx
2009.08.16 美瑛あおい池 HCx
2009.08.30 ニペソツ山 HCx
2009.09.06 黒岳〜北鎮岳 HCx
2009.09.23 富良野岳〜上ホロカメットク山 HCx

  CS1 : SONY GPS-CS1K
  HCx : GARMIN eTrex Legend HCx

GPSの列にCS1とHCxの両方が書かれているところは、両方を携帯していましたので、それぞれの精度比較ができます。

なお、ダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。

お持ち帰りの方は、コメント残してくれると嬉しい。



csh08ymatu at 18:58コメント(0)トラックバック(0) 

2008年10月12日

GARMIN eTrex Legend HCX その後 1


先日、販売店でも「トラックがあまりにもひどい」と言うことでメーカー送りになった Legend HCxですが、本日、「問題なし」と返ってきました。

全くトラックできていないトラックログを見ても、故障ではないとのことなので、ちょっと疑問もありますが、そうなのでしょう。

同じLegend HCxを持つ知り合いと一緒に歩いた時のログの違いについても、軌跡データに誤差が出る場合があるとの解答でした。

登山でGPSを使用する場合、その程度の物だと割り切って使った方が良いのでしょうね。


今まで、ブログにはある程度修正したものをアップしていますが、今回は生データを載せます。

武華山〜武利岳縦走路GARMIN eTrex Legend HCx
軌跡ログ

数点飛んでいるのならまだしも、
あり得ないところに行っています。













csh08ymatu at 17:57コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月30日

GARMIN eTrex Legend HCXとSONY GPS-CS1K


今年の8月に「GARMIN eTrex Legend HCx」を買ってから、「SONY GPS-CS1K」と一緒に持って歩いています。

Legend HCxのトラックを見て頂くと分かるとおり、GPS-CS1Kの方が正確なような気かします。それに、まるっきりどこかに飛んでしまって、帰ってこないこともあります。

それで、Legend HCxとトラックをプリントしたものを購入店へ持って行くと、ちょっとひどすぎるとのことで、メーカーに送りになってしまいました。

確かに、価格がGPS-CS1Kの3.5倍以上するLegend HCxの方が、トラック精度が悪いのは納得できないですよね。

修理になるのか、交換になるのか分かりませんが、もう少し正確なトラックを記録して欲しいです。



csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月26日

ハンディーGPSと土木調査設計


設計(私)の場合・・・

今まで、設計のために参考とする現況写真は、1/1,000の地形図等に矢印を書き、対応する写真の番号を記入していました。そうしないと、何処を撮った写真か分からなくなるからです。

現在は、「SONY GPS−CS1」を用いることで、設計に必要な現場写真に位置情報を入れ、地図上に表示し、何処で撮かったわかるようにしています。

つまり、気の向くままバシバシ撮しても、後で何処で撮影した写真かわかるため、非常に有効活用しています。
逆に、見たい箇所の写真を探すのも簡単です。
(これは本当に便利です。)


測量調査の場合・・・

ハンディーGPSは、山の中の三角点を探すために使用します。
もちろん、藪の中で道に迷わないために使用することもあります。

また、環境調査などで道のない山に入る時に、遭難しないために必ず持って入ります。その他に、熊鈴と熊避けスプレーで三種の神器(登山と一緒じゃん)になります。


その他の場合・・・

ハンディーGPSは、登山でホワイトアウトしたり、山菜採りで道に迷ったりした場合に、とても心強い味方になるものです。

ただ、気軽に買える値段ではありません。
林の中でも衛星をとらえることが可能な高感度アンテナを備えたGPSでは、日本語版の場合、詳細地図が別売りで6万円程度します。
これが、半額ぐらいになればもっと普及し、遭難事故が減少すると思われます。

せめて、英語版(日本語版の6割程度)ぐらいまで安くなればなぁと思います。



csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月24日

十勝岳 with GPS-CS1 and LEGEND HCx


2008年8月24日

本日は、「ひとりで登山」じゃなく「ふたりで登山」で十勝岳に登ってきました。

雨は降りませんでしたが、立っていられないぐらいの強風でした。

どれぐらいの強風かと言うと、姿勢を低くすると小砂利が飛んできて顔に当たり、立っていても砂が飛んできて、口の中が「じゃりじゃり」、髪も「じゃりじゃり」、目も「じゃりじゃり」になりました。
そして、この強風のため、途中で中止し下山する高齢者の団体さんもいました。

そんな中、頂上が一番強い風が吹いていると思いきやそうでもなく、登りと下りで同じところで風が強くなるので、地形によるものなのでしょう。

山頂からの眺めは、旭川側は雲が高く、見渡せました。
北東から東方面は雲が低く、雲の上にオプタテシケ山やトムラウシ山などの山頂が見えていました。

下山後、望岳台の散策路を歩いてみました。
途中には、ホシガラスを見られる場所ではバズーカ砲のような超望遠レンズを付けたカメラで狙っている人、ナキウサギのいる場所、シマリスのする場所などがありました。
この散策路は人が少なく、結構穴場かも知れません。
そして途中から白金温泉に降りる道もあり、これは一度歩いてみる価値がありそうです。


タイムログです。

望岳台(6:23)[0:00]
 ↓
2.0km(0:40)
美瑛岳分岐(7:03)[0:40]
 ↓
3.2km(2:19)
十勝岳2077m(9:22)(9:41)[2:59]
登頂所要時間2:59
 ↓
3.2km(1:19)
美瑛岳分岐(11:00)[4:37]
 ↓
2.0km(0:37)
望岳台(11:37)[5:14]
下山所要時間1:56 全行程約10.4km 5時間14分


今回は、写真のアップ掲載はありませんが、一緒に持ち歩いた次の2機種のGPSのトラックログの比較をしてみました。
(行程のタイムログは、整理できしだい書き足します。)

・赤:SONY GPS-CS1 定価15,540円
・青:GARMIN LEGEND HCx 定価58,800円

■SONYのログについて
登山開始位置の望岳台より北のに延びている原因は不明ですが、たぶんGPS衛星がうまくキャッチできなかったのでしょう。
それと、下りの途中でログが無くなっているのは電源が切れたためです。
電池はエネループを使用していて、約8時間は大丈夫だったのですが、もしかしたら、エネループの性能が落ちてきたのかも知れません。


果たしてトラックログに関して、値段の差は有るのでしょうか。


トレースルートログ間隔
CS1は15秒固定
LEGEND 10m間隔に設定







※トラックログが欲しい方が多いようであれば、DL出来るようにします。



csh08ymatu at 21:00コメント(0)トラックバック(0) 

2008年08月10日

eTrex Legend HCx 5


とうとう、ハンディGPSを買ってしまいました。

某登山用品店でお勧めの、

GARMIN eTrex Legend HCX

です。

Legend HCx















スイッチを押すだけのGPS-CS1とは違い、
機能が多いので、使い方が良く分かりません。


GPSナビゲーションの機能は別として、
今まで使っていた「SONY GPS-CS1」と違うのは、

・現在位置が、わかります。
・ログの設定が、秒数(1秒〜)や距離(10m〜)を指定できます。
・アンテナの感度が良いです。

ぐらいでしょうか。

写真に位置情報を入れるのは、
専用ソフトがあるGPS-CS1に部があるような気もします。

詳細地図が別売り&高価なので、まだ買ってないですが、
追々、使用感などをレポートしていきます。



csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月13日

GPS-CS1K 5


2006年11月に「デジカメ用GPS買いました」という記事を書きました。

その後、山登りの写真に位置情報を入れて掲載してきましたが、最近、この「GPS-CS1K」のログファイルから、カシミール3D、GoogleMap、GoogleEarth上にトレースルート(軌跡)を表示することが可能だと分かりました。

また、「SightField プレテストサービス」では、GoogleMapでトレースルートのアニメーションをしてくれます。

詳細は「トム@808」さんのHPで解説されています。

なかなか、面白いので「GPS-CS1K」をお持ちの方は、一度やってみることをお勧めします。

サンプルとして、2007年9月19日の記事「十勝岳(2077m)〜美瑛岳(2052m)」のトレースルートを表示させてみました。


カシミール3Dカシミール3D







GoogleEarthGoogleEarth







GoogleMapGoogleMap








csh08ymatu at 13:08コメント(2)トラックバック(0) 

2006年11月13日

デジカメ用GPS買いました 5

ソニーから発売になっている、写真に位置情報を付加するGPSユニット「GPS-CS1K」を買いました。来年からは、写真に位置情報のタグを入れてアップできると思います。 SONY GPS-CS1

csh08ymatu at 19:06コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ