ハードウェア

2010年09月18日

次から次へとよくもまあ


VAIO(PCG-GRT99/P)でTV番組の録画をしているのですが、昨日休止状態からうまく復帰できずにフリーズしていました。

強制的に電源を切り、起動すると完全に立ち上がる前にブルースクリーンが一瞬でてフリーズしてしまいました。

再度起動し直すと、今度はBIOSの起動もしなくなってしまいました。

これは、以前メモリがダメになったときと同様の症状なので、まずは古い方のメモリを外してみました。

案の定、問題なく立ち上がりました。

結論としては、メモリを交換するしかないのでメモリ形式を調べました。

指定されているのはPC2100(DRR266)なのですが、某メーカーのHPで使えるメモリを確認すると、PC2700(DRR333)も使えるようでした。

アマゾンで価格を調べると、PC2100よりPC2700の方が安く、512Mで1,880円でした。前回が、3,800円だったので半額です。

早速、ポチッとしました。


今年に入ってから、随分色々なものが壊れました。

5月にGSX-R1100が走らなくなり、夏にもGSX-R1100が走らなくなり、そしてここ1週間ぐらいの間で、デジカメで動画撮影が失敗するようになり、プリンタはシアンが出なくなり、車のキーが割れ、そしてVAIOのメモリと立て続けに壊れています。

さて、いったい次は何が壊れるのだろうか・・・



csh08ymatu at 21:45コメント(0)トラックバック(0) 

2010年09月17日

SONYの対応とSDカード


SonyのDSC-TX7で動画が止まってしまう件で修理に出していましたが、本日連絡がありました。

「SONYのSDカードで確認した結果、症状が確認できませんでした。」

修理に出したTX7には、止まってしまった動画が記録してあるSDカードを付けてあったのに、それについては全く無視されカチンときました。

しかし、冷静に考えると、Sonyの回答は正しいのかも知れません。



というのは・・・・



私が、使用していたのはTDKの台湾製「T-SDHC16G-A」で、安かったのですがTDKブランドだったため、信頼して購入したものです。

もしかしてとアマゾンのレビューを見ると、微妙な評価がありました。

今までPCのメモリも、MemoryStickも、(micro)SDメモリも、Made in Japanにこだわったり、評判が良く信頼できるものを購入してきたはずなのに、今回はそれをしなかったためと反省しています。

決して、TDKブランドや、海外製品が粗悪と言うわけではありませんが、SDメモリは、悪い話しの聞かないToshiba製や、Panasonic製、Sony製などのメモリの方が気持ちとして安心できるように思います。

もし、メモリがSony製だったら、ヒグマの動画もばっちり記録できていたのかも知れません。

皆さんも、メモリだけは決してケチらないで信頼できるもの使いましょうね。


「後悔先に立たず」
ですぞ。



csh08ymatu at 01:27コメント(0)トラックバック(0) 

2010年05月01日

Cyber-shot DSC-TX7


先日入手したTX7を旅行に持って行き、使用してきました。

総合的には、画質は値段を考えると十分満足できるものでした。
暗いところでは、今まで使用していたカメラに比べると、非常に綺麗に撮影することができました。

ワイド側が25mmのため、魚眼レンズのような歪曲収差が見られますが、この価格のコンデジにどこまで求めるかにつきると思います。

また、一つだけ気になったのが、撮影時に意図せずタッチパネルに触ってしまいモードが変わってしまったり、写真の表示モードになったりしました。
特に、人に撮影をお願いしたときに、モードが変わるのは問題有りと感じました。
そのた・め、タッチ機能を一時的にOFFできるようなスイッチが欲しいと思いました。

サンプルとして、都庁からの夜景と泊まったホテルの窓(開かなかった)から撮った写真を貼ります。

都庁から夜景モードで撮影しました。
外は雨降り。






DSC00324sAUTOモードで撮影しました。
空の色が良いですね。
端の方に歪曲収差が有ります。













csh08ymatu at 14:31コメント(0)トラックバック(0) 

2009年11月19日

ハードディスクが読めなくなりました ・・・ その後


「ファイナルデータ2007」を使った、復旧可能なファイルのサルベージがやっと終了しました。

もっと時間を掛けると回復できるファイルも増えるのでしょうが、80%程度回復できたため終了することにしました。

結局、テストを含め、手をかけ始めてから約2週間かかりました。

今回、ハードディスクが読めなくなるという事故に遭ってから、ハードディスクに関して色々調べた所、以下のホームページで興味深いことが色々書かれており、非常に参考になりました。


ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク番長


ハードディスクは、できるだけ回さない方が良いと思い、アクセスがなければ電源を切る設定にして使用していました。

しかし、このホームページを見る限りどうやら間違いのようで、寿命を延ばすためには、高過ぎない一定の温度で、できるだけ回し続けることが秘訣のようです。
(確かにサーバーってそうだよな)

実は、事故の後すぐアマゾンで注文してあったバードディスク(1.5Tで13,900円)が明日あたり届きそうなので、今週末はファイルの整理をしたいと思っています。

使った時間を考えると、ハードディスクが「ぁゃιぃ」動きをした時点で早く新しいものに交換しておけば良かったと悔やんでも遅いのですが、良い経験を再びすることができました。
(2度目って、全然学習して無いじゃん!)



csh08ymatu at 15:12コメント(2)トラックバック(0) 

2009年11月15日

ハードディスクが読めなくなりました


会社のPCに接続していた外付けハードディスクが、突然読めなくなりました。

実は、このハードディスクは、以前「$I30」エラーが出たのですが、「CHKDSK」で修復できたので、その後再度エラーも出ず問題なく使用していたのです。

ところが、書き込み中に、突然「ディレクトリが壊れています。」というようなエラーが出て、それっきりアクセスできなくなってしまったのです。

やはり、「$I30」が今回のエラーの前兆だったのかも知れません

エラー







データのバックアップは、取ってあったものと、取ってないものがありました。
取ってたものも最新ではなかったりしていたので、復活できるデータはできるだけ
取り出すことにしました。

まずケースからドライブを取り出して、以前VAIOのハードディスクを交換した時に活躍した「これdo台」に接続しました。

というのは、ケースがIO-DATAの3Gセンサーを搭載したもので(HDH−U400SR)、傾きや揺れを感じるとヘッドを待避してデータを守るという機能が有るのですが、このセンサーが非常に敏感で、すぐアクセスできなくなってしまうためです。


HDH-400SR








そして、以前データ復活の必要があったときに使用した、「ファイナルデータ2007」を用いて復活を始めました。

Finaldata







ファイナルデータを立ち上げ、自動でファイル復活できるメニューから作業を進めても全くだめで、結局手作業で復活行うことにしました。

作業開始後、解析にかかる時間が15時間とでていたのですが、解析が進むにつれどんどん残り時間が増えて行き、250時間などと出始めたので、途中で解析を中止し、その段階で解析できたデータを復活することにしました。

復活しているファイルは、LAN上のネットワークドライブに取り出していますが、これも非常に時間が掛かっています。

現在、ファイルの復活作業を始めて3日ほど経っていますが、まだまだ掛かりそうです。

ベタな教訓ですが、これしかありませんね。


「バックアップはしっかりと取りましょう!」



csh08ymatu at 13:26コメント(4)トラックバック(0) 

2009年03月29日

VAIO W102のメモリとHDDの交換

「これdo台」を利用した「VAIO GRT99/P」のHDD交換がうまく行ったことに味をしめ、子供が使っている「VAIO W102」のHDD交換とメモリ交換を行いました。

このVAIOは子供のために2002年に買ったものです。
当時はメモリが高価だったため、256MBを追加して標準256+256=512MB、HDDは標準の60GBのままで使用していました。

この頃HDDの空きが限界になってきたので、HDD交換とメモリの増設を行うことにしました。HDDは余っていた250GB(7200rpm)、メモリは512MB×2=1GB入れることにしました。

メモリを調達しにヤ○ダ電機へ行くと、PC2100はなかったのですが、PC3200のPC512MBが約4000円でした。思ったより随分高かったので買うのをやめてネットで購入することにしました。

ア○ゾンでもPC2100はなくPC3200の白箱(業務用)を512MB×2を約4000円で注文しました。


W102正面VAIO W102







W102裏背面です。
ねじを4カ所外し、
カバーを外します。





W102カバー開けたところカバーを開けたところ。
右側が電源、左側がHDDです。
メモリは、電源の上側にあります。





W102メモリ増設したメモリを外したところ。







メモリ白箱と最初に増設した
256MBメモリ。






HDDをはずしたところHDDを外したところ。
左手前がHDDがセットされているケース。






オリジナルHDD入っていたHDDはseagate製で、
ゴムのカバーに包まれていました。
W102用専用なのかなぁ。





HDD比較余っていた250GB(左)と並べてみました。







これdo台秘密兵器の「これdo台」で
DISK COPY中。






HDDはリカバリして、新たにソフトを入れ直すのが面倒だったため、「これdo台」を使い約40分ほどでコピー完了。

メモリと250GBのHDDを入れて組み立て、そして電源ON。

念のため、ディスクのエラーチェックを行うと、エラーチェックができません。
どうやら、C:ドライブにエラーがあるようです。たぶん、もとのHDDがエラー持ちだったのでしょう。

そこで、コマンドプロンプト画面にして「>chkdsk c:/f」と打ち込むとchkdskがスケジュールされ、再起動時にディスクチェックが行われました。
結果、やはりエラーがありましたが、「/f」オプションを付けていたので自動修復され、chkdskの完了です。

その後、前回同様パーティションマジックで約120GB×2にパーティションを切り直して完了しました。

W102はCPUがCeleron1.6GHzなのですが、さすがにメモリの増設とHDDが早くなったことで、随分サクサク動くようになりました。

Pen4の2.8GHz程度までは載せられるようなので、次回はCPU交換に挑戦してみようと思います。

このW102も、随分古いPCですが、ネットで調べ物をして、WORDやEXCEL、TV録画(地デジ移行まで)する分には、まだまだ十分使えそうです。



csh08ymatu at 00:11コメント(10)トラックバック(0) 

2009年03月22日

VAIOのHDD交換


かれこれ5年ほど酷使しているVAIOのHDDを、やっと交換することが出来ました。

VAIO GRT99/Pはもともと80GBのHDDが搭載されています。
特にトラブルもなく使えていたのですが、VAIOでTV番組を録画しているので、内蔵80GBでは、さすがに容量不足を感じるようになっていました。
また、5年使い続けたHDDなので、そろそろトラブルの心配もありました。

そこで、今年の正月休みにHDDを大容量の交換しようと120GBのHDDを購入し、付属のデータお引っ越しソフト(HD革命 BackUp 6)でOSごとデータのお引っ越しを試みたのですが、何度やっても新しいHDDから起動できないのです。

マニュアルを見ながら、繰り返すこと5回以上。
こればっかりのお正月休みになってしまったのですが、それでも上手く行かずあきらめていました。

ところが、PCを介さずHDDからHDDへ、まるまるコピーしてくれる機器が有ることを知りました。

それは、「CENTURY」から発売されている「これdo台」というものです。

これDO台これdo台PRO
KD25/35PRO
26,800円




ただ、安いものではなかったため、HDDコピーのためだけに買うのも・・・とためらっていたところ、たまたま知人が持っており実験のために借りることが出来ました。

さっそく、VAIOからHDDを取り出し、新しいHDDとともに「これdo台」につなぎ、「DISK COPY」モードでコピースタート。

ところが、読み込みエラーで止まってしまいました。
何度やっても、同じエラーでだめでした。

しかし、エラースキップ出来ると箱に書いてあることに気づき、設定を調べると、エラースキップOFFになっているではありませんか。

エラースキップをONにして再度挑戦すると、無事コピーが終了しました。

早速、新しいHDDをVAIOにセットし、起動すると「新しいハードウェアが見つかりました」というメッセージが出て再起動し、問題なく使用できるようになりました。

ただ、ハード的にDISK COPYされただけのようで、パーティションはC:約30G、D:約45Gと80GBの古いHDDのままでした。
そこで、パーティションマジックを使用して、パーティションを広げて完了しました。

ここまで、約半日です。

私はPCに疎い訳ではないのですが、お正月休みに、HDDに付属するソフトを用いて、マニュアルの通りやって、あれだけ苦労して出来なかったことがたった半日でできたのです。

「これdo台」様々でございます。

これで、愛機VAIO君も地デジに変わるまであと2年ぐらいは活躍できそうです。



csh08ymatu at 17:49コメント(2)トラックバック(0) 

2008年12月03日

VAIOがダウン その2


VAIOが再び起動しなくなりました。

今回は、前回のことがあるため、迷わずメモリを調べました。

メモリはPC2100(DRR266)の512メガが2枚刺さっていますので、とりあえず片方ずつ外して電源を入れてみました。

すると、標準で入っていたメモリには問題が無かったのですが、増設したBUFFAROのメモリがだめになっていました。

保証期間が長かったという記憶があったので、保証書等を探したけど見つかりません。

今更新たにメモリを買うのもなんだかなぁーと、1ギガから512メガに減らして我慢しようかと思いました。しかし、やはりHDDのアクセスが非常に多くなり、このかったるさを我慢することはできない!と新たに買うことにしました。


さて、メモリの値段を調べた所、アマゾンでは約3800円でした。

しかし、近所の某家電店では5600円!

でも、早く欲しかったので買ってしまいました。

結局、送料は無料なので、ポイント10%を差し引いても1240円の差がありました。


最近、増設メモリやUSBメモリの保証期間が長くなってきています。
いくら保証期間が長間なっても、それらがないと保証が受けられません。

みなさん、もしものために、保証書やレシートなどはしっかり保管しましょうね。



csh08ymatu at 18:18コメント(4)トラックバック(0) 

2008年09月09日

VAIO(GRT99/P)の修理 5


帰宅してから今まで、あの手この手で原因を探りました。

まず最初に、ノートPCでよくあるトラブルの確認です。

■HDDを外して他のPCに外付けでチェック
  >問題なくアクセスできる

■バッテリーを外してしばらく放置
  >立ち上がらず


次に、自作機のトラブルをチェックする場合の鉄則ですがやってみました。

■その1  ケーブル類を疑え
  >ノートPCのため、外付け機器は全て外したが変化なし

■その2  メモリを疑え
  >相性に問題無はないはずだが、メモリを外して何度か抜き差し



続きを読む

csh08ymatu at 03:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月08日

VAIO(GRT99/P)がダウン 1


つい先日、某所で「古いけど調子いいよー、うちのVAIOは」って言ったばかりなのに、立ち上がらなくなってしまいました。

電源は入るのですが、BIOSが起動しなくなったようなので、マザーボードがだめになったのかも知れません。

取り敢えず、早急に自宅で使うPCを調達しなきゃメールもできません。

ちなみに、うちのVAIOは、PCG-GRT99/P、2003年10月に購入したものです。



csh08ymatu at 20:06コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ