2022年06月24日

「Changer F6」という中華のドライブレコーダーが不良品だった件


アリオンに付けていたドライブレコーダーの吸盤部がダメになったため、前後カメラとGPSの付いたドライブレコーダーを買いました。

このドライブレコーダーは、フロントが吸盤、リアが両面テープ仕様です。
両面テープでフロントガラスに張るのが嫌なため、吸盤仕様にしました。

早速取り付けてセッティング、動作確認、問題なし。

しかし、暫くするとフロントカメラが取れました。
フロントガラスに汚れがあったのかなと、磨いて再度取り付け。
やはり、暫くするとはがれてしまいます。

吸盤を良く見ると、放射状に一筋傷が入ってるのと、中央部にひび割れがありました。
中央部のひび割れはセメダインXでカバーしましたが、傷の方はどうしようもありません。

取りあえず、自宅の室内のガラスに張り付けてみたところ、やはり10分ぐらいで取れました。

ここから先は時系列を追って書きます。

2022.06.19 送信:→、返信:←
→すぐ取れるため吸盤の傷が原因ではないかと、傷入の吸盤の写真を添付して、メーカーに問い合わせる
←傷は関係なく、付属の「静電フィルム」を使っていないためだと、取付写真が添付されて来た(※添付写真は吸盤ではない)
→「静電フィルム」は付属していなかったことと再度傷の写真を添付
←箱の中を探してもなければ「静電フィルム」を送るので送付先を教えてくれれば送る
→「静電フィルム」がないことと送付先をメール

※大体において、送られてきた写真は吸盤じゃないし、「静電フィルム」なるものは付属していないし、取扱説明書にもそんなものが付属していると書かれていません。

2022.06.20 送信:→、返信:←
←「静電フィルム」出荷したので7-10日後に到着する予定

2022.06.21 送信:→、返信:←
→追加で購入したもう一台が届いたが、やはり「静電フィルム」は入っていないため、もう一枚送付するよう依頼
※証拠のため開封時の動画を撮影

2022.06.22 送信:→、返信:←
→追加購入したものは吸盤に傷がなく、直接フロントガラスに張って12時間以上取れないため、傷が原因であると考え、傷のない吸盤部を送るように依頼
←「静電フィルム」出荷したので7-10日後に到着する予定 (※かみ合わなくなってきた)
→粘着テープを張りたくないため吸盤仕様を購入したので「静電フィルム」が粘着テープではないか質問
←分かりました。 (※解答は無し、やはりかみ合わない)
→「静電フィルム」は糊の付いた粘着シールなのか教えて欲しい
←「粘着フィルム」の使い方をYoutubeで見るように (※解答は無し、ますますかみ合わない)
→使い方ではなく粘着シールなのか教えて欲しい
←(原文のまま)「これはのりのフィルムではありません!!!」 (※やっと回答が来たが、逆切れかよ)
→「静電フィルム」がなくても吸盤に傷ありがはがれて、傷なしがはがれないのは疑問だが、粘着シートではないことは分かった
←(↓原文のまま)
新しく購入した商品は到着しましたか?
設置に問題がありますか。
静電フィルムは確認しましたか?
台座にご迷惑でしたら、新しいGPS台座を交換することができます
※新しい製品が届いて静電フィルムも付属していないし、フィルム無しでもはがれないとメールしてるだろ!
→静電フィルムは入ってないし、新しいものは24時間経過後も取れていない。交換して欲しい。
←送付先を教えて欲しい (※またかよ)
→送付先をメール
←今日出荷します。7-12日以内に到着する予定です。
※「7-10日以内」から「7-12日以内」に伸びたぞ、何故だ?キャンセル期限切れ狙いか?

やっと交換にありつけたようですが、物が来るまで信用できませんね。
12日以内であれば、最悪でも7月4日には届くはずです。
いずれにしても返品期日に間に合わなければ返品します。
ここまで頑張ったのは、買ったは良いけど使えないゴミになってしまうのは勘弁ですからね。
今考えると、スパッと返品した方が時間もかからず、メールでの嫌な気分もなかったし良かったと思います。

中華製品を買うときは、トラブル覚悟のうえで購入してくださいね。

アマゾンの場合は、返品が割とやりやすいので、初期不良は迷わず返品することをお勧めします。

ちなみにあちらのメールアドレスはフリーメールでした。
おいおい。


71k6dH6AKfL._AC_SL1500_s
これが購入ページにある画像

DSC_7302s
傷のある吸盤

DSC_7303s
逆側

DSC_7301s
傷のある吸盤のアップ
これじゃあ負圧抜けるわ

静電気シールで
静電フィルムを使えと送って来た写真


※追記 2022.07.01
返品期日前に吸盤台座と静電フィルムが届きました。
静電フィルムはともかく、吸盤台座も茶封筒に裸のまま入れられていました。
吸盤は当然変形してました。
取りあえず自宅の窓に吸盤台座を付けてみたところ、取れることはありませんでしたので、まずは良しとしましょう。
吸盤に傷のある台座は、静電フィルムを張り付けてみても、やかり10分程度で取れてしまいました。
静電フィルムの上から取り付ければ剥がれないという話は何だったんでしょうかね。



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月20日

カイエンのタイヤを「ピレリ P ZERO」に替えました


今までにはいたタイヤは、当初から付いてき「ヨコハマ ADVAN Sport」、「ミシュラン LATITUDE SPORT」、そして今回は「ピレリ P ZERO」です。
いずれもポルシェ公認のNタイヤです。

カイエンに履いていたミシュラン LATITUDE SPORTは舗装の轍にハンドルが取られるようになり疲労度も高いし、何より危険なため、ピレリ P ZEROに替えました。

交換して自宅に帰るまでの10分ほどの間ですが、ほとんどハンドルが取られなくなりましたが、マンホールや舗装の継ぎ目などを超える時にタイヤの固さを感じました。また、タイヤの走行面を触った感じも固く感じました。これは、重量級のSUVを高速走行させた時の、対摩耗性を考えたことだと思われます。

翌日、200km程一般国道と郊外のワインディングロードをドライブした感想です。

・摩耗が進んだミシュランに比べ止まりが良いと思う(ブレーキが良く効く)
・舗装轍にハンドルが取られない(新しいので当たり前か)
・舗装の継ぎ目などのコツコツ感はミシュランよりは感じるが、ヨコハマと同等かも知れない
・乗り心地はヨコハマとミシュランの中間
・ハンドルのクイック感はヨコハマは強かったが、ミシュラン同様あまり感じない
・コーナーは弱アンダーのままオンザレールで非常に気持ちよくコーナーリングができる
・ロードノイズについては、カイエン自体の遮音が良いこともあってか、通常走行では気になることはありません


以上、バランスの取れた非常に良いタイヤだと感じました。
・クイックなハンドリング、スポーツ性を求めるのであれば「ヨコハマ ADVAN Sport」
・乗り心地など快適性を求めるのであれば「ミシュラン LATITUDE SPORT」
・総合的なバランスを求めるのであれば「ピレリ P ZERO」
と思います。
好みもありますが、カイエンユーザーにはお勧めです。

ちなみに詳細な費用をここで書くのは止めておきますが、それなりにかかりました。
情報が欲しい方は、メールでお尋ねください。


DSC_7291s
トレッドパターン

DSC_7295s

DSC_7296s

DSC_7297s
サイズ

DSC_7300s
去年製造のタイヤでした




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月01日

ヨコハマ ADVAN Sportとミシュラン LATITUDE SPORTの違い


カイエンの夏用タイヤは、購入時はヨコハマのADVAN Sportで、現在はミシュラン LATITUDE SPORTをはいています。
いずれもポルシェ指定のNタイヤです。
ミシュランも摩耗してきて、摩耗時の両者のタイヤの違いが見えてきました。

【ヨコハマ ADVAN Sport】
‐茲蠖潅:固く、路面の凹凸を拾いコツコツする。
▲魁璽福璽螢鵐:重い車重にも負けず、腰砕けはない。サイドウォールは固そう。
A行音:高速道路でも特に気になるレベルではない。
に猝彁:晴天時、雨天時のブレーキの効きの変化は少なく、アスファルトの轍にもハンドルは取られない。
ヂ儺彑:かなり減りが早く、走行約1.5万km(ODO 約2.7万km)程度でスリップサインぎりぎりで浅いトレッドはなくなった。

ヨコハマ
ヨコハマのADVAN Sport


【ミシュラン】
‐茲蠖潅:柔らかく、横浜に比べコツコツ感は少ない。
▲魁璽福璽螢鵐:思い車重にも負けないが、横浜に比べるとタイヤの寄れが感じられる。サイドウォールは柔らかそう。
A行音:高速道路でも特に気になるレベルではない。
に猝彁:それ程摩耗はしていないが、晴天時、雨天時のブレーキの効きが落ちたように感じ、アスファルトの轍にかなりハンドルが取られるようになり、しっかりハンドルを握っている必要がある。
ヂ儺彑:ヨコハマより摩耗は少なく、走行約2.0万km(ODO 約6.0万km)程度でもスリップサインに余裕がありトレッド面はほぼ変化なし。

ミシュラン
ミシュラン LATITUDE SPORT


【総評】
峠などでタイトコーナーを攻めても、両方のタイヤとも悲鳴を上げることはほとんどなく、雨天時に轍に雨が溜まっていても、常識的な速度では両タイヤとも不安を感じることはない。
乗り心地はミシュランが上だが、摩耗時の安定感とグリップ感減少の少なさはヨコハマの方が上だと感じる。
同乗者にとっては、ミシュランの方が快適だと思われる。
サーキット走行はせず(カイエンでサーキット走行は少ないと思われるが)、街乗り、高速道路、国道等でのドライブがメインと考えた場合、タイヤの差は好みの問題だと思われる。
ただし、摩耗していなければの話。
ミシュランはスリップサインだけを見ると来年も問題なく使えそうだが、アスファルト道路に轍があり、その轍にハンドルが取られるのは長距離ドライブをする時、絶えずハンドルを抑えていないとならないためかなり疲労する。
ただし、轍はスタッドレス走行期間が長い北海道特有かも知れない。

そのような訳で、ミシュランは今季限りにして、来年は新しいタイヤを買おうと思います。

カイエンに合う275/45R20のNタイヤは、次の3種類があります。
・ヨコハマADVAN Sport
・ミシュラン LATITUDE SPORT
・ピレリ P ZERO

その他としては、最近、ブリヂストン ALENZA 001もサイズが出ましたが、Nマークはついていないため、やはりポルシェの認めたNタイヤから選びたいと思います。
現在の第一候補は、カイエンでは未経験のピレリにしようかなと思っています。




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年03月29日

クラウンアスリートFourとお別れしました


2021年11月25日にクラウンアスリートFourについて書きましたが、とうとう手放してしまいました。

その時から約7,000km程走行し97,000kmになりましたが相変わらず快調でした。
ストレートシックスのバランスの取れたエンジンの上品なフィーリングや排気音はV型6気筒にはないものです。

しかし、残念ながら使う人もいないことと5月に車検が切れるため、踏ん切りをつけることにしました。

昨年、ガリバーで査定を受けた時は、15万円の値が付きました。
その後、T×Tで査定を受けたところ5.1万円で、どこへ行ってもこの程度の買取価格だからぜひうちにみたいな感じでした。
2022年3月19日に再度ガリバーで査定を受けたところ98,000円に下がってしまいました。
トヨタはロシアが一番高く売れていたのですが、ロシアとウクライナの戦争が原因でオークション価格が下がってしまったそうです。
まあ、こればっかりはしょうがないですね。

最終的に、査定後のトラブルのための補償料4,800円が引かれて93,200円でした。

さて、このクラウンはどこの国のどんな方が手に入れるのでしょうね。
いずれにしても、大切に乗っていただけることを願っています。


※ボンネット明けてエンジン撮るの忘れちゃいました(泣


DSC_7120ss

DSC_7121ss

DSC_7122ss

DSC_7125ss


【雑感】
ところで、丈夫な車を長く乗るって言うのは、日本では好ましくない事のようです。

毎年徴収される自動車税は13年目から増税されます。

車検毎に徴収される重量税は13年目と18年目に増税されます。

古い車はCO2をたくさん出すからと言う事のようですが、はたして「古い車の解体+新しい車の生産」と「古い車を乗り続ける(と言っても限度がありますが)」とどちらがCO2を出さないのでしょうか。
また、全てがリサイクルできるわけでもなく、廃棄するにもゴミが出ます。

一番腑に落ちないのが重量税で、

「車が古くなれば重くなるのか」ということです。



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年11月25日

平成13年(2001年) クラウンアスリート(11代目S170系) 2500cc 4WD

平成13年(2001年)5月に私の父が購入したクラウンアスリートです。
ストレート6のエンジンを積んだ最後のモデルです。

父は、すでに亡くなっているのですが、このクラウンは私の長男が乗り、そして次男が乗り、合計約8年乗りました。
走行距離は約9万kmで、ディーラーで車検整備を行ってきたこともあってか、すこぶる調子の良い車です。それに、軋み音も出ていません。

さすがクラウンだと思ったのは、消耗部品交換はありましたが、故障はありませんでした。
現在アイドリング時にマフラーからびびり音が出る時がありますが、ディーラーでは気になるならマフラー交換しますが、問題ないですよとのことでした。
消耗部品やマフラーまで未だに新品部品があるところも、さすがトヨタだと思いました。

車色は、父が一番売れていない色をくれと言ったため、赤になりました。
色々思い出深い車ですが、今回次男がラングラーを購入したため、使う人がいなくなり手放すことにしました。

中古買取店に出すつもりですが、もし気になる方がいましたら譲りしますのでメールください。


DSC_6817s

平成13年(2001年) クラウンアスリート(11代目S170系) 2500cc 4WD

※追記 2021.12.28
ベストカーWebで壊れにくい車として以下のように定義され、第1位になったのがこの17系クラウンでした。

●第1位:17系クラウン(1999年〜2007年)
・ディーラーに修理依頼が少ない
・ノントラブルで走行距離15万kmを超える個体が多くある
・販売開始から長い年月(10年以上)が経過しても、今なお現役で走り続けている

確かに今までノントラブルでしたね。




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月02日

ホンダ ヴェゼルハイブリッドに2週間乗ってみた。


カイエンの板金修理の代車としてホンダ ヴェゼルハイブリッドを2週間乗りました。
市街地、一般国道、高速道路、峠道など約700kmほど走った感想です。

カイエンを修理に出したポルシェセンターから自宅まで帰る間に、あちこち寄り道をして170km程走って自宅に付くと、疲労感が半端ありませんでした。

疲労感の一番の原因は、アクセルとブレーキの感覚が車の挙動と合わないことだと思いました。
これは、走り始めてすぐ気が付いたことです。

このブログを見ている方の中にはヴェゼルに乗ってる(た)方もいらっしゃるので、ちょっと書きにくいのですが、個人的には疲れる車だと思いました。


■悪かった点

1.ブレーキに違和感
回生ブレーキとディスクブレーキの切り替わりのチューニングの問題かもしれませんが、2週間乗っても馴染みませんでした。
一定の踏み加減で狙ったところに停めるのは至難の業です。
社用車のトヨタのプリウスやクラウンハイブリッドでも多少違和感は感じるものの慣れの範囲内でした。

2.i-DCDが時々おかしくなる(これは危険)
加速したいときにアクセルを踏んでもエンジンが反応せず加速しないことがありました。
アクセルを踏んでもエンジンが吹けて加速に入るまでに2〜3秒かかることが多々あり、高速道路の加速ランプでこの状態になった時は冷や汗ものでした。
止まるか加速するまで我慢するか究極の選択でした。
その時は、幸いにも本線走行車が追い越し車線に逃げてくれたため、スピードが乗らないまま合流しました。
また、駐車場から道路に出る時に加速せずに後ろから来た車にブレーキを踏ませるなど迷惑も掛けました。

3.エンジン走行時にモーターアシストオンでショックがでる
スムーズに切り替わることも多いですが、時々明らかに感じるショックがあります。
これは車に詳しくない同乗者(妻)も気になるようでした。

4.エンジンブレーキはほとんど効かない
CVTではなく7速ギアなのですが、パドルシフトでギアダウンしてもエンジンの回転数が高くなるだけでエンジンブレーキはほとんど効きません。
回生ブレーキを使う方が良いのかもね。

5.駆動用バッテリーが無くなると激遅
高速道路の長い坂道や国道等の峠では、途中で駆動用のバッテリー切れになってパワーが必要な時も充電が始まり、ますますパワーが無くなります。
せめて、パワーが必要な時はエンジン出力を充電に持って行ってほしくないです。

6.空調のAUTOが微妙
オートにしていても社内温度が結構上下します。
また、オートでリサーキュレーションになっている時に外気導入にするとオートが解除されます。
家にある20年前のクラウンのAUTOより悪いですね。
2013年式のカイエンもAUTOの空調は良くないですが、それより悪いです。


■良かった点

1.必要にして十分なパワー
景気よくエンジン回転数もあがりますが、バッテリーがあるうちはパワー不足を感じず加速します。
1.5Lであることと車重を考えると悪くありません。

2.燃費は悪くない
市街地走行はほとんどありませんでしたが、国道を流れのままに走ると20km/l程度の表示になります。
車の大きさ考えると悪くないなと思います。
ただ、高速道路は速い流れに乗ると13km/lぐらいのようで、我が家の1.8Lのアリオン4WDより悪いかもしれません。

3.機敏なハンドリング
割とクイックでだるさはないです。
これは好き嫌いが分かれるところかもしれませんが、私は好きです。


以上、悪い点を多く書いてしまいましたが、モデルチェンジでヴェゼルもCVTになったようなので、欠点が解消されていることを期待しています。
ただ、モデルチェンジ前のヴェゼルハイブリッドの購入を検討している方の参考になればと思います。

販売店等で試乗するだけでなく、是非レンタカーでヴェゼルハイブリッドを借りて、自分で確かめて欲しいと思います。


csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月01日

ドアパンチされてしまいました〜その後


ドアパンチされたカイエンが板金修理から戻ってきました。

修理はもちろんポルシェセンターにお願いしました。

今回は車両保険は使わず自費修理しました。

というのは、車両保険を使った場合の等級ダウンと保険料アップを試算してもらったところ約20万円程度で、板金で自費修理した場合約10万円程度とのことでしたので比較検討の結果、自費修理することにしました。
今回は、補償修理ではないため代車としてのレンタカー料金がかかったため、それを保険のロードサービスから払いました。
ロードサービスは等級には関係ないとのことでしたのでありがたく使わせていただいた次第です。
ちなみに代車のレンタカーはホンダのヴェゼルハイブリッド(R1年登録)でした。

カイエンは2014年3月に購入し、既に7年以上たっているためオリジナルの色からの退色をぼかすため、リアドアだけでなくフロントドアまでかなり広く塗装をやり直したとのことでした。
まったく分からなくなりました。
さすがプロの仕事ですね。

綺麗に治りましたが、やはり気持ち的には何となく引っかかるものがあります。

ドアパンチや無人車にぶつけて逃げた経験のある方、これからは是非良心に従って行動してください。


ドアパンチされてしまいました




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年08月03日

ドアパンチされてしまいました

まず最初に「トナラー」と名付けた方に拍手を送ります。

実に見事な命名だと思います。

そして「トナリング」

これも素晴らしい命名だと思います。


さて本題です。

愛車カイエンSがトナラーによって、左側後ドアをドアパンチされてしまいました。

最悪です。


普段は極力スーパーの駐車場など、ドアパンチされそうなところにはカイエンでは行かないのですが、たまたまドライブに出かけた帰り道に良く行くスーパーがあったため、わざわざ自宅に帰ってから車を変えて出かけるのも億劫だし、まあいいかと駐車しました。

当然、入り口から離れていましたが車が駐車していないところを選び、回りに駐車している車もなくポツンと1台になるように駐車したのは言うまでもありません。

買い物から戻った時にはトナラーはなく、その時は既に日が暮れていたためドアパンチに気が付いたのは翌日でした。

スーパーでドアパンチ発見までを箇条書きにしてみました。

.疋薀ぅ屬帽圓前日の夕方に洗車した時、ドアパンチはなかった。
▲后璽僉爾亡鵑訥樵阿傍詭した時、ドアパンチはなかった。
5宅後、すぐ車庫に入れた。
ね眛、車庫から出した時、ドアパンチ発見。

と言う事は、△離疋薀ぅ屬竜△蠅竜詭後、い離疋▲僖鵐舛傍い付く時までの間と言う事になります。
自宅では車庫に入れているため知らない間にドアパンチされることはあり得ません。
消去法で考えると「スーパーでトナラーに寄るドアパンチの被害を受けた。」ということになります。
ドライブレコーダーは停車中も衝撃あった場合録画が開始されるはずなのですが、残念ながら記録は残っていませんでした。


心理学に素人の私がトナラーの心理を考えてもしょうがないので、それは専門家に任せるとして(トナラーの心理についてはネットで色々見つかります)ドアパンチされた場合、どのような問題があるか考えてみたいと思います。


“駘僂掛かる。(車両保険を使っても保険料が上がる)
直したから良いではない。(なかったことにはならない)
オリジナル塗装ではなくなる。(ポルシェなどは「再塗装箇所なし」に価値がある)


修理費用とオリジナル塗装でなくなるという「Wの悲劇(古いか)」というダブルパンチです。
まだ、修理の見積もりも取っていないのですが、どうしたものかなと思案しています。


カイエンではありませんが、過去に駐車中に5度ぶつけられました。2度は当て逃げ、2度は現行犯、1度は犯人不明でしたがディーラーで修理中だったためディーラーに直してもらいました。

1度目:
初代ビッグホーンイルムシャーで、ボディ、ストップランプ類、バンパーなど右後部角をがっつりやられました。

2度目:
同じく初代ホーンイルムシャーで、助手席側のフロントフェンダーとフロントドアの両方にかけてドアが開かなくなるほどやられました。

3度目
:2代目ビッグホーンイルムシャーのエンジン修理から帰ってくるとドアが凹んでいた。修理が終わりいすゞの駐車場に置いてあった時、客がぶつけたと思われますが、いすゞが修理してくれました。

4度目:
2代目ビッグホーンイルムシャーの車検時の代車のビッグホーンに乗っている時、吹雪の国道で正面衝突の第一発見者になり人命救助と交通整理をするため国道脇に停めていたところ、スイッチターンしようとした車がバックで代車にぶつけそのまま行こうとしたのを見ていたので、走って行ってその車を停めて修理してもらいました。

5度目:
ランドクルーザープラドで、狭い道で駐車中の工事中の2トンダンプとのすれ違い時にダンプのドアが急に開いてドアパンチされました。この時は、運転手が行け行けと合図したため、すれ違おうとした時、ダンプのドアが開いてぶつかったのですが、運転手はそのまま行けと言うのですが、冗談じゃないと警察に届けて修理してもらいました。

ドアパンチも当て逃げもいやなものですね。
今思い出しても気分が悪くなります。


スーパーで黒のSUV(カイエン)にトナリングしてドアパンチした方は、連絡ください。

と言うより、ドアパンチして逃げる方は自分がドアパンチされても平気なんでしょうかね。

この件に限らず、わざとドアパンチする方はいないと思いますので、せめて正直に申告しましょうよ。



csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2021年07月22日

ポルシェ カイエンS 55,555km

カイエンSの走行距離が55,555kmになりました
今年の3月に3回目の車検でだったので約7年3カ月で走った距離です。

7年55,555km走っても色々な感動を感じさせてくれる車です。

メーターの写真を撮るのに国道から脇道に入り、少し走って5ゾロの写真を撮り目的達成。

DSC_6033s
トリップもそろえれば良かったな


カーナビの指示ではUターンではなく少し先に戻る道を行けとなっていました。
カーナビの言う通りっと走って行くと、道路標識にもあった春日青少年の家と言う施設があり、その先に「高さ制限2.0m、最大幅2.3m」のJR函館本線をくぐるボックスカルバートがありました。
カイエンの幅はミラーをたたむと約2.0m、高さは約1.8mぐらいだったはずだから十分通れるなと、TVでもこんなシーンを見たことあるなと思いながら、ミラーをたたんでゆっくりと通り抜けました。

※春日青少年の家
昭和48年3月に廃校した春日小学校舎を有効転用を図った、青少年の健全育成を目的とした野外活動施設だそうです。

旭川市, 北海道 - Google マップs
Google Mapより

DSC_6034s





csh08ymatu at 00:00コメント(0) 

2021年06月22日

トヨタアリオンのタイヤを新調しました

アリオンの新車装着時のタイヤは、プリウスにも使われていたグッドイヤーGT3でした。
このタイヤは、新車に装着されているだけあって、グリップ、直進性能、乗り心地など、特に文句のないタイヤでした。

アリオンの走行距離も5万kmを超え、スリップサインはまだ出ていないものの、浅い溝が無くなりつつあり見た目が減って来ていたため、ダンロップLeMans垢妨魎垢靴泙靴拭
サイズは、195/65R15で変更はしていません。
このタイヤは、なかなか評判の良いタイヤで、タイヤショップでもお勧めのタイヤでした。

走り始めてすぐ、ころがり抵抗が減ったのがすぐわかりました。
アクセルオフにした時に、実に抵抗なく滑べるように進んでいきます。
燃費も市内で約1km/lくらい良くなったように思います。
なかなかどうして、タイヤも随分進化しているんだなと思いました。

そして、タイヤを変えてから2カ月ほど経ち、市内だけじゃなく郊外なども走ってみて、グッドイヤーGT3との違いが色々分かってきました。

GT3と比べると、直進している時やコーナーリング中に落ち着きがないというか、安定感が悪くなったように感じました。
また、けっしてグリップが悪いと言うわけではないのですが、グリップ感も乏しくなったように感じました。
そして、路面状況の伝わり方も少なくなったように感じます。
走行音は、荒れた路面を走ると決してうるさくはないのですが、ボンボンとゴムをたたくような音がします。
逆の言い方をすると、ハンドリングがクイックに引き締まったタイヤで、路面からのストレスを感じにくいタイヤともいえます。

LeMans垢鬟優奪箸把瓦戮襪箸なり高評価されていのですが、内容を読んでみると、同じことでも人それぞれ捉え方が違うんだなと思いました。

アリオンは、基本的に市内でのお買い物や移動に使う車なので、燃費が良くなるのが一番良かったのかも知れません。

ちなみに空気圧は指定どおりにしています。


DSC_5969s


DSC_5967s


DSC_5968s





csh08ymatu at 22:31コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ