Bike

2022年09月13日

1988年式 YAMAHA SR400


H2を事故で廃車にした弟が、YAMAHA SR400の中古を買いましたので、峠を含め100km程試乗しました。

色々調べてみたところ、ドラムブレーキ、タンクの塗装、キャブレターの形式などから1988年式だと思います。

スペック(1988年式)
車重 153kg(乾燥)、170kg(装備)
最高出力 27ps(7000rpm)
最大トルク 3.0kg・m(6500rpm)

最終モデルが18psなので、それからみると随分パワフルなんですね。

田舎道の峠は、シングルの蹴り出しを感じたかったので、あえて回さずアクセルオンで楽しみました。
軽いバイク特有のひらひら感もあっていい感じです。
ただ、高速コーナーはつまんないかな。

単気筒の感覚はせいぜい70km/hまで、何となく走っていてもそれぐらいのスピードになります。
メーター読みなので、実測はせいぜい60km/hプラス程度ですかね。
80km/h以上出しても振動が多いだけでパワー不足のつまらないバイクになってしまいます。
少なくともSR400で高速道路は走りたくないです。
やはりビッグシングルとしては、もう少し排気量が欲しいところ。
SRX600が欲しいなあ。

マフラーはスーパートラップが付いていて、峠の下りなどでアクセルオフにするとアフターファイヤーが酷くてパンパン鳴りっぱなしでした。

このバイクの前オーナーは小柄な女性だったため、思いっきりあんこ抜きシートになっていました。
私にはお尻が痛くて100km程走って限界でした。
ちなみに燃費は30km/Lぐらいだと思います。

天気の良い日に、のんびりと田舎道を走るには、うってつけの1台だと思います。

DSC_7692s

DSC_7691s

DSC_7693s

DSC_7696s

DSC_7698s
鷹泊ダムは農業ダムなので、もう水はほぼ残っていませんね




 

csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月12日

今年も沼地町のキリンに会いに行って来た


去年、沼地町のキリンについてブログで書いたところ「はるすけ」さんという方から情報をいただきました。

「孫を喜ばせようとしたのとトラック運転手の目印にするため、2012年にキリンの像を建てた」とのことでした。

田舎道を走って海までツーリングに行く途中にあるため、毎年キリンに会いに行く事になりそうだなあ。


DSC_7684s

DSC_7685s

DSC_7687s
「道の駅るもい」のソフトクリームおいしい!




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月21日

無車検・無保険の車と事故に合いました


弟がバイクで事故に合いました。
相手は農家の老女(70歳)で、無車検・無保険、当然任意保険も無しの軽トラに乗っていました。

事故の状況は、相手がウィンカーなしで右折したところに衝突したようです。

バイクは納車後2カ月のKAWASAKI H2で、もちろん全損廃車です。

事故後、相手は救助をしないどころか軽トラから降りることもなく、車を走らせようとして下敷きになっていた弟の足を轢いたそうです。

結局相手は何もしないため、救急車の手配や警察への連絡対応は弟の同行者が全て行いました。

怪我の方は、肋骨骨折4箇所、轢かれた左足骨折で全治3カ月だそうで入院中ですが、頭と内臓は今のところ大丈夫とのことでした。

事故から5日ほど経ちますが、相手から一切連絡がないため、弟は自分の任意保険から弁護士を立てて交渉することになりました。

この様に無車検運行で人身事故(重症)を起こしても、警察も動かず相手を逮捕することもないどころか、重傷で動けない人に、現場検証したいから来てなどと言って来たそうです。

最終的に、相手が「無い袖は振れない」となってこちらが泣き寝入りとなってしまうことも考えられます。

こんなことがまかり通るなら、車検も任意保険も無意味になります。



絶対に許さん!!



今はただ、弟が後遺症もなく、なんとか無事復活することを祈るばかりです。


DSC_6433s
廃車になった KAWASAKI H2



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月13日

夏山シーズンはそろそろ終わりですね


BMW K1300Sのメーターが10,000kmとなった日、上富良野の国道237号沿いにある見晴台公園から十勝岳連峰が綺麗に見えました。

冠雪したオプタテシケ山、美瑛岳が綺麗でした。
たぶん十勝岳も山頂は白くなっていると予想できますが、噴煙で山頂は見えませんでした。

オプタテシケからもう少し左に見える冠雪したトムラウシ山もとっても綺麗でした。

写真には写ってないですが、旭岳も既に冠雪していました。

こんなに天気の良い休日は、たくさんの方が登っているだろうなと想像してしまいますね。

ちなみに、十勝岳は25年〜35年周期で噴火しています。
前回噴火したのが1988年ですから、約33年ほど経過しています。
ここ数年、噴煙が多くなってきているので、そろそろ噴火してもおかしくない時期が来ているのではないかと心配しています。


DSC_6738s
十勝岳連峰

DSC_6739s
左端に小さくトムラウシ山




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月12日

BMW K1300Sの走行距離が10,000kmに!


2021年10月9日に、K1300Sの走行距離がやっと10,000kmになりました。
K1300Sを購入して乗り始めたのが2011年6月なので、10年4カ月目の事です。
単純に計算すると、1,000km/年になります。
学生の頃は、10,000km/年以上走っていたので約1/10ですね。

10,000km走って一番変わったのが、燃費が良くなったことでしょうか。
ツーリング時に、レーザーのマフラーで20km/l超えることは少なかったのですが、最近は20km/lを超えることが多くなりました。
ノーマルのマフラーの方が燃費が良いので、もしかするとノーマルに戻せば25km/lぐらい走るかも知れません。
変わらないのは、ギアダウンする時に引っかかって、シフトが下がったままで戻らない時があることです。
これは新車時から起きていた現象で、ある程度走行距離が進めばあたりが出て馴染むかなと思っていました。
でも、未だに変わりませんね。


DSC_6743s
9ゾロですね

DSC_6744s
10,000km




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年09月03日

Kawasaki Z H2 に乗ったぞ!

弟が話題の「Kawasaki Z H2」を買いました。

エンジンの慣らしもほぼ終わったそうなので、ちょいとK1300Sとツーリングへ行き、高速道路とワインディンクロードの両方を走ってきました。


DSC_6434s



まずは、両者のパワースペックから。

Kawasaki Z H2 ('20)
排気量:998cc
最高出力:147kW(200PS)/11,000rpm
最大トルク:137N・m(14.0kgf・m)/8,500rpm
車両重量:240kg

BMW K1300S ('11)
排気量:1,292cc
最高出力:129kW(175PS)/9,250rpm
最大トルク:140N・m(14.3kgf・m)/8,500rpm
車両重量:269kg


最大出力はH2の方が25PS程高くなっていますが、最大トルクとその発生回転数にほとんど違いはありません。
実際に公道を走った場合、最大出力より最大トルクとその発生回転数の方がパワフルさを感じるところだと思います。

高速道路でK1300SからH2に乗替えたのですが、当然ライディングポジションはネイキッドのH2の方がコンパクトで、車体も軽く感じました。
コーナーもなかなか寝てくれないK1300Sと違い、H2のハンドリングは軽く、ライダーの意をくんで素直に曲がってくれますが、直進安定性も非常安定感があり良い感じです。

そして、何が一番違ったかというと、低回転時のトルクです。
K1300Sも非常にトルクフルなエンジンなのですが、それを凌駕するH2のトルク感、さすがスーパーチャージャーの威力、これはただ者ではないと感じさせられるものでした。
スピードを上げると風圧が凄くて伏せなければなりませんが、トルクでどこまでもぐいぐい加速する感覚でした。
当然ギアチェンジなどのテクニックなどは不要で、6速ホールドのままアクセルをひとひねりすれば300Km/hの世界に誘ってくれそうです。

ネイキッドなので、下道をのんびり走ってもストレスなくは走れるバイクだと思います。

少し残念だったのは、乗っている時に排気音もスーパーチャージャー音もあまり聞こえないことでしょうか。
あとは、マフラーを替えて、バックステップにすると良い感じになると思います。
ハンドルは、あえてこのままが良いかな。

最後に、メーターは、やっぱり丸形の針形式が”好き”。



DSC_6433s

DSC_6435s
Kawasaki Z H2


DSC_6436s
BMW K1300S





csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年07月14日

BMW K1300Sの電子調整式サスペンション(ESA)について

愛車BMW K1300Sの走行距離が10年目にして9,491kmとなりました。

10年も経って今更の話ですが、K1300SにはESA(Electric Suspension Adjustment 電子調整式サスペンション)という電子的にショックアブソーバの設定を、1人乗り及び2人乗りそれぞれについて3段階(COMFORT、NORMAL、SPORT)に調整する機能が付いています。

公共工事予算が激減し、北海道の道路は保守に予算が回らないのかひどい路面状態になっています。
交通量の少ない国道では、天ぷら舗装かと間違えるほど、穴ぼこだらけ、パッチだらけのひどい状態だったりしています。
観光地美瑛のパッチワークの丘ならぬパッチワークの道です。
そんな道路で威力を発揮しているのがESAです。

ESAはCOMFORTとSPORTではかなりの違いがあります。
舗装の良い高速道路などはNORMALやSPORTで問題ありませんが、整備の悪いつぎはぎだらけの国道や道道などでは、COMFORTにしないと、コツコツガクガク非常に不快いな突き上げがダイレクトに来ます。
そのような訳で、ほとんどCOMFORTにしていますが、タイトなコーナーやハイスピードコーナーでなければ腰砕けするわけではないため、私はCOMFORTで十分です。
特に、ある程度スピードに乗ったコーナー途中でピットホールや舗装のパッチなんかがあっても、COMFORTだと段差をうまく吸収してくれ、はねたりあおられたり怖い思いなどほとんどしなくて済みます。

本当は、柔らかめのスプリングをシックアブソーバで締め上げる感覚が好きなのですが、それ程スピードも出さないですし、昨今の道路事情には合わないでしょう。

いずれにせよ、ガソリン税、自動車税、重量税など車に関する高い税金を払っているのですから、道路特定財源から一般財源化されたにせよ、もう少しなんとかならないものかなあと感じます。


DSC_6006s
走行距離 9,491km

DSC_6010s
ESA COMFORT

DSC_6011s
ESA NORMAL

DSC_6009s
ESA SPORT




csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2021年07月06日

BMW K1300SのCANBusから電源を取る

K1300Sにもドライブレコーダーを付けようと思い購入しました。
電源はヒューズからとればいいかなと簡単に考えていたのですが、K1300Sのマニュアルを見てみるとヒューズがないではないですか。

そうなんです、BMWのバイクにはヒューズがないんです。
というのは、CANBusシステムで一括管理しているからのようです。

CANとは『Controller Area Network』の略称で、1本の配線で全ての電装部品をつなぎ、ネットワークを構築するため「複数の配線を一本化し軽量化と整備性の向上に貢献するシステム」のようです。

まあ、ヒューズが不要になるのは良いことなのでしょうが、なにか電装品を追加したいときはヒューズから電源を取ることができないため、非常にやりにくいわけです。

じゃあ、カーナビの電源を分岐させればいいかなと簡単に考えていました。
カーナビの電源がどこから取られているかと言うと、場所から考えるとカーナビ用だと思いますが、最初から3芯のサービスソケットがあって、そこから取っています。
そして、カーナビの電源コードを見てみるとあらかじめ2芯の分岐が出ていました。
これに合うソケットを手に入れれば解決と思ったのですが、それに合うソケットをネットでいくら探しても出てこないのです。
色々調べているうちに、カーナビの電源として使用している3芯ソケットのオスとメスが純正部品で入手できることが分かり、それから分岐を作ることにしました。

分岐作成は被覆をむいたコードはひと手間かけて半田あげしました。
このひと手間が接触不良等のトラブル防止に大切だと思っています。

で、結果はどうだったかと言いますと、ダミータンクを外すすのがめんどくさくってK1300Sにまだドライブレコーダを付けていないませんでした。

テスト結果は後日改めて報告します。


DSC_5493s

DSC_5496s

DSC_5498s

DSC_5501s

DSC_5503s

DSC_5523s

DSC_5536s
ドラレコのために、これを作成しました。




csh08ymatu at 22:32コメント(0) 

2020年06月10日

究極の不要不急の外出? 今季初めてのツーリング BMW K1300S

BMW K1300Sが車検から戻ってきました。

2011年モデルを2011年春から乗っているので、9年目に入りました。
トリップは約8500km、走行は年1000km以下でもったいないなーと思います。
事故無し、転倒無し、感覚的には80%は高速道路を走っていて、エンジンはやっと当たりが出てきた頃かも知れません。

今までは、オイルをA.S.H. FS MOTO-SPEC 10W-40を入れてましたが、今回は純正のADVANTEC Ultimate 5W-40を入れました。
オイル交換後、すぐにエンジンが滑らかになったのが分かりました。これは、A.S.H.からADVANTECに変えたためなのか、単にオイル交換したからなのかは断定できませんが、良さそうです。

でも、シフトダウン時に3rdで引っ掛かってシフトペダルが戻らないのは変わらずでした。

日曜日に午後2時過ぎからバイクで1時間ほどそこら辺を一回りして来ました。
嵐山を通って上湯内ダムを過ぎてから深川の方へ左折し、神居古潭で休憩して帰って来ました。
久しぶりの神居古潭は、晴れていたのもあってかすごい蝉の声で、旭川にもこんなにセミがいたのかって驚きでした。
それと、だーれもいないかって思ってましたけど、バイクはもちろん車で来たカップルや自転車の人など割といました。

まあ、バイクツーリングなんてものは、究極の不要不急の外出かもしれませんね。

K1300Sは装備重量が約260kgあります。
そして、前に乗っていたGSXR-1100は200kgちょっと。
もう年だから、もう少し軽いバイクが欲しいけど、先立つものが・・・


DSC_4870sBMW K1300S










DSC_4872sカムイコタン伝説マップ










DSC_4873s神居大橋
吊り橋です。
職業柄、メンテナンスの悪さが
気になりますね。







DSC_4875s魔人の足跡
(おう穴群)












csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2019年08月07日

真夏のツーリング

8月4日午後からバイクで小平の道の駅おびら鰊番屋まで、ソフトクリームを食べに行ってきました。

今回は、ソロではなくて弟と2台で走ってきました。

出発は、野暮用が済んだ午後2時、暑い盛りの時間帯でした。

取り敢えず高速道路に乗り、道央道から深川留萌道へ。
そして幌糠で降りて道道550号線を走り小平の海岸線へ抜けました。

途中、深川留萌道の秩父別辺りでバイクの温度計で35度の最高気温をマーク。

バイクで走っていても熱風でしたね。

この頃は、高速道路ばかり走っていることが多かったので、空いている一般道を走るのも良いものだなと、改めて認識しました。

おびら鰊番屋ではたくさんライダーがいるかなと思いましたが、少なかったです。
暑いからライダーも自宅待機か四輪でドライブなのでしょう。

帰りは、子供が小さかった頃よく通った道道と国道を走って帰ってきました。

バイク自体がツアラーのため、峠をひらひら走るタイプではないのですが、たまには峠も走ってみるかと思いました。

ちなみに弟のバイクはGPZ1000RX(1986,125PS)で、私がK1300S(2011,175PS)の前に乗っていたGSX-R1100(1986,130PS)と同じ年式です。
33年前のバイクとはいえ、当時は世界最速のスポーツツアラーとしてカワサキのフラッグシップモデルだけあって、高速道路を一緒に走ってもパワー不足を感じさせませんね。


DSC_4262s
















左:GPZ1000RX(1986) 左:K1300S(2011)

FB_IMG_1565064573964





























ここのソフトはミルキー味。うまいです。




csh08ymatu at 07:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
今年度で現会社を退職します。
技術士資格者を求めているコンサルの方、スカウトお待ちしています。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ