健康

2021年01月05日

悲しいお知らせが・・・石丸クリニックが閉院!!

私が高尿酸血症で通っている石丸クリニックが閉院になりました。
石丸先生は日本スポーツ協会公認スポーツドクターでもあり、最初に診察していただいてから30年程の付き合いがありました。

石丸先生がクリニックを開業する前からずっと頼りにしていた整形外科医で、足の腱の中に疲労骨折の骨が刺さっているのを見つけてくれたり、怪我をした時、膝が痛くなったり水がたまった時、アキレス腱が痛くなった時、五十肩になった時、何かにつけて相談していました。

昨年の11月に高尿酸血症の薬を処方してもらいに行くと診察の時に、のどにガンが見つかったので今日処方する薬が無くなった時は、もしかするとクリニックを休んでいるかもしれないので、その時は他の整形外科でも内科でもいいので処方してもらって欲しいと言われました。

何時から休院するのかなと気にしていたのですが、ネットでは何も情報がなく、たまたま石丸クリニックの携帯予約を見てみると「12月26日をもってクリニック閉院」とのお知らせがありました。

石丸先生は、患者の話をしっかり聞いてくださる先生でした。
そのため、一人当たりの診察時間が長く通院患者が多いこともあって非常に待ち時間が長いクリニックでした。
長いときは2時間待ちの時もありましたが、それでも親身に話を聞いてくださるので長年通っていました。

そんな先生が辞めてしまうと、次はどこへ・・・と考えてしまいます。

石丸先生、ゆっくり療養してまた開院してください。
お待ちしています。


Screenshot_20201222-155651s





csh08ymatu at 18:00コメント(0) 

2020年07月03日

ある朝、突然、耳が聞こえない!(突発性難聴) その30


突発性難聴について前回書いたのが、仕事をやめて無職だった2016年7月4日なので、それからちょうど4年たちました。
今は、前の職場と同業の建設コンサルタント会社でサラリーマンをしています。

右耳の突発性難聴の後遺症は相変わらず残っていて、閉塞感と、それほど気になるわけではありませんが常にキーンっていう小さな耳鳴りがあります。
日常生活では、右側から話しかけられると聞こえなかったり、聞こえても耳の中で響いて何を言っているの聞き取れないことがあります。
また、我が家では私の座っている右側にテレビがあるため、どうしても音を大きくしたくなります。
耳鳴りのせいで眠れないということはないですが、たまに気にしだすとダメですね。

ここ2〜3年は極端に聞こえなくなることもないため、耳鼻科への通院はやめてしまいました。
というのは、職場が変わって当時通っていた耳鼻科が遠くなり、会社を休まないと通院できなくなったことも関係しています。

このところ今日は良く聞こえてるなあという日があまりなく、調子の良い日よりも悪い日の方が多くなっています。
現在の仕事は、それほど残業が続くわけではありませんが、かなりストレスを感じることを行っているため、それが大きく影響しているように感じます。
GWなどのように割と長い連休があると、症状が軽くなるので間違いはないと思います。

ちなみに私の場合、聞こえずらいのは低音のため、会社の健康診断の検査(1kHzと4khz)では、正常な左耳に比べ右耳は聞こえずらいのですが、なんとか聞こえるため今のところ正常となっています。

もしかすると、症状に波があるので急性低音障害型感音難聴なのかなあとも思います。

後遺症については、どうしようもないので慣れるしかないんでしょうけど、いずれにしても聞こえないことが大きなストレスなのは間違いありません。



csh08ymatu at 07:00コメント(2) 

2020年04月11日

後部硝子体剥離

「後部硝子体剥離」なるものをやってしまった。

2020年3月21日(土)の夕方、テレビを見ている時、右目が何か光ったので、メガネのレンズに何かが反射したかなと思った。
そのあとすぐ、右目の視野の中心からすぐ右側に大な飛蚊症というか蚊よりももっと大きなものが現われ、水に墨を流したようなもやもやとしたものが広がった。
そして、右を見ると右目の右の方に左がへこんだ三日月のような光が走る。
痛みとかは全くないし視力も落ちてないようだけど、何かヤバイことが起きたような気がして、ドキドキだった。
本来であればすぐ病院へ行くのだが、土曜日の夕方のため救急でなければ月曜日まで行きつけの眼科はやってない。
もし、何か急激な変化があれば救急病院へ行くことにして、様子を見ることにした。

日曜日の日中に買い物に出かける時、曇り空を見上げると、砂を撒いたガラスを通したように見え、飛蚊症なんてものじゃなくなんじゃこりゃだった。
暗くなって車を運転すると、左右確認で右を見るとかなり鮮明に三日月が見え、実に不思議な感覚を覚えた。

月曜日の朝、いつもの眼科に行くとコロナの影響か患者が少なかった。
受付で症状を話すとすぐ呼ばれ、眼圧検査、視力検査、そして瞳孔が開く目薬を差した。
眼圧も視力もいつもと変わらなかったので、少しは安心した。
目薬が効くまで20分程待ってから診察室へ。
眼底検査を行い、次のような説明があった。

・特に出血や網膜剥離等は見られないため、手術等の処置は不要
・眼球の中は卵の白身(硝子体)のようなものが入っていて、加齢により萎縮し網膜からはがれたと思われる
・飛蚊症の原因は、硝子体が網膜腹はがれた時にゴミが飛び散ったためではないか
・これは、良くなることもあるし、このままの時もある

後部硝子体剥離となってから、約20日ほどたったが、飛蚊症は増えも減りもしてない。
慣れとは恐ろしいもので、右を見た時の三日月も暗くなり、増えた飛蚊症もそれほど気にならなくなった。
ただ、ふとした時に右の方に天井から蜘蛛がぶら下がってきたように見えることがある。
蜘蛛が飛び上がるほど嫌いな私には、少し辛い。

なんだかんだ言っても、結局、加齢で片付けられるものかもしれない。
年を取ると、こうやって徐々に機能が失われてゆくのだなあと実感している。

仕事が忙しいとか言わずに、やりたいことを早く始めなければ体が付いていかないかもしれない、と思う今日この頃である。

もし、現在心当たりがある方、過去に発症した方、コメントでもメールでもいただければと思う。




csh08ymatu at 00:00コメント(2) 

2016年07月04日

ある朝、突然、耳が聞こえない!(突発性難聴) その29 現在無職

2016年4月20日の聴力検査結果では、ほぼ問題ないレベルまで回復していました。

その後、また仕事が忙しくなりストレスがたまって、聴力が落ちたりして安定していない状態が続いていました。

こんな生活を続けていては本当に聴力が戻らなくなり、補聴器を使わなければならなくなると思いました。

また、体調面でも慢性的な疲労感や不眠などもあり、精神的にも肉体的にも限界を感じてしまいました。

今年度は、さらに忙しくなるため、私が退職すると部下や同僚の負担が半端ないことがわかっていましたが、自分のため、そして今まで犠牲にしてきた家族のために退職を決意しました。

結果としては、5月末日で退職しました。

そして、現在無職のオヤジではありますが、毎日家族と食事ができるようになったこと、旅行にも行ったことなど、実に人間らしい生活を送っています。

そのためか、聴力も安定して聞こえていること、不眠も解消されてきたことなど、やはりストレスは怖いなあと感じています。

退職後にハローワークで講習を受けた後、夏休みを堪能しつつ職探しをしています。

自分の置かれている状況を前向きに捕らえることも大切ですが、無理して前向きに捕らえてばかりいると、いつかは体と心が悲鳴をあげます。

手遅れになる前に、後ろ向き(?)かも知れませんが、逃げ出すことも大切だと実感しています。




csh08ymatu at 23:20コメント(0)トラックバック(0) 

2016年04月21日

ある朝、突然、耳が聞こえない!(突発性難聴) その28


2016年4月20日(水)、診察に行ってきました。

しばらく突発性難聴のことを書いていなかったのは、通院治療は続けていましたが、ほとんど回復が見られないどころか、悪化していたからです。

聞こえないというストレスは想像以上で、右側から話しかけられると、ほぼなにを言っているか分からず、左耳を向けて聞き返すことになります。
また、聞こえ方もただ聞こえないだけではなく、音が割れてひびくので非常に聞きずらいものです。
そして、このまま聞こえなくなるんじゃないかと、本当に辛かったです。

今回は約1ヶ月振りの検査結果だったのですが、なんと発病以来の最良値で、ほぼ問題ないレベルでした。

生活する上でも、それほど聴力が落ちていると感じないようになってきましたが、実際は日によって、また一日の内でもその時々によっては幕が掛かったように感じることもあります。

快方に向かったのは、仕事もそれほど忙しくなく、仕事上でのストレスも少なくなっていること、そして「もう少し回復しますよ」との先生の言葉を信じてあきらめずに治療をしたからだと思います。

やっぱり、ストレスが一番の敵なんでしょうね。

今まで、左右の耳の音の聞こえ方が違い過ぎて聞く気になれなかった音楽が、ヘッドホンで聴けるのがとってもうれしいですね。

 検査日          125  250  500Hz
発症時
10.12.06        65    65    60  dB
10.12.13        60    60    55  dB
10.12.16        40    40    30  dB
10.12.21        70    70    65  dB
10.12.27        30    30    25  dB
11.01.19        50    50    25  dB
11.02.21        30    30    25  dB
再発時
12.10.16        55    55    ??  dB
12.10.19        45    45    ??  dB
12.11.02        45    45    35  dB
12.11.12        25    25    20  dB
12.11.26        25    25    25  dB
12.12.11        30    30    25  dB
12.12.25        30    30    25  dB
13.01.15        30    30    30  dB
13.01.30        30    30    30  dB
13.02.21        35    35    30  dB
13.03.16        25    30    30  dB
13.04.06        25    30    30  dB
再々発時
15.12.26        75    75    65  dB  ← 最悪値(高度難聴の数値です)
16.01.08        65    65    50  dB
16.01.16        35    35    30  dB
16.02.13        35    40    30  dB
16.02.29        45    45    35  dB
16.03.23        50    50    35  dB
16.04.20        20    20    20  dB  ← ここが最良値

・今回は薬はありませんでした。



csh08ymatu at 12:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月13日

ある朝、突然、耳が聞こえない!(突発性難聴) その27

2016年2月13日(土)、4度目の診察に行ってきました。

今朝起きると、明らかに昨日の夜より聞こえてません。

検査結果は、前回の検査結果とほぼ同じでした。
 
感覚的には、もう少し聞こえているような気がしていたのですが・・・
 
相変わらず残業続きでしたが、会社に「○○したい」宣言してから、少し吹っ切れて、
なんとか回復していたのですが、昨日の稚内日帰り出張で疲れちゃいました。

朝6時過ぎに家を出てから午後9時頃に帰ってくるまで、
約14時間30分の勤務でしたからね。
もちろん200km程度の車の運転もしてです。 

先生の見立てでは、もう少し回復しますよとのことでした。
それを信じて気楽に過ごします。
ストレスが一番の敵ですからね。


 検査日          125  250  500Hz
発症時
10.12.06        65    65    60  dB
10.12.13        60    60    55  dB
10.12.16        40    40    30  dB
10.12.21        70    70    65  dB
10.12.27        30    30    25  dB
11.01.19        50    50    25  dB
11.02.21        30    30    25  dB
再発時
12.10.16        55    55    ??  dB
12.10.19        45    45    ??  dB
12.11.02        45    45    35  dB
12.11.12        25    25    20  dB  ← ここが最良値
12.11.26        25    25    25  dB
12.12.11        30    30    25  dB
12.12.25        30    30    25  dB
13.01.15        30    30    30  dB
13.01.30        30    30    30  dB
13.02.21        35    35    30  dB
13.03.16        25    30    30  dB
13.04.06        25    30    30  dB
再々発時
15.12.26        75    75    65  dB  ← 最悪値(高度難聴の数値です)
16.01.08        65    65    50  dB
16.01.16        35    35    30  dB
16.02.13        35    40    30  dB

・メチコバール錠 500μg 朝・昼・晩 1錠
・トリノシン顆粒 10% 朝・昼・晩 1包
21日分の処方でした。

P1090212s













csh08ymatu at 11:34コメント(0)トラックバック(0) 

2016年02月10日

ポータブルヘッドホンアンプ FOSTEX PH-V1 その後

わりと耳の調子が良いので、先日購入したポータブルヘッドホンアンプ FOSTEX PH-V1を使っています。

色々なジャンルの音楽を聴いてみて気がついたことを列記します。

なお、WALKMAN直差しと、picoと聞き比べして感じたマイナス面です。

PH-V1の音場が狭い。(picoが広い)
  ライブの音源などでは、聞き比べすると感じます。

▲戞璽垢林垢蠅覆表田祺擦弱い。(直差しが良い)
  MIYVIのGuaed Youで目立ちますね。

2燦擦砲茲辰討榔陲乗りすぎる。(picoがすっきり)
 

まあ、好みや聞くジャンルにもよりますが、以上のような感じがします。

ピアノに関しては、もう少し聞いてみないと何とも言えないかなあ。

私にとっては、PH-V1は女性ボーカル(松田聖子いい!)が良いなあと思います。 

なお、以下でのレポートになります。

DAP : WALKMAN NW-A867
HEADPHONE : MDR-Z1000 
 

csh08ymatu at 07:00コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月24日

ポータブルヘッドホンアンプ FOSTEX PH-V1

少し前に、FOSTEX PH-V1ハイブリッドヘッドホンアンプを買いました。

このPH-V1というヘッドホンアンプは、増幅部前段を真空管(6N16B-Q)、後段をOPAMPで構成されていて、カップリングコンデンサには長年培ったスピーカーシステムのネットワーク技術により生まれた、フォステクス製オリジナル大型フィルムコンデンサーと電解コンデンサーを使用されています。

今時のDAC入り、USB入力、デジタル入力などは一切なく、単なるライン入力のアナログアンプです。

特徴は、真空管を使っていることと、フォステクス製オリジナルのフィルムコンデンサーと電解コンデンサーを使用していることにつきます。
 
iPodとWarkmanA867に対応しているDACを持っていないので、それぞれのラインアウトにつないでいますが、PH-V1は同社のPH-P1と組み合わせると良いと思います。

さて、問題の音ですが、高音がどうだとか、低音がどうだとか、音場がどうだとかは、耳の良いその道の輩に任せるとして、松田聖子のアルバムSweet memories'93に入っている「抱いて」を聞くと、実に艶っぽく、何ともいえない響きがあります。

いろいろ聞いてみると、低音の馬力がでているのがわかります。

とにかく、声が良い!

 さて、少し前のブログを読まれている方は、左耳の低音の聴力が落ちているのでは?と疑問に感じると思われますが、良くなったり悪くなったりしているので、聴力が回復しているときに聞いた感想なのです。

残念ながら、ストレスをうまくかわせない私なので、激務で精神疲労と肉体疲労が続いた週末はやはり聴力が落ちてしまい、ヘッドホンで聞けませんが・・・



P1090140sフロントビュー
PH-P1が上に乗る形状です










P1090146s通気のスリットから
うっすら真空管の灯が見えます










P1090165s今まで使っていたpicoと比べると
かなり大きさが違います










P1090164s
 










P1090159sこんな感じで聞いてます
DAP : WALKMAN NW-A867
HEADPHONE : MDR-Z1000












csh08ymatu at 11:23コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月16日

ある朝、突然、耳が聞こえない!(突発性難聴) その26

2016.年1月16日、2度目の診察に行ってきました。

今日は出勤日であり、また新たに仕事が入って来たり、現在担当している仕事の進捗を考えると、休んではいられないのですが、そんなことを言っていると耳がだめになると思い、今日は会社を休み病院へ行きました。

検査結果は、かなり回復していました。

再処方されたステロイド剤が効いたのか、精神的に吹っ切きったこともあるのかもしれませんが、ヘッドホンで音楽を聴くことができるようになりました。

この程度であれば、ずいぶん生活が楽になります。

過去からの検査結果を見直しながら、先生がかなり悩んだ結果、もう1週間ステロイドを続けることになりました。

メチコバールとトリノシンは2週間ほどあるので、次回の通院はそれがなくなるころか、もしプレドニゾロンが切れて悪化するようであればすぐ来てとの指示でした。

このまま、回復すればいいなあというか、あまり気にしない方が良いのかなと思います。


検査結果です。
 
検査日          125  250  500Hz
発症時
10.12.06        65    65    60  dB
10.12.13        60    60    55  dB
10.12.16        40    40    30  dB
10.12.21        70    70    65  dB
10.12.27        30    30    25  dB
11.01.19        50    50    25  dB
11.02.21        30    30    25  dB
再発時
12.10.16        55    55    ??  dB
12.10.19        45    45    ??  dB
12.11.02        45    45    35  dB
12.11.12        25    25    20  dB  ← ここが最良値
12.11.26        25    25    25  dB
12.12.11        30    30    25  dB
12.12.25        30    30    25  dB
13.01.15        30    30    30  dB
13.01.30        30    30    30  dB
13.02.21        35    35    30  dB
13.03.16        25    30    30  dB
13.04.06        25    30    30  dB
再々発時
15.12.26        75    75    65  dB  ← 最悪値(高度難聴の数値です)
16.01.08        65    65    50  dB  ← 今回(中度難聴の数値です)
16.01.16        35    35    30  dB

・メチコバール錠 500μg 朝・昼・晩 1錠
・トリノシン顆粒 10% 朝・昼・晩 1包
・プレドニゾロン錠 5mg 朝 1回1錠 7日分
・ファモチジンD錠 10mg 朝 1回1錠 7日分
 
 


csh08ymatu at 15:27コメント(0)トラックバック(0) 

2016年01月10日

ある朝、突然、耳が聞こえない!(突発性難聴) その25

2016.年1月8日、2度目の診察に行ってきました。

結果としては、あまり思わしくありませんでした。 

ステロイド剤を飲み始めて1週間後の元旦あたりは、自分の感覚的にはわりと回復していたと思うのですが、正月休みがあけてからは、やはり聴力が落ちてしまいました。

本当は、回復か悪ければ病院の始まる1月4日に来てと言われていたのですが、仕事の関係で診察に行けたのが1月8日となってしまいました。

検査結果ではほんの少しだけ良くなっていましたが、ステロイド剤を半分にしてもう8日間処方されました。

「良くなるから、とにかくストレスをためないように」と先生からも言われていますが、私はストレスに弱いのかなあと思ったりします。

私と同じように、難聴で辛い思いをしている方がたくさんいると思いますが、あきらめずに治療を続けましょう。


とりあえず3連休なので、今日は中日ですが、のんびりしたいと思います。


検査結果です。
 
検査日          125  250  500Hz
発症時
10.12.06        65    65    60  dB
10.12.13        60    60    55  dB
10.12.16        40    40    30  dB
10.12.21        70    70    65  dB
10.12.27        30    30    25  dB
11.01.19        50    50    25  dB
11.02.21        30    30    25  dB
再発時
12.10.16        55    55    ??  dB
12.10.19        45    45    ??  dB
12.11.02        45    45    35  dB
12.11.12        25    25    20  dB  ← ここが最良値
12.11.26        25    25    25  dB
12.12.11        30    30    25  dB
12.12.25        30    30    25  dB
13.01.15        30    30    30  dB
13.01.30        30    30    30  dB
13.02.21        35    35    30  dB
13.03.16        25    30    30  dB
13.04.06        25    30    30  dB
再々発時
15.12.26        75    75    65  dB
16.01.08        65    65    50  dB  ← 今回(中度難聴の数値です)

・メチコバール錠 500μg 朝・昼・晩 1錠
・トリノシン顆粒 10% 朝・昼・晩 1包
・プレドニゾロン錠 5mg 朝 1回1錠 8日分
・ファモチジンD錠 10mg 朝 1回1錠 8日分
 
 

csh08ymatu at 13:53コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ