2022年09月26日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その5

カイエンのクーラント漏れの修理について説明の連絡が来ました。
購入当時からサービスの方でお世話になっていた方です。
Vバンクの間のクーラントラインのOリングが切れてそこから漏れていて、なかなか修理しにくい場所だったそうです。
以前は金属パイピングだった場所が、樹脂製に変わってきていて、クーラント漏れはまた発生する可能性はあるとのことでした。

長く預かっていたので、前回の車検時にできなかったコーティングをサービスでかけてくれたそうです。
たしかに、カイエンを受け取りに行った時雨が降っていて、随分水のはじきが良いなと思いました。
実に気持ちの良い太っ腹なサービスです。

重要な情報ですが、当然費用は掛かりますが、延長保証が15年までに伸びたそうです。
カイエンの大排気量のV8自然吸気エンジンを大変気に入っていて、なかなか手放せない私にとってはたいへんうれしいサービスです。


P1050410s




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月20日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その4

カイエンのクーラント漏れの修理が終わり、愛車カイエンが戻ってきました。
車を受け取りに行った時、いつものサービスの方が不在で、修理の詳しい説明は聞けませんでした。
また、延長保証で無料修理だったこともあるかもしれませんね。

最新型のレクサスNX350 F Sportもなかなか良い車でしたが、8年落ちでもやっぱりカイエンが良いです。
大排気量NAエンジンの良さ、ハンドリングの良さを再確認することができました。
加速時にエンジンが頑張ってる感じもないですし、どんなスピードからでもアクセルを踏めばジェントルにストレスなく加速します。
コーナーでも一旦ハンドルを切ればオン・ザ・レール、ブレーキは思ったより手前で止まる。
大型SUVでもさすがポルシェだと思いました。

カイエンだけじゃないでしょうが、一度ポルシェに乗ると次の車を探すのが大変だなと思います。


P1050408s




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月18日

LEXUS NX350 F Sport


カイエンの代車は、レクサスでした。
LEXUS NX350 F Sport(279PS)、登録令和4年7月、走行距離380kmとほぼ新車でした。

2週間、市街地、郊外、高速道路を約450km程走ったので感想を書きました。
あくまでも、450km程度走っただけの私の個人的な感想なので「違うだろ」って思う方もいるでしょうが、そこは勘弁してください。

■良い点
・Spot S+モードにするとかなり良い加速をするし足回りもしっかりする
・足回りは思ったより柔らかめで、Spot S+モードにしてもゴツゴツ感はない
・マンホール通過時のショックもそれ程気にならない足回り
・ステアリングのギアは速い(ロックtoロックが2.5回転でカイエンと同じ)
・シフトアップは非常にスムーズ(点火間引き?、シフトダウン時はブリッピングなし)
・キーを持って近づくとドアノブの内側が光る
・暗くなると前席の足元に照明が点灯
・信号が青になっても発信しないと、青になったことを教えてくれる

■良くない点(レンタカーのため解除できない機能がある)
・コーナーリングは、コーナーを攻めようとすると途中で勝手にブレーキがかかるため不明
・高速道路でもコーナーリング中はアンダー強め
・勝手なブレーキは自分の感覚と異なった動作なのでかなり疲れる(慣れの問題?)
・シートはホールドも良いが、長時間座っていると私はお尻が痛くなった(私だけ?)
・運転中左ひじがコンソールボックスに当たる(肘を掛ければ良い?)
・マニュアルモードにしてもパドルシフト時に大きめのタイムラグがある(F Sportなのに)

■好みの問題
・前の車に近づくと、かなり離れたところから勝手にブレーキがかかる
・低速トルクは太くないが、回せばパワーが出る
・ハンドリングはしっとりしていて直進性もとっても良いが、クイック感には欠ける
・少しアクセルを開けるとザラザラした排気音が聞こえる
・アクセルを大きく踏み込み回転を上げると元気な排気音に変わるがあまり良い音ではない
・Spot S+モードにするとタコメータが針式からバー表示に変わる
・Viewモニターはぐるっと一回り見せた後、車の真上からの鳥瞰になるが、表示が小さく前後左右の距離感が分かりにくい
・タイヤはブリヂストンALENZA001 235/50R20


DSC_7647s

DSC_7648s

DSC_7665s

DSC_7662s

DSC_7664s

DSC_7679s

DSC_7680s
Sport S+ モード時

DSC_7712s
横置きですね




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月08日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その3


カイエンのクーラント漏れの原因が判明しましたと連絡が来ました。

サーモスタット取付部分のパッキンからの漏れだそうです。
エンジン本体に問題がなさそうだったので一安心しました。
部品も日本にあるため、それほど時間がかからずに修理が完了するようです。

昔の車のサーモスタットは、ラジエターキャップを兼ねていたため交換は簡単でしたが、最近の車のサーモスタットは、エンジン本体に取り付けられているため手間がかかるようです。

ちなみに代車は、LEXUS NX350 F Sportでした。
後日、試乗記を書いてみたいと思います。

DSC_7602s





csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月02日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その2


「テンケン クーラントレベル」のメッセージが出てから、クーラント2L、水4Lを補給しましたので、なんだかんだで6L程漏れていると思われます。

カイエンのクーラント漏れの修理の入庫予約はしてありましたが、札幌のポルシェセンターまで自走するつもりだったため、休日の予定が埋まっていた関係で2週間ほど通勤に使っていました。
しかし、どうもそれも無理になってしまいました。

当初は「テンケン クーラント」が出ている時の信号待ちなど、停車中(アイドリング中)だけ水温が上がっていて、走行し始めるとすぐ水温は下がっていました。
しかし、昨日からメッセージが消えている時でも、走行中に水温が110゚Cを超えて電動ファンがガンガン回り始めるようになりました。
それも、通勤時の距離3.5km、時間にして15分ほどの間にです。
信号待ちは当然メーター振り切りの123゚Cです。
帰りは無事自宅までたどり着けるかドキドキしました。

これでは札幌どころか通勤に使うのも無理というかエンジンすらかけていません。

そのようなわけで、ポルシェセンターに電話して搬送してもらう事にしました。

車検毎にポルシェロードアシスタンスの料金を払っていたので、もちろん無料です。
ポルシェセンターから代車(国産レンタカー)を積んで自宅に来て、カイエンと積み替えしてとかやってもらえるので、やっぱり入っていて良かったと思いました。
任意保険のロードアシスタンスはそこまではしてくれないと思いますので。

今まで所有してきた車の中でクーラント漏れも初体験ですし、水温が上がってドキドキしたのも初体験です。

さて、何時修理が終わるのか気になるところですが、原因は何なのか結構興味もあります。


DSC_7603s




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年08月24日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」


「ポルシェは日本車に比べてもトラブルの少ない車だと思います」と先日ブログを書いたばかりなのに、今朝、出勤のためにエンジンを掛けると初めて見るエラーが表示されました。

テンケン クーラントレベル

そして、信号待ちでしばらくアイドリングで停車していると水温計が上がりました。
水温は「123゚C」と表示されています。
これはなんかやばいな。

ネットで調べてみると、前期型(955)のカイエンにはクーラント漏れが多かったようですが、後期型(958)はそれほどでもなさそうでした。

しかし、エラーが出たのですから知らない顔は出来ません。

「テンケン クーラントレベル」表示のまま札幌まで行くのは危険極まりないと思われるので、とりあえず純正と同じ赤色のクーラントを買って来て補充してみようと思います。

退社後、自宅にカイエンを置いて、アリオンでクーラント(ピンク)を買いに行きました。
クーラントの補充は、取扱説明書に書かれているので、それに従いました。
「エンジンが熱い時はリザーバーのキャップを開けないでください」と書かれているため、少しでも早く冷えるようにとボンネットを開けておきました。
2時間程してからキャップを開けクーラントを補充しました。(写真撮り忘れ)
取扱説明書に書かれているAラインまで補充すると、約1.5L程入りました。

取りあえず「テンケン クーラントレベル」のワーニングは消えましたが、これでしばらく様子を見て、減らないようであれば、自走して点検に行ってこようと思います。
もし、またすぐ警告が出るようであれば、搬送するしかないかなあ。

そろそろ、あちこち壊れて修理費がかかるようになるのでしょうか。


※追記
翌朝、車庫の床を見てみると、エンジンの下が湿ってました。
明らかにクーラントが漏れているようです。
やっぱ、修理が必要ですね。


DSC_7602s
メッセージ

DSC_7603s
信号待ち時の水温!

取説
クーラントのリザーバータンクの位置
ラインは非常に見にくい

DSC_7604s
車庫床面のクーラント漏れの跡




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年08月04日

カイエンSが8年で走行距離6万km超えました

今までにガソリン、ディーゼル、NA、ターボ、セダン、RV等、色々なメーカーの車を10台以上所有して来ました。

A社(すべて新車購入)
・ディーゼルNAのRVは新車時からエンジンのかかりが悪く、厳冬期にはエンジンがかからず会社に送れることもありました。
・ディーゼルターボのRVは2台所有しましたが、2台ともほぼ5年7万km前後で、タービンや燃料系のトラブルが起こりました。
・ディーゼルターボのセダンは8年10万kmで白煙モクモクとなったエンジントラブルがありました。
・ガソリンNAのセダンは3台所有し、20年10万km、13年7万km、8年5万km(所有中)走行しましたが、いずれもエンジン本体のトラブルはありませんでした。

B社(すべて新車購入)
・ディーゼルターボのRVを2台所有しましたが、いずれも10万km程度までエンジンのトラブルはありませんでした。

C社(中古5万km)
・ガソリンNAのRVは息子が乗っていて、購入後1万kmですが雨漏り(アメ車だからね)以外は今のとこトラブルはありません。

この中で、当たりが悪かったとディーラーも認めた車もありましたが、総じて言えばガソリンNAはトラブルが少ないと感じます。

現在所有しているカイエンSは、ガソリンV8NAで、イグニッションコイル不良等はありましたが、基本的にエンジン本体のトラブルはありません。

実は、いくらドイツ車が丈夫とはいっても、通勤にも使用しているため、日本車に比べたらエンジン本体の故障もあるだろうと覚悟していましたが、今のところ全く問題はありません。

今までに、トランスファー交換(2回)、メーター交換、イグニッションコイル交換(2回)、ドアロック解除できないなどのトラブルはありましたが、全て延長保証で修理できました。

やっぱり、通勤などのちょい乗りがあるとガソリンNAが一番トラブルが少ないですね。

ポルシェは日本車に比べてもトラブルの少ない車だと思います。


DSC_7481s



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月24日

「Changer F6」という中華のドライブレコーダーが不良品だった件


アリオンに付けていたドライブレコーダーの吸盤部がダメになったため、前後カメラとGPSの付いたドライブレコーダーを買いました。

このドライブレコーダーは、フロントが吸盤、リアが両面テープ仕様です。
両面テープでフロントガラスに張るのが嫌なため、吸盤仕様にしました。

早速取り付けてセッティング、動作確認、問題なし。

しかし、暫くするとフロントカメラが取れました。
フロントガラスに汚れがあったのかなと、磨いて再度取り付け。
やはり、暫くするとはがれてしまいます。

吸盤を良く見ると、放射状に一筋傷が入ってるのと、中央部にひび割れがありました。
中央部のひび割れはセメダインXでカバーしましたが、傷の方はどうしようもありません。

取りあえず、自宅の室内のガラスに張り付けてみたところ、やはり10分ぐらいで取れました。

ここから先は時系列を追って書きます。

2022.06.19 送信:→、返信:←
→すぐ取れるため吸盤の傷が原因ではないかと、傷入の吸盤の写真を添付して、メーカーに問い合わせる
←傷は関係なく、付属の「静電フィルム」を使っていないためだと、取付写真が添付されて来た(※添付写真は吸盤ではない)
→「静電フィルム」は付属していなかったことと再度傷の写真を添付
←箱の中を探してもなければ「静電フィルム」を送るので送付先を教えてくれれば送る
→「静電フィルム」がないことと送付先をメール

※大体において、送られてきた写真は吸盤じゃないし、「静電フィルム」なるものは付属していないし、取扱説明書にもそんなものが付属していると書かれていません。

2022.06.20 送信:→、返信:←
←「静電フィルム」出荷したので7-10日後に到着する予定

2022.06.21 送信:→、返信:←
→追加で購入したもう一台が届いたが、やはり「静電フィルム」は入っていないため、もう一枚送付するよう依頼
※証拠のため開封時の動画を撮影

2022.06.22 送信:→、返信:←
→追加購入したものは吸盤に傷がなく、直接フロントガラスに張って12時間以上取れないため、傷が原因であると考え、傷のない吸盤部を送るように依頼
←「静電フィルム」出荷したので7-10日後に到着する予定 (※かみ合わなくなってきた)
→粘着テープを張りたくないため吸盤仕様を購入したので「静電フィルム」が粘着テープではないか質問
←分かりました。 (※解答は無し、やはりかみ合わない)
→「静電フィルム」は糊の付いた粘着シールなのか教えて欲しい
←「粘着フィルム」の使い方をYoutubeで見るように (※解答は無し、ますますかみ合わない)
→使い方ではなく粘着シールなのか教えて欲しい
←(原文のまま)「これはのりのフィルムではありません!!!」 (※やっと回答が来たが、逆切れかよ)
→「静電フィルム」がなくても吸盤に傷ありがはがれて、傷なしがはがれないのは疑問だが、粘着シートではないことは分かった
←(↓原文のまま)
新しく購入した商品は到着しましたか?
設置に問題がありますか。
静電フィルムは確認しましたか?
台座にご迷惑でしたら、新しいGPS台座を交換することができます
※新しい製品が届いて静電フィルムも付属していないし、フィルム無しでもはがれないとメールしてるだろ!
→静電フィルムは入ってないし、新しいものは24時間経過後も取れていない。交換して欲しい。
←送付先を教えて欲しい (※またかよ)
→送付先をメール
←今日出荷します。7-12日以内に到着する予定です。
※「7-10日以内」から「7-12日以内」に伸びたぞ、何故だ?キャンセル期限切れ狙いか?

やっと交換にありつけたようですが、物が来るまで信用できませんね。
12日以内であれば、最悪でも7月4日には届くはずです。
いずれにしても返品期日に間に合わなければ返品します。
ここまで頑張ったのは、買ったは良いけど使えないゴミになってしまうのは勘弁ですからね。
今考えると、スパッと返品した方が時間もかからず、メールでの嫌な気分もなかったし良かったと思います。

中華製品を買うときは、トラブル覚悟のうえで購入してくださいね。

アマゾンの場合は、返品が割とやりやすいので、初期不良は迷わず返品することをお勧めします。

ちなみにあちらのメールアドレスはフリーメールでした。
おいおい。


71k6dH6AKfL._AC_SL1500_s
これが購入ページにある画像

DSC_7302s
傷のある吸盤

DSC_7303s
逆側

DSC_7301s
傷のある吸盤のアップ
これじゃあ負圧抜けるわ

静電気シールで
静電フィルムを使えと送って来た写真


※追記 2022.07.01
返品期日前に吸盤台座と静電フィルムが届きました。
静電フィルムはともかく、吸盤台座も茶封筒に裸のまま入れられていました。
吸盤は当然変形してました。
取りあえず自宅の窓に吸盤台座を付けてみたところ、取れることはありませんでしたので、まずは良しとしましょう。
吸盤に傷のある台座は、静電フィルムを張り付けてみても、やかり10分程度で取れてしまいました。
静電フィルムの上から取り付ければ剥がれないという話は何だったんでしょうかね。



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月20日

カイエンのタイヤを「ピレリ P ZERO」に替えました


今までにはいたタイヤは、当初から付いてき「ヨコハマ ADVAN Sport」、「ミシュラン LATITUDE SPORT」、そして今回は「ピレリ P ZERO」です。
いずれもポルシェ公認のNタイヤです。

カイエンに履いていたミシュラン LATITUDE SPORTは舗装の轍にハンドルが取られるようになり疲労度も高いし、何より危険なため、ピレリ P ZEROに替えました。

交換して自宅に帰るまでの10分ほどの間ですが、ほとんどハンドルが取られなくなりましたが、マンホールや舗装の継ぎ目などを超える時にタイヤの固さを感じました。また、タイヤの走行面を触った感じも固く感じました。これは、重量級のSUVを高速走行させた時の、対摩耗性を考えたことだと思われます。

翌日、200km程一般国道と郊外のワインディングロードをドライブした感想です。

・摩耗が進んだミシュランに比べ止まりが良いと思う(ブレーキが良く効く)
・舗装轍にハンドルが取られない(新しいので当たり前か)
・舗装の継ぎ目などのコツコツ感はミシュランよりは感じるが、ヨコハマと同等かも知れない
・乗り心地はヨコハマとミシュランの中間
・ハンドルのクイック感はヨコハマは強かったが、ミシュラン同様あまり感じない
・コーナーは弱アンダーのままオンザレールで非常に気持ちよくコーナーリングができる
・ロードノイズについては、カイエン自体の遮音が良いこともあってか、通常走行では気になることはありません


以上、バランスの取れた非常に良いタイヤだと感じました。
・クイックなハンドリング、スポーツ性を求めるのであれば「ヨコハマ ADVAN Sport」
・乗り心地など快適性を求めるのであれば「ミシュラン LATITUDE SPORT」
・総合的なバランスを求めるのであれば「ピレリ P ZERO」
と思います。
好みもありますが、カイエンユーザーにはお勧めです。

ちなみに詳細な費用をここで書くのは止めておきますが、それなりにかかりました。
情報が欲しい方は、メールでお尋ねください。


DSC_7291s
トレッドパターン

DSC_7295s

DSC_7296s

DSC_7297s
サイズ

DSC_7300s
去年製造のタイヤでした




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月01日

ヨコハマ ADVAN Sportとミシュラン LATITUDE SPORTの違い


カイエンの夏用タイヤは、購入時はヨコハマのADVAN Sportで、現在はミシュラン LATITUDE SPORTをはいています。
いずれもポルシェ指定のNタイヤです。
ミシュランも摩耗してきて、摩耗時の両者のタイヤの違いが見えてきました。

【ヨコハマ ADVAN Sport】
‐茲蠖潅:固く、路面の凹凸を拾いコツコツする。
▲魁璽福璽螢鵐:重い車重にも負けず、腰砕けはない。サイドウォールは固そう。
A行音:高速道路でも特に気になるレベルではない。
に猝彁:晴天時、雨天時のブレーキの効きの変化は少なく、アスファルトの轍にもハンドルは取られない。
ヂ儺彑:かなり減りが早く、走行約1.5万km(ODO 約2.7万km)程度でスリップサインぎりぎりで浅いトレッドはなくなった。

ヨコハマ
ヨコハマのADVAN Sport


【ミシュラン】
‐茲蠖潅:柔らかく、横浜に比べコツコツ感は少ない。
▲魁璽福璽螢鵐:思い車重にも負けないが、横浜に比べるとタイヤの寄れが感じられる。サイドウォールは柔らかそう。
A行音:高速道路でも特に気になるレベルではない。
に猝彁:それ程摩耗はしていないが、晴天時、雨天時のブレーキの効きが落ちたように感じ、アスファルトの轍にかなりハンドルが取られるようになり、しっかりハンドルを握っている必要がある。
ヂ儺彑:ヨコハマより摩耗は少なく、走行約2.0万km(ODO 約6.0万km)程度でもスリップサインに余裕がありトレッド面はほぼ変化なし。

ミシュラン
ミシュラン LATITUDE SPORT


【総評】
峠などでタイトコーナーを攻めても、両方のタイヤとも悲鳴を上げることはほとんどなく、雨天時に轍に雨が溜まっていても、常識的な速度では両タイヤとも不安を感じることはない。
乗り心地はミシュランが上だが、摩耗時の安定感とグリップ感減少の少なさはヨコハマの方が上だと感じる。
同乗者にとっては、ミシュランの方が快適だと思われる。
サーキット走行はせず(カイエンでサーキット走行は少ないと思われるが)、街乗り、高速道路、国道等でのドライブがメインと考えた場合、タイヤの差は好みの問題だと思われる。
ただし、摩耗していなければの話。
ミシュランはスリップサインだけを見ると来年も問題なく使えそうだが、アスファルト道路に轍があり、その轍にハンドルが取られるのは長距離ドライブをする時、絶えずハンドルを抑えていないとならないためかなり疲労する。
ただし、轍はスタッドレス走行期間が長い北海道特有かも知れない。

そのような訳で、ミシュランは今季限りにして、来年は新しいタイヤを買おうと思います。

カイエンに合う275/45R20のNタイヤは、次の3種類があります。
・ヨコハマADVAN Sport
・ミシュラン LATITUDE SPORT
・ピレリ P ZERO

その他としては、最近、ブリヂストン ALENZA 001もサイズが出ましたが、Nマークはついていないため、やはりポルシェの認めたNタイヤから選びたいと思います。
現在の第一候補は、カイエンでは未経験のピレリにしようかなと思っています。




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
今年度で現会社を退職します。
技術士資格者を求めているコンサルの方、スカウトお待ちしています。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ