スイーツ

2021年10月05日

江丹別の青いチーズの伊勢ファーム、青いチーズケーキのchirai cafeに行ってきた


青いチーズで有名な江丹別の伊勢ファーム、そして青いチーズケーキで話題のchirai cafeに行ってきました。
青いチーズは独特の臭みがあるブルーチーズですね。
そして、そのチーズを使ったチーズケーキが青いチーズケーキです。

伊勢ファームといえば、道の駅あさひかわで食べることのできるカウ&カーフのソフトクリームを作っているところです。
そして、青いチーズも知る人ぞ知る伊勢ファームのブランドです。

まずは江丹別へ向かって自宅から、修理から上がってきたカイエンを走らせ、嵐山を超えて暫く行くと、かかし村があります。
そして、それからまた暫く行くと江丹別の町があります。
江丹別の町に入ると、左手に何やら行列が・・・パン屋さんのようでした。
それを過ぎて少し行くと伊勢ファームが右手に見えてきます。

伊勢ファームの駐車場にはキッチンカーが出ていて、飲み物を販売していました。
肝心の売店はドアも窓も閉まっていて、やっているようないないような。
近づいて行くと窓が開いて、やっていることが分かりました。
もちろん青いチーズとソフトクリームを買って、青いチーズケーキについて聞くと、町まで戻って江丹別小中学校のとなりにあるパン屋さんの奥のチライさんにありますよとのことでした。
かぐわしい風に吹かれて牛を見ながら食べるソフトクリームもいいもんだなと。

その後、町まで戻るとパン屋さんの行列はまだ続いていました。
パン屋の行列も魅力があったのですが、まずは奥にあるチライ(chirai cafe)に行きました。
青いチーズケーキも在庫ありますよとのことだったので、お昼少し前だったのですが、カウンターが空いていたのでここでランチすることにしました。
ランチコースもあったのですが、ワンプレートランチを注文しました。
ドリンクは全て別料金で、私はお勧めのレモネード、連れはそれぞれシソジュースとホットコーヒーを注文しました。
レモネードは甘味の少ないもので少しハーブが香りました。
シソジュースも甘味の少ないシソって感じでした。
ホットコーヒーは酸味の少ない苦みのある私好みのコーヒーでした。
さて、ワンプレートランチは非常に盛りだくさんで、パン3種(もちろん行列のできていたパン屋のパンも)、ソーセージ類4種、スープ(焼きチーズ入りミネストローネ)、サーモン、鳥の蒸し肉とブロッコリー等。
どれもとってもおいしいですが、そば粉のパンに酒粕のブルーチーズにはちみつを垂らしたものが思わずうまいって言ってしまいました。
青いチーズケーキにはレアチーズケーキ(2,500円)とバスク(2,700円)があって、両方とも買えるとのことだったので両方買いまいました。
ケーキは両方とも冷凍されていました。

外に出るとパン屋さんの行列はなくなっていたので寄ってみると、パンもほとんどなくなってました。
ところが、何故かペッパーオリーブが焼きたてで並べられたところだったのでそれを3本買いました。
温かいうちに食べると美味しいですよとのことだったので、車の中で食べてみると、こりゃ美味い。
思わずもう3本追加で買ってしまいました。
美味しいから追加で3本買いに来ましたと言うと、パン屋のおねーさんは、私もこれが一番好きなんです、ワインともあいますよって教えてくれました。

自宅に戻り、レアチーズケーキとバスクと両方ともまだ少し凍っていましたが柔らかくなっていたので食べてみることに。
両方ともなまら美味い!
臭美味いって言ったほうが良いのかもしれません。
ブルーチーズの臭みが絶妙に残っていて、私は病みつきになりそうです。

残念ながら、青いチーズはまだ食べてません。


DSC_6712s
伊勢ファーム カウ&カーフのソフトクリーム 300円

DSC_6714s
青いチーズ 800円

DSC_6715s
chirai cafe (チライ:アイヌ語でイトウのこと)

DSC_6716s
ランチメニュー

DSC_6718s
自家製レモネード 400円

DSC_6719s
ランチプレート 2,000円

DSC_6721s
江丹別のパン屋さん aman

DSC_6721s1
ペッパーオリーブ 320円

DSC_6724s

DSC_6725s
青いチーズケーキ 2,500円

DSC_6723s

DSC_6726s
江丹別バスク 2,700円


■伊勢ファーム
店舗名:Cow&Calf(カウアンドカーフ)
TEL:0166-73-2148
住所:北海道旭川市江丹別町拓北214
営業時間:13時〜17時(土曜・日曜・祝日は10時〜18時)
定休日:火曜日、冬季は休業
【伊勢ファームチーズ工房 公式フェイスブック】
https://www.facebook.com/etanbetsu.blue/
【公式サイト】
https://shop.asahikawa.style/bluecheese


■チライ(Chirai)
TEL:0166-76-4747
予約可
住所:北海道旭川市江丹別町中央121-1
営業時間
[ランチ] 11:00〜14:00(L.O)
[カフェ] 14:00〜15:00
[ディナー]17:00〜20:00(L.O)
※ディナーは前日までに要予約
定休日:月曜日・火曜日(祝日の場合営業、翌日休)
※冬季(1月・2月)は水曜日も休
公式アカウント
Facebook:https://www.facebook.com/Chirai-チライ-Restaurant-Cafe-100849541267470/


■アマン(aman)
TEL:0166-85-7995
住所:北海道旭川市江丹別中央121-2
営業時間:10:00〜15:00
無くなり次第終了
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
公式アカウント:
Facebook:https://www.facebook.com/boulangerie.aman
Instagram:https://www.instagram.com/boulangerie_aman/



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2019年06月08日

赤いサイロ 

2018年平昌オリンピックで女子カーリングで銅メダルを取った「ロコ・ソラーレ(LS)北見」の「そだねー」、「もぐもぐタイム」で有名になって、一時は手に入れることができなかった北見市の銘菓「赤いサイロ」も普通に手に入るようになりました。
とは言っても好きなだけ買えるわけではなく、1日400個限定販売で、お一人様10個となっています。

有名になる前は、確かに美味しいけど・・・ぐらいでしたが、入手困難になってから改めて味わって食べてみると、確かに美味しいです。

北海道の北見市にある清月というの小さな(?)お菓子屋さんが作っているチーズケーキとして、ここまで有名になるとは思ってもいませんでした。


DSC_3592s5個入り箱
540円(税込み)
安いですね。




















DSC_3593sチーズケーキも
1つずつ箱に入ってます。
箱入りで1個約100円とは!




















DSC_3596sチーズケーキ赤いサイロは
真ん中がへこんでます。






















清月 一番街本店
住所:北海道北見市北1条西1丁目
電話:0157-23-3590
FAX:0157-23-3558
営業時間:9時半〜18時半
定休日:なし(元旦のみ)
駐車場:なし

屯田支店
住所:北海道北見市とん田西226-1
電話:0157-61-1123
営業時間:9時半〜18時半
定休日:なし(元旦のみ)
駐車場:有5台

ホームページはこちら



csh08ymatu at 00:55コメント(0) 

2018年08月13日

天覧山の「吟醸酒 酒ケーキ」

埼玉県在住の大学時代の親友が、埼玉県の隠れたスイーツの名品などを色々送ってくれます。

しばらく前のことになりますが、埼玉県飯能市にある天覧山の造り酒屋五十嵐酒造の直売店で販売されている「吟醸酒 酒ケーキ」を送ってくれました。
酒ケーキといっても、吟醸酒を使って焼き上げられたカステラです。

この酒ケーキをお取り寄せしようと思って、天覧山のHPに言ってみましたが、HPからは購入することが出来ない様です。

酒ケーキの包みを開けると、日本酒のいい香りがほんのりと漂ってきます。

日本酒香りのするカステラなんて、なんだかわくわくします。

口に運ぶとさらに何とも言えない日本酒の香りが、ほんのり広がります。

そして、甘さの中に日本酒の味でしょうか、少しだけ苦みを感じます。

これは、うまい!

もっと有名になっても良いんじゃないのかなと思います。


DSC_2102s


















DSC_2103s


















DSC_2104s


















天覧山 五十嵐酒造株式会社

〒357-0044 埼玉県飯能市大字川寺667-1
TEL:042-974-7703

ホームページはこちら




csh08ymatu at 19:20コメント(0) 

2018年07月16日

もりもと 札幌エスタ限定ガトーティラミス

北海道千歳市の菓子工房「もりもと」の札幌エスタ限定のガトーティラミスです。

知り合いから、是非食べて欲しいとおすすめされたスイーツです。

ホールのティラミスは初めての経験ですが、これが1,000円とは札幌では考えられないほどお手頃な値段だと思います。

味の方は、奇をてらったものでもなく、想像通りの味で普通に美味しいティラミスです。

札幌に行かれる機会があれば、是非食べて欲しいと思います。

ただし、数量限定のようなので、早めの時間行くことをおすすめします。


DSC_2147s
























もりもと 札幌エスタ店 HPはこちら
札幌市中央区北5条西2丁目 B1Fエスタ大食品街
Tel.011-213-2184
営業時間10:00-21:00



csh08ymatu at 02:35コメント(0) 

2017年03月19日

クロッカンシュー ザクザク 東京で食べたけど北海道生まれって・・・

総監口頭試験に行った時に「北海道生まれの クロッカンシュー ザクザク」なるものを池袋東武デパートで見つけて食べて見ました。

ザクザクは、それぞれの店舗で作られていて、並んで待っているときも、おねーさんがシューにクリームを入れるのを、うまいもんだなあーと見ているとすぐに順番が来ます。

10名ほど並んでいましたが、それほど待つこともなく買うことができました。

ホテルに戻ってから食べたのですが、そのままかぶりつくと、アーモンドがあしらわれたシューは名前の通りザクザクしていて、中のとろっとしたクリームはカスタードと生クリームのミックスのようで、バニラビーンズのつぶつぶも入っています。

うまいです。

並ぶのもわかります。

北海道生まれってことは、私の地元にもあるのかなと調べてみました。

同じような見た目で、商品名も同じものが、きのとやから発売されていました。
 
残念ながら、食べたことはありませんが、たぶん同じ物です。

色々調べてみると、最初はきのとやで発売されていて、東京では別会社として営業展開しているようです。

ちなみに、東京で食べたザクザクは「株式会社BAKE」、北海道は「株式会社きのとや」です。

株式会社BAKEが販売しているアップルパイ「RINGO」も、元はきのとやです。

残念ながら東京のBAKEブランドのザクザクは、北海道では発売されていないようです。


DSC_1250sDSC_1252s








DSC_1251sDSC_1253s








DSC_1254sDSC_1255s









クロッカンシュー ザクザク


株式会社BAKE








 

csh08ymatu at 13:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年10月31日

ふらのぶどう果汁工場のぶどう果汁ソフトクリーム

先日、ドライブがてら富良野方面へ行ってきました。

富良野ワイン工場やふらのチーズ工房へは行ったことがあったのですが、ぶどう果実工場は初めてです。
 
小雨が降る天候と、観光シーズンが終わったため、私たち以外はだーれもいませんでした。

で、ここでしか手に入らないという工場限定ジュース「バッファロー」と「ぶどう果汁ソフトクリーム」をいただきました。

ジュースの方は濃厚で、酸味がありました。

ソフトクリームは、うまい!

むかし、富良野市街に商工会の直売所があって、そこで食べることができたソフトクリームと同じだと思います。

富良野に行った際は、是非 「ぶどう果汁ソフトクリーム」をご賞味ください。


工場限定ジュース「バッファロー」 400円
DVC00039s


















 「ぶどう果汁ソフトクリーム」 350円
DVC00040s


















ふらのぶどう果汁工場

住所 富良野市西学田2区
電話 0167-23-3388(ふらの観光協会)
営業期間 6月〜10月12日(平成27年現在)
営業時間 AM10:00〜PM4:00




csh08ymatu at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年09月03日

福井製餡所 あん庵の「あんどらソフト」

旭川にあるあんこ屋さん福井製餡所に併設されている「あん庵」の「あんどらソフト」を食べました。

あんどらソフトとは、どら焼きの皮にあんソフトを乗せたもので、ちょっと食べにくいですが一度は経験してみたいソフトです。

あんソフトは、舌触りがあんこを感じさせ、少し粉っぽさもありますが、何とも言えない食感と味があります。

個人的には、たまに食べると美味しいかなと思います。

物は試しに、一度は食べて見たいソフトクリームだと思います。


DVC00052sあんどらソフト
400円

 















福井製餡所 あん庵
TEL 0166-73-5224
北海道旭川市2条通20-左9
9:00〜17:00
不定休

福井製餡所のホームページはここです




csh08ymatu at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年08月16日

ゴジラのたまご

月形町の名産のスイカ「ゴジラのたまご」です。

ゴジラのたまごは縞が無く、ラグビーボールのような、卵のような形をしてしています。

私が最初に購入したのは6Lで12〜14kg(3980円)のもので、かなり大きいスイカです。

2度目に購入したのが5Lで10〜12kg(2980円)です。

どちらもまるまんま冷やすのも大変な大きさです。

食べて見ると、さくさくとした歯触りで、あっさりした甘みが特徴です。

最近の、強い甘みのスイカとは違った甘みです。

ランニングの後に食べると、正に至福のひとときになります。

価格は統一されていないようで、店舗によって1000円ぐらい違います。

ある店舗では5Lを3980円で売っていましたが、私が買ったのは同じ5Lで2980円でした。

値段は違いましたが、物は一緒ですね。


P1080592sP1080593s











最近は皮の薄い小さいスイカがたくさん出ていますが、一般的な大きなスイカって小家族ではなかなか買いずらい果物のような気がします。

そのためか、スイカの生産高は最盛期の1/3程度にまで減少しているようです。

メロンも旨いけど、やっぱり夏はスイカだなあ。




csh08ymatu at 01:37コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月26日

LeTAOのフロマージュソフトクリーム&ミルクソフトクリーム

小樽が本店の洋菓子屋さんのLeTAO(ルタオ)のソフトクリームです。

特にドゥーブルフロマージュで有名になったお店です。
 
そんなLetTAO本店近くにあるルタオプラス店で、ソフトクリームを食べました。

ソフトクリームはミルク、フロマージュ、ミックスの3種類あって、ミルクとフロマージュを注文しました。

LeTAOのソフトクリームは、コーンにも拘りがあって、自家製のようです。

フロマージュの方は5種類のチーズが使われているとのことですが、思ったよりチーズ臭さが無く、チーズが得手でない方も美味しくいただけるかも知れません。

ミルクのほうは、ジャージーミルクにマスカルポーネというチーズが隠し味に使われているようで、チーズはほとんど感じられれませんが、、普通に美味しいミルク味です。

どちらも美味しいのですが、お値段高めで量も少なめです。

せめて3巻き半は食べたいなあと思いました。


ミルク:360円、フロマージュ:390円
P1070772sP1070773s













csh08ymatu at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2015年07月25日

道の駅びえい「丘のくら」のとちおとめ苺ソフト

道の駅びえい「丘のくら」でとちおとめ苺ソフトとミルクソフトを食べました。

とちおとめ苺ソフトはフレーバー甘味料の苺の味ではなく、本物の苺の味がします。

苺もミルクソフトも、どちらもおいしいです。

 ただ、3巻きなのでもう一巻き少し欲しいところです。


DVC00039s














 


 

csh08ymatu at 23:09コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ