2021年08月03日

ドアパンチされてしまいました

まず最初に「トナラー」と名付けた方に拍手を送ります。

実に見事な命名だと思います。

そして「トナリング」

これも素晴らしい命名だと思います。


さて本題です。

愛車カイエンSがトナラーによって、左側後ドアをドアパンチされてしまいました。

最悪です。


普段は極力スーパーの駐車場など、ドアパンチされそうなところにはカイエンでは行かないのですが、たまたまドライブに出かけた帰り道に良く行くスーパーがあったため、わざわざ自宅に帰ってから車を変えて出かけるのも億劫だし、まあいいかと駐車しました。

当然、入り口から離れていましたが車が駐車していないところを選び、回りに駐車している車もなくポツンと1台になるように駐車したのは言うまでもありません。

買い物から戻った時にはトナラーはなく、その時は既に日が暮れていたためドアパンチに気が付いたのは翌日でした。

スーパーでドアパンチ発見までを箇条書きにしてみました。

.疋薀ぅ屬帽圓前日の夕方に洗車した時、ドアパンチはなかった。
▲后璽僉爾亡鵑訥樵阿傍詭した時、ドアパンチはなかった。
5宅後、すぐ車庫に入れた。
ね眛、車庫から出した時、ドアパンチ発見。

と言う事は、△離疋薀ぅ屬竜△蠅竜詭後、い離疋▲僖鵐舛傍い付く時までの間と言う事になります。
自宅では車庫に入れているため知らない間にドアパンチされることはあり得ません。
消去法で考えると「スーパーでトナラーに寄るドアパンチの被害を受けた。」ということになります。
ドライブレコーダーは停車中も衝撃あった場合録画が開始されるはずなのですが、残念ながら記録は残っていませんでした。


心理学に素人の私がトナラーの心理を考えてもしょうがないので、それは専門家に任せるとして(トナラーの心理についてはネットで色々見つかります)ドアパンチされた場合、どのような問題があるか考えてみたいと思います。


“駘僂掛かる。(車両保険を使っても保険料が上がる)
直したから良いではない。(なかったことにはならない)
オリジナル塗装ではなくなる。(ポルシェなどは「再塗装箇所なし」に価値がある)


修理費用とオリジナル塗装でなくなるという「Wの悲劇(古いか)」というダブルパンチです。
まだ、修理の見積もりも取っていないのですが、どうしたものかなと思案しています。


カイエンではありませんが、過去に駐車中に5度ぶつけられました。2度は当て逃げ、2度は現行犯、1度は犯人不明でしたがディーラーで修理中だったためディーラーに直してもらいました。

1度目:
初代ビッグホーンイルムシャーで、ボディ、ストップランプ類、バンパーなど右後部角をがっつりやられました。

2度目:
同じく初代ホーンイルムシャーで、助手席側のフロントフェンダーとフロントドアの両方にかけてドアが開かなくなるほどやられました。

3度目
:2代目ビッグホーンイルムシャーのエンジン修理から帰ってくるとドアが凹んでいた。修理が終わりいすゞの駐車場に置いてあった時、客がぶつけたと思われますが、いすゞが修理してくれました。

4度目:
2代目ビッグホーンイルムシャーの車検時の代車のビッグホーンに乗っている時、吹雪の国道で正面衝突の第一発見者になり人命救助と交通整理をするため国道脇に停めていたところ、スイッチターンしようとした車がバックで代車にぶつけそのまま行こうとしたのを見ていたので、走って行ってその車を停めて修理してもらいました。

5度目:
ランドクルーザープラドで、狭い道で駐車中の工事中の2トンダンプとのすれ違い時にダンプのドアが急に開いてドアパンチされました。この時は、運転手が行け行けと合図したため、すれ違おうとした時、ダンプのドアが開いてぶつかったのですが、運転手はそのまま行けと言うのですが、冗談じゃないと警察に届けて修理してもらいました。

ドアパンチも当て逃げもいやなものですね。
今思い出しても気分が悪くなります。


スーパーで黒のSUV(カイエン)にトナリングしてドアパンチした方は、連絡ください。

と言うより、ドアパンチして逃げる方は自分がドアパンチされても平気なんでしょうかね。

この件に限らず、わざとドアパンチする方はいないと思いますので、せめて正直に申告しましょうよ。


DSC_6017s

DSC_6035s




csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2021年07月22日

ポルシェ カイエンS 55,555km

カイエンSの走行距離が55,555kmになりました
今年の3月に3回目の車検でだったので約7年3カ月で走った距離です。

7年55,555km走っても色々な感動を感じさせてくれる車です。

メーターの写真を撮るのに国道から脇道に入り、少し走って5ゾロの写真を撮り目的達成。

DSC_6033s
トリップもそろえれば良かったな


カーナビの指示ではUターンではなく少し先に戻る道を行けとなっていました。
カーナビの言う通りっと走って行くと、道路標識にもあった春日青少年の家と言う施設があり、その先に「高さ制限2.0m、最大幅2.3m」のJR函館本線をくぐるボックスカルバートがありました。
カイエンの幅はミラーをたたむと約2.0m、高さは約1.8mぐらいだったはずだから十分通れるなと、TVでもこんなシーンを見たことあるなと思いながら、ミラーをたたんでゆっくりと通り抜けました。

※春日青少年の家
昭和48年3月に廃校した春日小学校舎を有効転用を図った、青少年の健全育成を目的とした野外活動施設だそうです。

旭川市, 北海道 - Google マップs
Google Mapより

DSC_6034s





csh08ymatu at 00:00コメント(0) 

2021年06月22日

トヨタアリオンのタイヤを新調しました

アリオンの新車装着時のタイヤは、プリウスにも使われていたグッドイヤーGT3でした。
このタイヤは、新車に装着されているだけあって、グリップ、直進性能、乗り心地など、特に文句のないタイヤでした。

アリオンの走行距離も5万kmを超え、スリップサインはまだ出ていないものの、浅い溝が無くなりつつあり見た目が減って来ていたため、ダンロップLeMans垢妨魎垢靴泙靴拭
サイズは、195/65R15で変更はしていません。
このタイヤは、なかなか評判の良いタイヤで、タイヤショップでもお勧めのタイヤでした。

走り始めてすぐ、ころがり抵抗が減ったのがすぐわかりました。
アクセルオフにした時に、実に抵抗なく滑べるように進んでいきます。
燃費も市内で約1km/lくらい良くなったように思います。
なかなかどうして、タイヤも随分進化しているんだなと思いました。

そして、タイヤを変えてから2カ月ほど経ち、市内だけじゃなく郊外なども走ってみて、グッドイヤーGT3との違いが色々分かってきました。

GT3と比べると、直進している時やコーナーリング中に落ち着きがないというか、安定感が悪くなったように感じました。
また、けっしてグリップが悪いと言うわけではないのですが、グリップ感も乏しくなったように感じました。
そして、路面状況の伝わり方も少なくなったように感じます。
走行音は、荒れた路面を走ると決してうるさくはないのですが、ボンボンとゴムをたたくような音がします。
逆の言い方をすると、ハンドリングがクイックに引き締まったタイヤで、路面からのストレスを感じにくいタイヤともいえます。

LeMans垢鬟優奪箸把瓦戮襪箸なり高評価されていのですが、内容を読んでみると、同じことでも人それぞれ捉え方が違うんだなと思いました。

アリオンは、基本的に市内でのお買い物や移動に使う車なので、燃費が良くなるのが一番良かったのかも知れません。

ちなみに空気圧は指定どおりにしています。


DSC_5969s


DSC_5967s


DSC_5968s





csh08ymatu at 22:31コメント(0) 

2021年03月14日

ポルシェ カイエンS 4回目の車検

カイエンの車検が上がったので、先日取りに行ってきました。

今回の車検では特に一般的な交換部品以外はありませんでしたが、気になることが2点ほどありました。
.椒妊ーコーティングのメンテナンスを依頼していたのに行われていない。
11月にオイル交換したのでオイル交換不要と伝えたのにオイル交換されていた。

,賄初見積もりの依頼事項に書いてあったんですけどね。
△禄颪い討覆ったので口頭で伝えました。
今までこのようなことはなかったのに、どうしちゃったんでしょうか。
△離イル交換は、1750km程しか走っていないのですが、早めにオイル交換することは悪いことはないので良いとしましょう。
しかし、,離椒妊ーコーティングは少しがっかりです。
ただ、コーティングの掛け直しではないので磨きが入るわけではないのため、メンテナンスキットもありますので、撥水が悪くなった部分は自分でメンテナンスしようと思います。

さて、料金ですが何だかんだで総額50万円越えました。
いつものことですが、延長保証が25万円程なので、この負担が大きいです。
でも、トランスファー、メーター、イグニッションコイルなどの修理が保証内で賄われているので、外すわけにはいかないですね。
しかし、この延長保証も10年までなので、9年目となる次の車検時にカイエンを手放すかどうかの究極の判断をしなければならないと思っています。

悩むところです。

DSC_1361s





csh08ymatu at 03:00コメント(0) 

2021年02月08日

ポルシェ・カイエンSに警告表示が! その後


・コショウPSM
・スタート/ストップキノウシヨウデキマセン

上記の警告表示が出ていた件について、カイエンの修理をしました。

結果から言いますと、点火エラーが残っていた4番と8番の2つのイグニッションコイルを交換しました。
イグニッションコイル交換は、以前と同様の修理です。
延長保証に入っていたので無料でした。
延長保証入っていてよかったと実感する瞬間です。

カイエンの走行距離も53,000kmを超え、イグニッションコイルを交換するついでにプラグも交換しました。
その他7年使用したバッテリー(容量57%に減)と拭きが悪くなっていたワイパーブレードも交換しました。
しめて、値引き込み税込みで156,000円でした。
サービスの方がエンジンストップが付いている車のバッテリーは高いんですよねと言っていましたが、バッテリー本体と工賃で10万円弱でした。
バッテリーは助手席下にあるためシートを取り外して交換なので、色々調べたら自分でもできそうですが、専用工具も必要のようなのでお任せしたほうが間違いないと思いました。

プラグを交換してエンジンのフィーリングがどの程度変わるか期待していたのですが、思ったより変わらなかったです。
ということは、まだしっかりスパークしていたのでしょう。

カイエンは(ポルシェは)、冷間時にエンジンをかけた時、自動でブリッピングが入ります。
その後のアイドルアップ時に少しの間だけ大きな排気音がして、アイドルアップのまま排気音が落ち着きます。
その大きな排気音が綺麗になりました。
そこが変わった点です。

でもプラグは消耗品ですから、問題発生前に交換が良いと思います。



csh08ymatu at 19:00コメント(0) 

2021年01月21日

ポルシェ・カイエンSに警告表示が!


1月に入ってから、エンジン始動時のブリッピングのあとのアイドルアップ時にバラついたような排気音がして、一作年の12月に出た症状の時と同様の、以下のメッセージが出ました。

・コショウPSM
・スタート/ストップキノウシヨウデキマセン

そして、メッセージが出たのが昨日で3回目だったので、ポルシェセンターで見てもらうことにしました。

この様な症状は、2017年1月、2019年12月、2021年1月と冬期に3回出ています。
前回2回は、いずれもイグニッションコイルの交換をしています。

パナメーラとカイエンのイグニッションコイルが同じものらしく、両車種ともイグニッションコイルの不良が多いようです。

いずれも症状とメッセージ(今回はチェックエンジンは出てない)は同じような感じなので、依然と同様にカブリもしくは失火かなと思いますのでエンジンストップに陥ることはないと楽観視してます。

ただ、街中でエンジンストップになるのであればまだ良いですが(良くないけど)、ドライブなどで地方に出かけている時、特に峠などでエンジンストップすると厳冬期なので生死にかかわるなと思います。
そういえば、「エンスト」なんて随分聞いたことがないですね。
今どきの車はエンジンがストップすることも少ないでしょうし、死語に近いのでしょうか。

今回警告表示の写真は撮影していないので(ちょっと慣れっこになった)、写真は前回故障した時の物です。

現在の走行距離は約52,000kmです。
冬期の凸凹した雪道でドアの内張などがガタガタいうのは慣れちゃいましたが、流石に走行系の問題は慣れませんね、というか慣れちゃダメですね。

下の写真は、2019年12月の時のものです。

36fe01a7s

5c41d2d2s




csh08ymatu at 07:30コメント(0) 

2020年12月29日

ポルシェ・カイエンSのオイル交換しました。7回目

今回でオイル交換が7回目になります。

オイル交換は、いつもの通りポルシェセンターで行いました。

6回目に交換してから約1年、トリップメーター約52,000kmでのオイル交換です。

前回は約44,0000kmで交換しているので、約8,000km走行したことになります。

8,000km走行時のオイルレベルは、maxからminまでが4分割されているうちの2目盛り下がっていました。

オイル交換後はやはりエンジンフィーリングが実に滑らかになりますね。

カイエンSのオイル交換の頻度については、ネット上では2年30,000kmとも言われていますが、日本のマニュアルには特に書かれていません。

カイエンS購入後、5,000km走行時にオイル交換をお願いした時、新車5,000km走行時にオイル交換する人はあまりいませんね、でも1年に1度はオイル交換してくださいねって言われたぐらいです。

エンジンオイル/フィルター交換工賃 13,200
SEALING LING  OIL FILTER   1,595
OIL-FILTER INSERT   5,005
SEALING RING      297
ENGINE OIL(SJ / 5W-50) 9.5L 29,260
値引き     375
合計 49,000(税込み)


DSC_5573s
これは、オイル交換後です。
交換前は2メモリ下がってました。


※2021.01.15追記
オイル交換頻度について、英語で調べてみました。
アメリカのPSでは「10,000マイルまたは1年ごと」を推奨しているところと「20,000マイルまたは2年ごと」を推奨しているところがありました。
いずれにしても1年に1度は交換したほうが良さそうです。



csh08ymatu at 18:39コメント(0) 

2020年10月06日

カイエンからリアゲート開いてますよ


先日、カイエンのマルチファンクションディスプレイに初めて見るメッセージを2つ見ました。

もう5年以上も乗っているのに、まだ見ていない故障以外のメッセージがあったんですね。

どんな時に表示されたかと言いますと写真とともに説明します。


DSC_5457s
トランク(取扱説明書での名称はリア・リッド)
リア・リッドを開けたまま移動しようとした時かも
(リア・リッドは電動のため普通は半ドアにならないので)


DSC_5277s
ギアレバーヲPポジションヘソウサシテクダサ(イ)←イがない
ギアレバーをPの位置にしないでキーを抜き取ろうとした。




csh08ymatu at 12:30コメント(0) 

2020年09月08日

ポルシェ・カイエンSに初めて見る警告表示が!


DSC_5277s
「ギヤレバーヲPポジションヘソウサシテクダサイ」


上記のような警告メッセージが表示されました。

始めてみるメッセージだったので、何が起きたのかと一瞬パニクりました。

結局、このインジケータの警告メッセージは、乗車後に半ドアと気が付かずにギアをバックに入れた時に表示されたものでした。

しっかりドアを閉めなかったのが悪いのですが、最近、カイエンの運転席のドアの閉まりが悪くなってきていたのも一因です。
今までは軽く閉めるとドアの重みで締まっていたのですが、半ドアになることが多くなりました。
強風であおられたこともありませんし、特にドアの開け閉てで無理をしたこともありません。
もしかすると、何らかの原因でドアが下がってきたのかも知れませんので、今度ポルシェセンターに行ったときに見てもらおうと思います。

カイエンを新車で購入してから6年目(約5万km)なので、そろそろ初めて見る警告メッセージが出始める頃かも知れませんね。

 

csh08ymatu at 12:26コメント(0) 

2020年03月13日

カイエンSのギアポジションインジケータにトラブル発生 その5 (代車はマカン)


カイエンSが12か月点検の時期になり、それと合わせてギアインジケータ不良のメーター交換のため、ポルシェセンター札幌へ行ってきました。

札幌までの高速道路が久々の完全ドライだったので加速ランプで景気よく加速すると、フロントの方からブルブルとハンドルに振動と異音が出て、なんじゃこりゃとなりました。
点検で見てもらうと、原因はトランスファーの不良のようで、交換することになりました。
予定では、土曜日入庫で12か月点検とメーター交換して、日曜日の夕方に取りに行くはずでしたが、トランスファーも交換というわけで、引き取りは1週間後となりました。
トランスファーは、初めての車検時にも交換してるんですよね。
もしかすると、カイエンのウイークポイントなのかも知れません。

いつもだと代車は国産のコンパクトカーなのですが、今回はマカン('19モデル3000km程)で2Lターボ(252PS)でした。
ボンネットを開けると思ったよりコンパクトなエンジンでした。
普通に街中を走行しているときは、トルクが細いなっていう感じがします。
V8-4.8Lのカイエンと比べてしまうのが間違いなのでしょうけど。
2.0Lターボはアクセル全開にして、ワンテンポ遅れますが、フルブーストがかかり始めるとなかなか良い加速をします。
実にターボらしい加速で0〜100km/hのタイムは6.7Sを足します。しかし私の所有するカイエンS(5.9S)より若干遅いようです。(当たり前か)

マカンもポルシェの例にもれず、エンジンを始動した時にブリッピングしますが、時代のためか直4-2.0LのためかV8-4.8Lのような迫力はないものの、さあ走るぞって気分にさせてくれます。
燃費は、高速では12km/Lを超えそうです。
高速安定性は、カイエンより30cmほど短いためか、マカンの味付けなのか解りませんが、カイエンに比べるとどっしり感はあまりありません。
幅はカイエンより6cmほど狭く、ミッション部分の張り出しで左足側が狭いです。
あとは、今どきの車だけあって、色々電子的な機能が付いてます。
高速道路では、手放しでも車線に合わせてカーブでも走りますが、しばらくするとハンドル掴めって警告音で脅されます。
手の冷たい私にとって、とってもうれしいのがハンドルのグリップヒーターです。これはぜひ付けたいと思いました。

なんだかんだ言っても、ポルシェはいい!


DSC_4773sDSC_4782s










DSC_4774sDSC_4776s










DSC_4779s





















csh08ymatu at 07:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ