道東の山

2016年07月11日

斜里岳 2016年7月8日

2016年7月8日、斜里岳に登りました。

2011年に、羅臼岳登山道や羅臼岳から硫黄山知床連山の縦走路の整備をしていたときから、登りたいと思って眺めていた山で、やっと念願が叶いました。

7月7日の七夕の夕方に旭川を出発し、札弦(さっつる)の道の駅パパスランドさっつるで仮眠をとって、翌朝斜里岳に登りました。

ネットの情報では、道の駅パパスランドさっつるは車中泊の車で込んでいるとのことでしたが、平日だしたいしたことはないと思っていました。

しかし、いざ到着してみると、駐車場の区画はほぼ一台おきに車で埋め尽くされていて、大きめのキャンピングカーはバスの区画に駐車していました。

朝5時過ぎに出発して、登山口の清岳荘駐車場に着いたのが6時前。

割と整備されているとはいえ、砂利の林道なので足の硬いカイエンにとってはきついものがありました。

駐車場はまだ余裕はありましたが、バスが2台ほどあって団体さんが既に入山しているようでした。

この駐車場は有料で、入山届けを書くところに入金箱があって、100円入れるようになっています。

入山届けを書いて100円入れて写真を撮っていると、次々と登山者が来ましたが、入山届けは書くものの100円入れる人はいないですねぇ。

まあ、それはそれとして、初めての山なので沢山写真を撮りながらゆっくりとしたペースで登りました。

登山口から登山道を少し行くと林道にでて、清岳荘がもとあった場所まで林道を歩きます。

そこからが本当の登山道の始まりです。

例に漏れず、沢コースの旧道を登り尾根コースの新道を下ることにしました。

沢登りのためか虫が多く、立ち止まっていると虫に刺されてしまいそうなため、いつもは半ズボンにするとこを我慢して長ズボンのまま登りました。

ほかの登山者は、特に女性の方は虫除けの網をかぶっている方もいましたが、網は暑いんですよね。

コースとしては、ここから上二股(新道と旧道の分岐の頂上側)までが、幾度となく徒渉を繰り返し、また沢を登ったりする変化に富んだ飽きのこない登山道で、登山靴でできる沢登りといった感じでしょうか。

先に登っていた方々を追い越しながら登って行くと、団体さんが徒渉や沢登りで渋滞していました。

この沢の石には、苔や藻があまり生えていないため、滑りずらいのですが、濡れた石や岩は十分注意しないと滑ります。

沢を登っていると、いくつもの滝があって、それぞれ名前がついていて銘板も掛かっていました。

上二股から馬の背までは急勾配の登りになります。

馬の背の東側には有名な落ちそうな岩があり、実際に見ると本当によく転がり落ちないなあと感心してしまいます。

馬の背からは、頂上が見え、一つピークを越えると山頂です。

山頂に着くと既に沢山の登山者がいました。

山頂からの眺めは最高でしたが夏山で天気も良く気温が上がってきたので、水蒸気で空気のと透明度か落ちてきていました。また、南の方角は、低い雲が立ちこめていました。

空気の澄んでいる秋に、もう一度登りたいなあと思いました。

山頂であちこち写真を撮って、おにぎりを食べで下山です。

下りは、上二股から新道へ向かいました。

上二股では、携帯トイレブースのテントが設置されていました。

少し行くと、竜神の池という標識があったので寄り道することにしました。

登山道から少し下ると透明度の高い水をたたえた小さな池が見えました。

近くまで行って、手を入れてみると、思ったほど冷たくなく、雪渓の雪解け水の凍るような冷たさを期待していたので、ちょっとばかり残念でした。

竜神の池からさらに奥に行けそうだったので、登山道へ戻るのかなと思ったのですが、途中で不明瞭になっていたため引き返しました。

後でわかったのですが、やはり登山道へ続いていたようです。

新道は、熊見峠まで登り返しになっているため、振り返ると斜里岳の山頂が綺麗に見ることができました。

熊見峠から一気に沢まで下り、二股から再び沢に出て徒渉を繰り返しながら下山のため、足も疲れているので、気をつけないと落ちてしまいます。

下山してみると、駐車場はほぼ満車状態になっていました。

ある程度有名な山は、平日でも混み合うようになってしまいました。

登山者も年配の方だけではなく、若い女性の方も沢山登山されていたので、登山ブームも根付いて来たように思います。

下山後は、きよさと温泉ホテル緑清荘の温泉(390円!)に入って汗を流して帰路につきました。

温泉は、昼頃だったためか、貸し切り状態で、のびのびのんびり入浴させていただきました。

露天風呂はないようですが大きな内風呂で、これで390円は安いなと思います。

帰りは小清水のAコープで「小麦色の街から」という生どら焼き(165円)をお土産に買いました。

以前ブログに書きましたが、これはうまいですよ。


 タイムログ
時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

6:02

0:00(0:00)

0.00

登山口

6:49

0:47(0:47)

2.4(2.4)

二股 

8:08

2:06(1:19)

4.1(1.7)

上二股 

8:53
9:27

2:51(0:45)

5.1(1.0)

斜里岳
山頂1,545m

9:59

3:57(0:32)

6.1(1.0)

上二股

11:30

5:28(1:31)

8.9(2.8)

二股 

12:18

6:16(0:48)

11.3(2.4)

登山口 



登り(旧道) 2時間51分(休憩含)
下り(新道) 2時間51(休憩含)
全行程 11.3km 6時間16分(休憩含)

登山口〜斜里岳山頂 標高差 864m (GPSより)


GPSトラック

20160708_斜里岳














GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。


※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。



DSC_0576s登山の朝、
道の駅パパスランドさっつるから見た
斜里岳。









DSC_0577s登山口までの林道











P1110092s登山口の清岳荘の駐車場
45台駐車できる広い駐車場










P1110093s入山届けと駐車料金100円はここ











P1110094sとりあえず、登山道始まり











林道歩きの始まり
P1110096sP1110097s











登山道始まり、熊が出るぞ!
P1110098sP1110100s











P1110101sこんな感じの沢を幾度となく徒渉します











P1110103s渋滞中











P1110104s仙人洞
結構奥が深そう










P1110105s二股
新道と旧道の分岐










登山道
P1110106sP1110109s











P1110110sP1110114s











P1110121sP1110122s











P1110123sP1110124s











P1110125sP1110126s



















P1110127sP1110128s



















P1110130sP1110136s



















P1110137s上二股
新道と旧道の山頂側の分岐










P1110139s沢登りが終わって
急傾斜の登りになります










P1110141sやっと視界が開けてきました











P1110143s南斜里岳方向











P1110146s雪渓が残ってました











P1110151s落ちそうで落ちない岩











P1110153s馬の背
山頂までもう少し










P1110154s山頂が見えました
奥の方ね










P1110158s南斜里岳方向











P1110160s小さな社
もチンお参りしました










P1110162s土のうで整備されていました
キャップを付けていないストックで
挿すのだけはやめてね
土のうがすぐ破けてしまいますので








P1110176s斜里岳山頂
1,545m










P1110174sGPSログ


















羅臼方向(知床連山方向)
P1110166sP1110173s











P1110167s南斜里岳方向











P1110170s南方向
(標津方向)










P1110171s東方向
(網走方向)










P1110172s北方向
(斜里方向)










羅臼岳方向(知床連山方向)から右回りにパノラマ
DSC02050s






DSC02051s






DSC02052s






DSC02053s






DSC02054s






P1110177s馬の背が見えます



















P1110178s落ちそうで落ちない岩再び











P1110181s上二股の
携帯トイレブース










P1110182s竜神の池の看板











竜神の池
P1110183sP1110184s











P1110185s水の出口は
小さな滝になっていました










P1110188s竜神の池の道の先は
登山道につながっていました










P1110194s新道から見た山頂方向











P1110196s熊見峠方向











P1110197s熊見峠付近から山頂方向











P1110198s熊見峠











P1110199s熊見峠からの下山道











P1110202s二股
(新道と旧道の分岐)










P1110203s二股からすぐ下に
コンクリート布基礎の跡
何か建物があったのでしょうか









P1110211s清岳荘
飲み物の自動販売機があります










P1110214s下山後のGPSログ



















P1110217s下山後の駐車場は
ほぼ満車状態でした










DSC_0583sきよさとから見た斜里岳
最後まで綺麗な姿を見せてくれました










DSC_0585sきよさと温泉ホテル清緑荘
これは、裏口かな
温泉が390円は安い!












csh08ymatu at 01:22コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月13日

羅臼岳の羅臼平で幕営したら「THE MIST」だった!

2011年9月13日、羅臼岳の羅臼平で幕営したときのことです。

霧が羅臼側から登ってきて、さながら「THE MIST」のようでした。

結構、怖いです。




csh08ymatu at 01:40コメント(0)トラックバック(0) 

2012年06月05日

知床連山縦走(岩尾別〜羅臼岳〜硫黄山〜カムイワッカ) 2011年7月13〜14日


昨年のことになりますが、知床連山縦走路(岩尾別〜羅臼岳〜硫黄山〜カムイワッカ)を縦走しました。

ちょうど台風が来ていて悪天候の中でしたが、仕事で登るため、どうしてもの縦走しなければなりませんでした。

雨降り等、悪天候の中での登山は非常に危険なため、決して行わないようにしましょう。

そう言う私も、ダウンジャケットと寝袋の一部を濡らしてしまい、テント泊の時に非常に寒い思いをしました。

今回は仕事で作業を行いながらの縦走だったため、登山タイムも書きません。

GPSトラックは過去にダウンロード出来るようにしていますので、こちらを参照してください。


GPSトラック
羅臼岳〜硫黄山縦走



















GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。


※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。

淡々と写真を貼っていきますが、写真の位置はカシミール3D等で確認できます。

羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走この後、かなりハイマツ等の
枝払いをしたので登山道は
見えるはず。





羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走二つ池(左右)







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走この時期の水場は、
二つ池手前の雪渓の
雪解け水が良いでしょう。





羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走二つ池(左右)







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走二つ池(左)







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走知床スミレが
咲いていました。(右)






羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走硫黄山(右)
仕事のため、硫黄山山頂に
は用事が無く頂上は踏んで
いません。
ここからの下りは登山道が
はっきりしないので要注意。


羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走







羅臼岳〜硫黄山縦走羅臼岳〜硫黄山縦走ここからカムイワッカの
駐車場まで歩きです。








csh08ymatu at 23:19コメント(0)トラックバック(0) 

2012年04月20日

北海道の山 山頂 道東の山


羅臼岳2011年9月13日
羅臼岳
1,661m







csh08ymatu at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 

2012年03月11日

羅臼岳 2011年6月23日


昨年のことになりますが、羅臼岳に登りました。

羅臼岳は上級者の山と言われていますが、羅臼岳のウトロ側から登る岩尾別コースは、非常に良く整備されていて、迷うことはありません。

ただ、春早い時期ですと大沢の手前から羅臼平までは雪渓が続いていますので、アイゼンがあれば安心できます。

駐車場は、登山口にある有名(?)な木下小屋の手前に数台。
ここは、木下小屋の宿泊者も使用しているので、早い者勝ちです。
ここが空いていなければ、ホテル地の涯の手前の砂利の部分に駐めましょう。
アスファルトの部分はホテルの駐車場ですので注意してください。

登山前に、携帯トイレは必ず持ちましょう。登山口には携帯トイレ回収ボックスもあり、7月上旬には銀冷水に仮設のトイレブースも作られます。

羅臼岳は、登山道を普通にヒグマが歩いています。
出会っても決して騒がず、知らない顔をして下がりましょう。

ヒグマに合わないこつは、ブラインドコーナーでは必ず声を出して自分の存在をヒグマに教えて下さい。お互い心の準備が出来ますし、向こうからよけてくれる場合もあります。
そして、熊スプレーはレンタルもありますので、できるだけ携帯しましょう。
私の今までの経験では、クマ鈴は余り効果がないように思います。


登山道整備作業しながらのタイムですので、あくまで参考に。

時刻 経過(区間) 距離(区間) ポイント

6:17

0:00(0:00)

0:0(0.0)

木下小屋

6:57

0.40(0.40)

1.3(1.3)

オホーツク展望

7:51

1:34(0:54)

2.9(1.6)

弥三吉水

9:11

2:54(1:20)

4.7(1.8)

銀冷水

10:59

4:42(1:48)

6.0(1.3)

羅臼平

12:22

6:05(1:23)

7.2(1.2)

羅臼岳
山頂 1,661m

13:22

7:05(1:00)

8.4(1.2)

羅臼平

14:07

7:50(0:45)

9.7(1.3)

銀冷水

14:55

8:38(0:48)

11.5(1.8)

弥三吉水

15:28

9:11(0:33)

13.1(1.6)

オホーツク展望

16:03

9:46(0:35)

14.4(1.3)

木下小屋

木下小屋〜羅臼岳山頂 標高差 1,413m (GPSより)
登り 7.2km 6時間05分
下り 7.2km 3時間41分


GPSトラック
羅臼岳・岩尾別

















GPSログのダウンロードはプログ左側の Links 「Nob's HomePage」 からどーぞ。


※写真には位置情報が記録してありますので、カシミール3D等で表示すると写真を撮影した位置が分かります。


羅臼岳登山口にある木下小屋
宿泊することができます。






羅臼岳登山者名簿はプライバシーの問題で
書かない方もいるようですが、もしも
の時のために書いた方が良いと思います。





羅臼岳650m岩峰の注意看板。
羅臼岳では、ヒグマがその辺に普通にいます。






弥三吉水
ここの水は湧き水ですので飲んでも大丈夫です。
水が足りなければここで汲んでおきましょう。
羅臼岳羅臼岳







羅臼岳誰が名付けたか「極楽平」
暫く平らです。






羅臼岳仙人坂







銀冷水
ここの水は「ぁゃιぃ」ので、生で飲むのは年寄りだけにしましょう。
エキノコックスは潜伏期間が長いので年寄りは平気ですね(笑)。
ここの広場に仮設トイレブースができます。
羅臼岳羅臼岳







羅臼岳羽衣峠
どこが峠か良く分かりません。






大沢です。
8月まで雪渓が残るところなので、7月中頃まではは大沢入り口手前から羅臼平まで雪渓が続きます。急斜面も多いので、出来ればアイゼンを準備しましょう。
私の場合は、雪渓上に誘導ロープを張る作業をするので10本爪です。
羅臼岳羅臼岳







羅臼平のテント場にある木下弥三吉記念碑。
ここの藪はトイレットペーパーだらけになります。
それを片付けるのですが、たまりません。
必ず携帯トイレを使って下さい。
羅臼岳羅臼岳







羅臼岳フードロッカー
キャンプ時など、食料は必ずここに入れて下さい。
でも、羅臼岳山頂に上がる時にザックごとフードロッカーに入れるのはやめて下さい。
フードロッカーとして利用できなくなります。



羅臼岳岩清水
ここの水は涸れていることもありますので、当てにしないように。
本当に、ここの水はうまい!





羅臼岳頂上手前は岩登りになります。
最小限のマーキングはしてありますので迷うことはないでしょう。






羅臼岳羅臼岳 山頂
1,661m
何も見えませんでした。
というより、台風が来ていてひどい暴風雨でした。




羅臼岳山頂の岩陰に誰が祭ったのか、お地蔵さん。







羅臼岳の岩尾別コースは、登山道が整備されているため天気が悪くなければ迷うことはないと思います。
ただ、天候の急変とヒグマ対策は必ず行って欲しいと思います。
なお、携帯電話はそれなりに届きます。



csh08ymatu at 14:20コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月16日

知床連山縦走路(岩尾別〜硫黄山〜カムイワッカ)


2011年7月13日〜14日、知床連山を1泊2日で縦走してきました。

コースは、岩尾別から入って二ツ池でテント泊しカムイワッカに降りました。

2日間とも悪天候で13日は暴風雨、下山日の14日は風こそ無かったものの雨降りでした。

二ツ池のテント場は水たまりになっていました。また、登山道も川状態で硫黄山からカムイワッカへの沢下りも水が多く、登山靴では全く歯が立たない水深になっています。

過去6年間硫黄山登山道が使えなかったため、縦走者が少なく二ツ池から硫黄山まではハイマツが登山道を隠し、硫黄山からカムイワッカまではペイントも消えかかっています。

初めてこの縦走路を歩く方は十分注意して頂きたいと思います。

なお、作業のため縦走したので、タイムログは当てにならならないことをお断りしておきます。

データは、右下の Links Nob's Home Pageのダウンロードコーナーからどうぞ。


知床連山


















csh08ymatu at 08:08コメント(0)トラックバック(0) 

2011年07月03日

羅臼岳 羅臼コース 羅臼平分岐まで 2011/07/01

2011年7月1日、知床連山最高峰の羅臼岳に羅臼コースから羅臼平分岐まで登ってきました。

生憎の天候で雨こそ降らなかったものの全く眺望はない中の登山でした。

登山道はそれなりに整備されていますが、泊場から暫くは登山道が雪解け水のためか川になっていて水の中を歩く必要があります。

その後、急斜面の雪渓を岩清水と羅臼平の分岐の上まで登るのですが、10本爪以上のアイゼンと、登山道が不明瞭ですので、初めての方は地図入りのGPS等が必要でしょう。

特に、下りは屏風岩付近の沢をそのまま下ると遭難してしまいますので、十分注意が必要です。ただ、7月1日から、沢にはロープが張られていますので、下りでロープが見えたら右に行けば大丈夫だと思います。

なお、作業のため登ったので、岩清水と羅臼平の分岐付近までしかログはありません。

データは、右下の Links Nob's Home Pageのダウンロードコーナーからどうぞ。


羅臼岳・羅臼コース
























csh08ymatu at 13:39コメント(0)トラックバック(0) 

2011年06月25日

羅臼岳 岩尾別(ウトロ側)コースGPSログ 2011/06/23


2011年6月23日、知床連山最高峰の羅臼岳に登ってきました。

生憎の天候で雨降りの中の登山でした。山頂は暴風雨のため、眺望は何処を向いても真っ白でした。

登山道は非常に良く整備されていますが、大沢もまだまだ雪渓に覆われています。

そのため、雪渓を歩いての下山で登山道を見失い、遭難者も出ていたようなので、十分気をつけて下さい。

なお、作業をしながらの登山でしたので、タイムは参考にならないと思います。

データは、右下の Links Nob's Home Pageのダウンロードコーナーからどうぞ。


羅臼岳・岩尾別




















csh08ymatu at 10:15コメント(2)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ