北海道

2021年05月25日

赤レンガの旭川市役所について

2023年7月頃から解体が着工されます。

赤レンガの現市庁舎は1958年に完成しました。
私が生まれる前の年で築62年です。

見た目は今でもモダンな、打ちっ放しのフレームと赤レンガ積みの築62年とは思えない綺麗な建物です。
フロアは9階まであり、中央の設備搭(?)を入れると13階建てです。
壁面をみるとフレームとレンガが面一となっていますが、これは凍害対策としてできるだけ凹凸を付けないという考えだったようです。

解体の理由は、1997年に市はこの建物の耐震診断を行った結果、耐震に不安があったと言う事のようです。
しかし、その後に震度4の地震を3回受けていますが、コンクリートフレームにも外壁のレンガにもひび割れは発生していないようです。
耐震強度がどの程度だったのか、補強による対応はできないのかなど、ネットの情報だけでは明らかにすることはできませんでした。

もし耐震補強が可能だとしても外部補強による景観の変化や、施設や設備の老朽化は否めず、これらの更新だけでも大変な予算がかかると想像できます。

私が通った小学校は、この市役所の横(現文化会館位置)にあった中央小学校で、冬などは朝学校へ行くと廊下に雪が積もっているようなオンボロ木造校舎でした。
当時は9階建てと言う高い建物もなく、学校帰りに市役所のエレベータに乗って遊んだりしましたが、ランドセルを背負った子供がエレベータで遊んでいても叱られることもなく、おおらかな時代でした。

この市庁舎について調べてみると、1959年の日本建築学会賞を受賞しているほか、2003年にDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選ばれたようです。

また、保存すべき歴史的な建築物としては認められなかったと言う事なのでしょう。
残念ですが・・・


DSC_5832s
東面

DSC_5833s
南面

DSC_5834s
南面

DSC_5916s
西面

DSC_5917s
西面

DSC_5915s
西側の歩道に、ちょうど八重桜が咲いてました。

DSC_5919s
市役所第三庁舎(旧上川支庁庁舎)




csh08ymatu at 12:30コメント(0) 

2021年05月21日

層雲峡で銀河の滝と流星の滝を見た (双瀑台)

2021年5月7日に銀河の滝と流星の滝を見ました。

最後に層雲峡で銀河の滝と流星の滝を見たのは、25年ほど前だったと思います。
当時はトンネルがなく国道から眺めることができました。
現在は、滝を見るためにはトンネルの手前から旧国道へ入ります。
滝を見るための専用駐車場があり、売店もトイレもあります。

平日と言う事もあってか、車は2〜3台で、とっても空いてました。

両滝とも季節的に融雪期と言う事もあって水量も豊富でとってね綺麗な姿を見せてくれていました。
銀河の滝は、厳冬期はアイスクライミングを楽しんている人が結構います。

駐車場からは流星の滝、銀河の滝それぞれを別々に見ることしかできませんが、滝の向かい側の斜面の上に双瀑台という両方の滝を一度に眺めることができ、さらに流星の滝の間に黒岳の頂も見えるという展望台があります。
お土産屋さんの裏側にあり、見逃してしまいやすいと思いますが、是非登って欲しいと思います。
ただ、結構登らないとならないので、体力に自信のない方は辛いかもしれませんが、それに見合った景色がありますのでゆっくり登って欲しいと思います。


DSC_5880s
層雲峡渓谷案内図

DSC_5860s
日本遺産説明板

DSC_5858s
銀河の滝・流星の滝の説明板

DSC_5855s

DSC_5857s
流星の滝

DSC_5866s

DSC_5867s
銀河の滝

DSC_5873s

DSC_5878s
双瀑台から 流星の滝(右)の間に冠雪の黒岳山頂




csh08ymatu at 18:00コメント(0) 

2021年03月04日

層雲峡温泉 第46回氷瀑祭り2021

2月22日に層雲峡温泉 氷瀑祭り2021に行ってきました。
コロナの影響か、規模が半分ぐらいになっていました。
最後に氷瀑祭りに行ったのは、もう20年ぐらい前じゃないかと思います。
その頃は、層雲峡は寒いところで、夜になると普通に-15度ぐらいになっていたと思います。

今回は-5度程度と温かく(寒いですけど)、人もあまりいなくて雪も降っていないという好条件に恵まれました。
床に投影された画像を踏むと爆発したり、ぐるぐる回りだしたりする子供にも楽しいアトラクション?的なコーナーもありました。

一つだけ残念だったのは展望広場が立ち入り禁止になっていたことです。


DSC_5684s

DSC_5699s

DSC_5700s

DSC_5708s

DSC_5710s

DSC_5712s




csh08ymatu at 19:00コメント(0) 

2021年02月10日

ホンダスノーラHS970のシューターが回らない


HS970ですがシューターが回らないという症状が現れました。
上下方向は問題なく動き、左右だけが動かないのです。
シューターを回すレバーを左右に動かすとモーターのあるあたりからカチカチという音がするので、何となく「回転部分が凍ったのかな」と想像していました。
何度かレバーを操作していると動きだしたりしていたので、そろそろモーター交換かなあと思っていました。
そしてついに何度レバーを操作しても動かなくなりました。
これでは除雪ができません。

シューターモータについて調べてみると同様の症状が数多く報告されていて、ホンダ除雪機のアキレス腱になっているようでした。
シューターモータは1万円以上するため、ダメ元で自分で修理することにしました。
この時期の旭川では暖かい日を選んでも気温がプラスになることがほとんどないので、それでも日差しが暖かい日を選んで車庫に入れて作業しました。
車庫内の温度が何とかプラスになっていたため、これで凍っていたモーターも溶けるだろうと考えました。
数時間車庫内に放置し作業開始です。
カバーを外し、シューターを外し、横方向のシューターモータを取り外ししようとしたら、縦方向のシューターモータとぶつかり、それも外さないと取れない構造になっていました。
色々工夫して最小限の分解でなんとか横方向のシューターモータを外し、蓋を外してみるとねっとりとした粘土状の物と水が出てきました。
シューターが動かなくなったのは、やっぱり凍結が原因でしたね。
構造をよく観察してみると、シューターを回すギアが上向きになっているため、水が入るのは当然だと思います。
ドレンのホースもありますが、下になる部分から出ているわけではないため、当然水はたまります。
これは、構造改善の余地がありそうです。

モーターを室内に入れて、回転部分の隙間に厚紙を入れて粘土状の物をできるだけ掻き出し、ドライヤーで温風を当てて1時間程放置しました。
その後、その隙間からスプレーグリスをしっかり吹き込み、回転部分と蓋にもグリスアップしました。

分解したついでに、その他の可動部分にもグリスを吹き修理完了です。

修理後まだ除雪していませんが、たぶん大丈夫だろうと思います。

今回は、凍らなくなれば良いと考えて、モータ自体の分解掃除まではしませんでした。
もし、また凍るようであれば温かくなってからじっくりばらしてオーバーホールしようと思います。

※その後(2021.02.23)
シューターモータは凍ることもなく、調子良く作動しています。
同様の症状のある方は、自分ても十分可能な修理ですので、まずはやってみることをお勧めします。


P1150077s
カバーを外したところ(オーガ側から)

P1150078s
カバーを外したところ(右側から)

P1150082s
縦方向のシューターモータをずらし、横方向のモータを外したところ

P1150084s
問題のモータ(下側から)

P1150085s
問題のモータ(上側から)
この状態で取り付けされている。

P1150087s
蓋には泥と水が溜まってました

P1150088s
乾燥、清掃、グリスアップ




csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2021年01月19日

MERRELL(メレル)のスノーブーツ Coldpack Ice+8 Zip Polar Waterproof

滑らないソールを使っているMERRELL(メレル)のスノーブーツ Coldpack Ice+8 Zip Polar Waterproof メンズを買いました。

旭川市は横断歩道や歩道上が圧雪だけでなくアイスバーンと言うか氷になっていることが多く、冬期間は非常に歩きにくい地域です。
今まで一番滑らなかったのは、ハッシュパピーのゴム底のデザートブーツでしたが、それも今は残念ながら生産されていません。
ヒロミチナカノのゴム底のデザートブーツは、滑らない方だと思いましたがハッシュパピーにはかないませんでした。
メレルのブーツを買うまでは、リーガルの冬用のデザートブーツでしたがやはり滑ります。

なんとか滑らいな靴はないのかなと気に留めていたのですが、メレルで滑らないと言われている靴があることを知りました。
本当は、スーツで履ける靴が欲しいのですが、まずはこの靴底が本当に滑らないのか色々調べてみました。
アマゾンのレビューでは、「札幌では普通に滑ります」と評価している方もいましたので、それほど期待はしないで買えばいいかと思い、まずは買ってみることにしました。
まずは買ってみると言ってもABCマートでは定価で約27,000円、アマゾンでも23,000円程なので結構勇気が必要でしたが…

メレルの滑らない靴に使われているソールは、以下のように説明されています。
「アウトソールには、世界的に有名な高機能アウトソールブランド、ヴィブラム社が開発した冬用ソール「アークティック グリップ」を搭載。特殊な繊維を化合したこのソールが雪や氷の上でも高いグリップ力を発揮します。また、アークティック グリップ以外の部分には、マイナス20℃まで硬化しないラバーを採用。優れた耐久性とグリップ力で、雪道から濡れた氷上まで滑りやすい路面を普段通りに歩くことができます。」

まず足入れは、ブーツ内側が滑りにくい素材のため歩いている時は良いのですが、履くときに踏み込みだけでは足が入らず、ブーツを手で引き上げる必要があります。
それと、非常に軽く温かいブーツです。
ブーツの形状が足首の角度が後ろに反っていることと靴底から伝わってくる感覚が薄く、車の運転時にアクセルやブレーキを微妙に踏んでいる感覚があまり伝わってこないため運転は非常にしづらいです。
積雪地帯で車が必須の地方の方には、すこし慣れが必要でしょう。
特に、てかてかのアイスバーンの交差点は、隣の車とぶつからないように横滑りしないように微妙にアクセルやブレーキを踏む必要がある時は、かなり注意が必要だと思います。

さて、問題のグリップですが圧雪は結構滑らずいい感じです。
問題の交差点の横断歩道上の車で磨かれたツルツルしたところやアイスバーンの上は、残念ながら歩くと普通に滑ります。
私の感覚では、これを説明にある「氷の上でも高いグリップ力を発揮」とは思えませんし「濡れた氷上まで普段通りに歩くことができる」とも思えません。
宣伝時の氷の温度や表面の状態、気温なども関係するでしようから、ある条件では滑りにくいと言ったところでしょう。
まあ、人それぞれ滑らないという感じ方が違うので何とも言えないところです。

スノーブーツとしては良い靴なので、「ツルツル路面やアイスバーンでは滑らないわけではない」ことを承知の上で買うと良いと思います。

DSC00282s

DSC00283s

DSC00284s




csh08ymatu at 18:30コメント(0) 

2020年10月29日

小平町「おびまる広場」に恐竜現る


先日、小平の道の駅までドライブに行ってきました。

途中、小平の温泉施設ゆったりかん近くのトンネルの手前にある「おびまる広場」に恐竜が目に留まりました。
ここにはなかったよなと思いながら恐竜前の駐車場に入りました。
国道232号のオロロンラインから見えますので結構目立つところです。

近くによると結構大きな恐竜でした。
恐竜のモニュメント自体は新しい感じはあったのですが、なーんかどこかで見たことあるような・・・

後で調べてみると、小平ダムが完成した1992年に小平町がダムの東側の駐車場に設置した恐竜「カモハシリュウ」のモニュメントだと言う事が分かりました。
小平ダムの道は、何度も通っているので見たことがあったんですね。
何となく納得しました。
恐竜のモニュメントが新しく見えたのは、移設した時に清掃などメンテナンスしたからなんでしょう、たぶん。

おびまる広場のすぐ横に宿泊温泉施設「ゆったりかん」がありますので、温泉に入って帰るのもありですね。


DSC_5480s
カモハシリュ 逆光です。

DSC_5481s
結構大きいです。

位置s
「おびまる広場」はここです。



csh08ymatu at 18:00コメント(0) 

2020年09月11日

神の子池


北海道清里町にある「神の子池」に行ってきました。
2度目、9年振りです。
「神の子池」は摩周湖の伏流水が12,000t/日も湧き出ていると言われています。

休日と言うこともあり、神の子池までの砂利道も割と交通量が多く、道幅が細いところでは、連なった車とのすれ違いに苦労しました。
駐車場はかなり広いので、混んでいても一杯になることはないと思います。

2011年に初めて訪れた時は、まだ観光地化されておらず、ジブリに出てきそうな本当に神秘的な池でした。
当時はそれ程有名ではなかったようで、観光客もあまりいなかったと思いますが、現在は観光客が増えたため、神の子池の周りに遊歩道が整備されています。

神の子池の周辺は変わってしまいましたが、神の子池自体は倒木もそのまま神秘的な状態を保っていました。


2020年と2011年年の比較写真を載せてみました。


01s
「神の子池」の説明版(これは変わっていませんでした。)


02s03
左:2020年  右:2011年

0504
左:2020年  右:2011年


06s
2020年:奥に遊歩道が見えます。


2011年の記述はこちら




csh08ymatu at 12:45コメント(0) 

2020年09月10日

天に続く道


知床半島の付け根あたりに、「天に続く道」と言う所があります。
結構人気スポットになっているようです。

斜里からウトロへ行く途中に国道をそれて「天に続く道」を上って行くと、左手に「天に続く道展望台」があります。
そのあたりが道路のうねりの頂点なので、そこの道路上から見ても十分「天に続く道」に見えます。
ここの駐車場は展望台の奥の方にありますので、撮影者の邪魔にならないように路上駐車はやめましよう。
ちなみに、「天に続く道展望台」からは「天に続く道」には見えませんね。

そこで帰る方もたくさんいるようですが、さらに進んで行き突き当りのT字路まで行くと、「天に続く道スタート地点」の看板と撮影台があり、駐車場もあります。
看板が入る位置から撮影すると手前にT字路の道路が入ってしまいます。
手前の展望台のある所の方が「天に続く道」だけなので、もしかするとそれっぽいかも知れません。

休日は観光客などの交通量が多いので、車がいない「天に続く道」を撮影するのは大変かも知れません。
なにせ、観光客が撮影の順番待ちで並んでいるため、天に続く道に車がいなくなるのを長く待つには、結構強い心が必要だと思います。
私の順番が来た時、丁度良いタイミングで車が走っていなかったため、とってもラッキーでした。


DSC_5393s
「天に続く道展望台」スタート地点から


DSC_5282s
「天に続く道展望台」地点から


DSC_5285s
「天に続く道展望台」から




csh08ymatu at 12:55コメント(0) 

2020年08月09日

Facebookからの情報流失

ネットでも話題になりましたが、Facebookのidとパスワードの情報流失についてです。

お恥ずかしい話ですが、私も釣りにかかってしまいました。

先日、懇意にしていただいている方からFacebookのメッセンジャーを通じて動画の確認が来ました。
何となくその方からこのようなメッセージが来るのはおかしいなと思いましたが、クリックしてしまいました。
そうすると、Facebookのログインが出たので、疑問を感じつつも入力してしました。
そのあと、その方からFacebookが乗っ取られたと連絡がありましたが、時すでに遅し。
結果、フィッシングでした。

すぐに、関連するものすべてのパスワードを変更しました。
たぶんこれで大丈夫だと思います。

他に、知り合いにも私と同じように引っ掛かった方がいらしたようです。

怪しいサイトでなくても、アカウントの乗っ取りもあり得ますので、十分気を付けてください。




csh08ymatu at 03:00コメント(0) 

2020年07月30日

戸外炉峠(トトロ峠) と ねこバス

戸外炉峠(トトロ峠)に行ってねこバスを見てきました。

バイクで行ってきました。

戸外炉峠は道央道深川ICのすぐ近くにあります。
ねこバスが停車していて、バス停には時刻表もあります。
周りはそば畑です。

近くの駐車場からの景色は、水田の代掻期には絶景となるようです。

※写真には位置情報が入っています。

01









02









03









04









05

















戸外炉峠 - Google マップ_ページ_2











csh08ymatu at 07:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
山登りは自宅から日帰りできる山を守備範囲としてますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳で二輪の免許を取ってから今までバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに載っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ