北見山地

2019年09月27日

天塩岳〜前天塩岳 2019年9月21日

2019年9月21日、友人と天塩岳〜前天塩岳に登ってきました。

前回登ったのが2014年9月21日なので、まさに5年振りになります。

大雪山系や十勝岳連峰など2,000m級の山は前週からの降雪ですっかり冬山になってしまい、黒岳の石室付近では1mも積雪があるとのことで、夏装備での登山は禁止となっていました。そのため、高原温泉から緑岳に登る予定でしたが、比較的標高の低い天塩岳にしたのでした。

登山口には、立派なヒュッテと炊事場、そしてトイレがあり、広い駐車場もあります。駐車場には既に車が7〜8台ほどあって、既に出発されていたようでした。ヒュッテをのぞいてみると、畳が敷いてあり薪ストーブも完備されていました。薪はヒュッテの横にありますので、自由に使うことができます。

今回も前回同様天塩岳から前天塩岳と左回りで登りました。友人と同行なので、比較的登山道の傾斜が緩く登りやすい新道を登るルートにしました。結果としては、天塩岳も所々登山道にも残雪がありましたが、ほぼ夏山でした。装備としては、取り敢えずいつもザックに入っているGOA-TEXのヤッケ、それにフリースを追加した程度です。

全集は天候不順で雨が多く沢は増水していましたが、板の橋が架かっていて徒渉はほとんどありませでした。

連絡路分岐から右に折れ、新道コースに向かいます。

うっかり見過ごしそうな天塩円山を超えてしばらく行くと避難小屋とトイレがあります。とっても綺麗なトイレがあり、女性にとっても非常に安心だと思います。

ここでしばらく休憩し、おにぎりを食べていると、西天塩岳に行って来た方や、天塩岳から下ってきた方など、沢山の人が来ました。我々はこれから天塩岳と前天塩岳に向かうのに、彼らはもう下山なんですね。私は西天塩岳も行きたかったのですが、同行者がパスしたいと言ったのと、時間的にきつそうだったので次回に持ち越しました。

まあ、我々は汗をかかない程度の、のんびりペースで話をしながらの登山なので、こんなもんでしょう。

天塩岳山頂からの眺望は、雲がありましたが高い秋の雲のため360度見渡す限り開けていました。降雪のあった表大雪方向を見ると、真っ白でまさに冬山の感じでとっても綺麗でした。

天塩岳山頂から大雪の山々を眺めながらしばらく休憩して、残りのおにぎりを食べて前天塩岳に出発。前天塩岳には、一度下って登り返しです。

前天塩岳から天塩岳を眺め、天塩岳に直登する旧道(沢)コースが見えるので、次はあそこから登りたいなと思いました。

前天塩岳に着いたのが午後1時を回っていたので、いつものペースだともう下山完了の時刻のため、このペースだと暗くなる可能性もあるので、休憩もそこそこに下山することにしました。

何とか午後3時半過ぎ、暗くなる前にヒュッテに着くことができました。

天塩岳は、新道コースも前天塩岳コースも本当に良く笹の刈り払いが行われていて、歩きやすい登山道です。刈り払いして下さっている方に感謝感謝です。

下山後、愛別町の共和温泉で汗を流して帰路につきました。


今回のタイムログです。

時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

6:56

0:00(0:00)

0.00

登山口

7:26

0:30(0:30)

1.5(1.5)

連絡道分岐

9:57
10:19

3:01(2:31)

5.0(3.5)

避難小屋

11:14
11:35

4:18(0:55)

6.5(1.5)

天塩岳
山頂1,558m

12:56
13:12

6:00(1:21)

8.0(1.5)

前天塩岳
山頂1,540m

15:10

8:19(1:58)

11.5(3.5)

連絡道分岐

15:38

8:42(2:26)

13.0(1.5)

登山口


全行程 13.0km 8時間42分 (休憩含む)


GPSトラック
20190921_天塩岳・前天塩岳s
















GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。

※写真には、位置情報が入っています。カシミール3D等のソフトで読み込むと、写真の位置が分かります。

P1140273sヒュッテ
1F2Fともに薪ストーブが
設置されています。
薪はヒュッテの横、
屋根の影にあります








P1140278s天塩岳周辺概念図













P1140279s沢を渡る橋













P1140284s徒渉はほぼなく
板の仮橋が架けられてます。











P1140285s新道コース分岐













P1140294s天塩円山













P1140297s天塩円山の標柱
文字は読めません











P1140304s天塩岳山頂標高
1,558m











P1140301s天塩岳山頂から
避難小屋方向











P1140306s表大雪方向
雪景色ですね
緑岳(標高年)に行きたい!
溶けないかなあ









P1140307s中央正面の山は
ウペペサンケ山?











P1140308s天塩岳山頂から
前天塩岳方向











P1140313s天塩岳と前天塩岳の
馬の背から見た天塩岳











P1140314s滝上町って?
確かにその方向には
滝上町が見える










P1140316s上の標識の所から見た
天塩岳











P1140318s前天塩岳をトラバースする分岐






















P1140325s上記標識から見た天塩岳













P1140329s前天塩岳山頂
1,540m





















P1140332s前天塩岳山頂から
少し下った所にある
イチイの木
ハイマツ帯にあります
これ以上大きく
なれないんだろうなあ
風の影響で片側に枝が伸びてる














P1140336s旧道分岐
来年は旧道を登ってみたい















csh08ymatu at 22:50コメント(0) 

2014年09月30日

天塩岳〜西天塩岳〜前天塩岳 2014年9月21日

2014年9月21日、西天塩岳〜天塩岳〜前天塩岳に登ってきました。

前回は、2011年6月21日に登ったので3年振りです。

今回は天塩岳から前天塩岳と左回りで歩きました。

前天塩岳のほぼ直線的に登る急勾配がきついので、今回のコースの方がお勧めです。

やっと会社の休みと天候が合って、秋晴れの気持ちの良い登山でした。

登山口の気温はなんと3度、凛と引き締まったすがすがしい空気でした。

登山口には、立派なヒュッテと炊事場、そしてトイレがあり、広い駐車場もあります。

駐車場には車が5台ほどあって、既に出発されていたようでした。

少し寒いかなあと思いましたが、歩き始めれば大丈夫と、夏と同じ服装で登山開始です。

登り初めて沢コース分岐まで、しばらく天塩川の支流を何度も渡りながら進みます。

徒渉はなく、全て板などで橋が架かっています。

登山道は、前日の雨のためかどろどろでした。

その泥に大型犬の足跡がありました。

今年は、十勝岳、ニセイカウシュッペ山、そして天塩岳も犬連れの登山者がいて、犬連れの登山が流行っているのかなあと思います。

ヒグマがいる山なので、犬のマーキングはまずいのではないかと思います。

また、今年会った犬連れの登山者はいずれもリードを付けていないので、最低限、糞尿対策とリードはしっかりとして頂きたいと思います。

暫く森の中を歩き、森林限界を超えて少し行くと円山があり、もう少しで避難小屋です。

避難小屋に着くと、100名山を制覇したので300名山を登っているという本州からいらした方に、登山道の無い西天塩岳へ笹藪が刈り払いされているとの情報を頂き、登ってみることにしました。

刈り払いされているのは、避難小屋の裏手から山頂に向かってと、山頂から天塩岳方向に向かっての2ルートでした。

西天塩岳は標柱がないようで、1つ目のピークまで行くと、その先にもう2つピークが見えました。

山岳地図を持っていなかったのと、GPSの地図には西天塩岳の表記がなかったため、1つ目のピークで降りてしまいました。

自宅に帰って調べてみると、2つ目のピークが一番高く、そこが西天塩岳だったようです。

結局、楽しみを一つ残したことになってしまいました。

西天塩岳山頂(もどき)や天塩岳山頂からは、標高2,000m付近から上が雪で白くなった大雪の山々が実に綺麗でした。

天塩岳は、登山口のトイレ、避難小屋とトイレがありますので、女性の方も安心でしょう。

今回のタイムログです。

時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

6:52

0:00(0:00)

0.00

ヒュッテ
 764m

7:14

0:22(0:22)

1.5(1.5)

連絡路分岐

8:39

1:47(1:25)

4.3(2.8)

円山
山頂 1,433m

 8:51
9:09

1:59(0:12)

5.0(0.7)

避難小屋 

9:25
9:38

2:33(0:16)

5.3(0.3)

西天塩岳
偽山頂 1,465

10:17
10:33

3:25(0:39)

6.8(1.5)

天塩岳
山頂 1,558m

11:25
11:34

4:33(0:52)

8.3(1.5)

前天塩岳
山頂 1,540m

12:55

6:03(1:21)

11.8(3.5)

連絡路分岐

13:19

6:27(0:24)

13.3(1.5)

ヒュッテ
764m


ヒュッテ〜天塩岳 標高差 793m (GPSより) 6.8km 3時間25分(休憩含)

天塩岳〜前天塩岳 標高差 48m (GPSより) 1.5km 0時間52分(休憩含)

前天塩岳〜ヒュッテ 標高差 776m (GPSより) 5.0km 1時間45分(休憩含)

全行程 13.3km 6時間27分(休憩含)


GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。

GPSトラック
s20140921_西天塩岳・天塩岳・前天塩岳













地図上の前天塩岳コースの登山道は、実際の登山道とは少し違っているようです。


※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。

炊事場とトイレ
sP1060373













立派な天塩岳ヒュッテ
sP1060374













登山道コースが出でいます。
新道コースは、ヒュッテ手前の林道が登山道入り口のようですが
気がつきませんでした。
sP1060376













登山道を上り始めてすぐの橋です。
もとは、砂防ダムの工事用道路の橋があったと思われます。
sP1060378













歩み板の橋が何橋かあります。
sP1060379













暫くは、既に使われていない工事用道路を歩きます。
sP1060380













前天塩岳コースと新道コースの分岐点。
sP1060382













新道登山口との合流点(登山口側から)
sP1060384













新道登山口との合流点(頂上側から)
sP1060385













円山が見えました。
sP1060386













円山山頂
sP1060389













円山から見た避難小屋と天塩岳。
sP1060392













左:トイレ、右:避難小屋
sP1060393













西天塩岳から避難小屋
sP1060399













西天塩岳から天塩岳
sP1060400













西天塩岳のピークはこの先でした。
sP1060403













西天塩岳から見える大雪山
sP1060408













天塩岳から西天塩岳
sP1060412













天塩岳山頂 1,558m
sP1060416













天塩岳山頂でのGPSトリップ
sP1060418























天塩岳山頂から前天塩岳
sP1060426













滝上町からの天塩岳登山道分岐
sP1060427













滝上登山道ルート方向
sP1060428













前天塩岳をトラバースして下山するルートもあります
sP1060433













前天塩岳山頂 1,540m すばらしい天気でした
sP1060442























前天塩岳山頂でのGPSトリップ
sP1060445























前天塩岳から天塩岳と西天塩岳
避難小屋と沢ルートも見えます。
sP1060455













沢ルートの分岐
sP1060459













下山完了GPSトリップ
sP1060464


























csh08ymatu at 08:00コメント(0) 

2011年06月18日

天塩岳 2011/06/12


2011年6月21日、「天塩岳 1,558m」に登ってきました。

前回の登ったのが、2006年8月27日なので、5年振りです。

前回は、天塩岳を先に踏んでから前天塩岳へと左回りに歩いたのですが、今回は前天塩岳から天塩岳と逆回りしました。

前天塩岳のほぼ直線的に登る急勾配がきついので、前回のコースの方がお勧めです。

今年の北海道の天候の周期が、週末に天気が悪くなるパターンで、今回はとうとう雨に降られてしまいました。

天塩岳頂上で雨が降り始めたのでカッパを着て、避難小屋では止んだので脱ぎました。ところが、登山口まであと1kmぐらいのところで、急に土砂降りとなり、カッパを着る暇もなくビシャビシャになってしまいました。結局、カッパを着ずに下山しました。

さて、旧道の登山口には、トイレ、炊事場、ヒュッテなど立派な施設があり、駐車場の広さも十分確保されています。。

登り初めて沢コース分岐までしばらくは、天塩川の支流を何度も渡りながら進みます。徒渉はなく、全て板などで橋が架かっています。

登山道もしっかり維持管理されていて、藪漕ぎなどは全くなく、初心者の方でも問題なく登ることができると思います。ただし、円山付近は少しだけガレ場となっているため、ガスなどで見通しが悪いときは、注意が必要です。

天塩岳と円山の間に避難小屋とトイレがありますので、女性の方も安心でしょう。


今回のタイムログです。

2名で話しながら登ったので、般的なコースタイムだと思います。

時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

7:22

0:00(0:00)

0.00

ヒュッテ
 912m

7:49

0:27(0:27)

1.5(1.5)

連絡路分岐

9:59
10:19

2:37(2:10)

5.0(3.5)

前天塩岳
山頂 1540m

 11:30
11:40

4:08(1:11)

6.5(1.5)

天塩岳
山頂 1558m 

12:23
12:34

5:10(0:43)

8.0(1.5)

避難小屋

12:49

5:27(0:25)

8.7(0.7)

円山
山頂 1,433m

13:35

6:13(0:46)

10.4(1.7)

連絡路分岐

14:02

6:40(0:27)

11.5(1.1)

連絡路分岐

14:23

7:01(0:21)

13.0(1.5)

ヒュッテ
912m


ヒュッテ〜前天塩岳 標高差 628m (GPSより) 5.0km 2時間37分(休憩含)

前天塩岳〜天塩岳 標高差 18m (GPSより) 1.5km 1時間11分(休憩含)

天塩岳〜ヒュッテ 標高差 646m (GPSより) 6.5km 2時間43分(休憩含)

全行程 13.0km 7時間01分(休憩含)


GPSトラック

LOG















GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。


※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。

ヒュッテ、炊事場とその奥にトイレ。
天塩岳ヒュッテ炊事場・トイレ







看板案内看板
コース距離などが書かれています。






天塩岳支流には、しっかり橋が架かっています。
橋1橋2







連絡道新道への分岐
ここが天塩岳と前天塩岳の分岐になります。






沢コース分岐沢コースとの分岐です。







天塩岳分岐前天塩岳をパスできます。







前天塩岳前天塩岳山頂。
1,540m






前天塩岳トリップ前天塩岳山頂でのGPSトリップ。












天候変わり目稜線を越えられない雲。







前天塩岳分岐前天塩岳をパスする登山道分岐。







前天塩岳方向前天塩岳が顔を見せました。
前天塩岳山頂をパスする登山道が見えます。






浮島登山口分岐浮島峠からの登山道合流点。







天塩岳山頂天塩岳山頂。
1.558m






天塩岳トリップ天塩岳山頂でのGPSトリップ。












慰霊碑士別商業高校刀根先生の遭難慰霊碑。
昭和35年10年16日遭難。






サンショウウオ+かえるの卵カエルとサンショウウオの卵がたくさん。







サンショウウオの卵サンショウウオの卵は枝からぶら下がっているものもありました。






避難小屋避難小屋とトイレ。
トイレは綺麗でした。






円山山頂円山山頂。
1,433m






天塩岳方向天塩岳が顔を見せました。







連絡通路旧道への分岐。







下山後トリップ下山完了のGPSトリップ。














csh08ymatu at 00:34コメント(0) 

2010年08月14日

北海道の山 山頂 北見山地


道北の山33-1円山1433_060827

2006年8月27日
円山
1,433m





道北の山33-2天塩岳1558_0608272006年8月27日
天塩岳
1,558m





道北の山33-3前天塩岳1540_0608272006年8月27日
前天塩岳
1,540m






csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2006年08月27日

天塩岳(1558m)行ってきました 2006/08/27 5

2006年8月27日(日)
今日は、天塩岳&前天塩岳に行ってきました。
天塩岳ヒュッテから旧道を登り、連絡路を通って新道に抜け、天塩岳&前天塩岳と回ってきました。
晴れ渡っていて、素晴らしい眺めでした。
それに円山と天塩岳の間にある避難小屋とトイレはわりと新しく綺麗でした。
しかし、熊の糞が有ったのと、連絡路では途中獣の臭いがぷんぷんと・・・
なんだか怖くなって鈴を付けました。
入山者もヒュッテ横の入山記録見ると10数人ぐらいでした。

ちなみに、新しい登山靴は当たる所もなくとりあえず足に合ってたみたい。
ストックの方は、使い方によっては楽かもしんない。

天塩岳ヒュッテ(6:24)[0:00]
 ↓
1.5km(0:32)
旧道連絡路分岐(6:56)[0:32]
 ↓
3.8km(2:16)
避難小屋(9:12)[2:30]
 ↓
1.5km(0:40)
天塩岳1558m(9:52)[3:10]
 ↓
1.7km(1:04)
前天塩岳1540m(10:56)[4:14]
 ↓
4.5km(2:04)
天塩岳ヒュッテ(13:00)[6:36]
全行程約13.0km  6時間36分


避難小屋避難小屋それ程大きくないけどトイレもきれいです。







天塩岳から避難小屋方向天塩岳から避難小屋方向







天塩岳山頂天塩岳山頂







天塩岳から前天塩岳方向天塩岳から前天塩岳方向







前天塩岳から天塩岳方向前天塩岳から天塩岳方向









csh08ymatu at 15:57コメント(0)トラックバック(0) 

2006年08月26日

天塩岳登る予定 5

明日は、天塩岳に登ろうかと考えています。
先日、登山靴とストックを新調しました。
登山靴の慣らしを兼ねて行ってきマース。

csh08ymatu at 11:33コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ