カイエン

2023年05月01日

在宅勤務でカイエンのバッテリーが上がり気味、充電器はCTEC


今まで勤めていた会社を定年退職し、4月から会社が定年の長い会社に転職しました。
その会社の本社や支店が通えない距離にあることと、仕事のほとんどが、PCとメールと電話でできるため基本的に在宅勤務になりました。
発注者との業務打合せや、オンラインではできない会議などは出勤です。

そのようなことから、毎日通勤に使っていたカイエンにあまり乗らなくなってしまいました。
ポルシェはカイエンを含め暗電流を結構使うようで、2週間も乗らないと電圧が12V弱まで下がってしまいます。
と言うわけで、1〜2週間に1度、GS YUASAのバッテリー充電器で充電していました。
特に問題はなかったのですが、せっかくならポルシェ専用の充電器でも買うかなと調べてみたところ、オプションのコードを入れると40000円ほどでした。

ポルシェ純正のバッテリーチャージャーについて色々調べてみたところと、CTECというスウェーデンにあるバッテリーチャージャーメーカーのOEMであることが分かりました。
このCTECはポルシェだけでなく、メルセデス、ビーエムダブリュー 、ロールスロイス、アストンマーティン、フェラーリ、ランボルギーニ、レクサス、ハーレーダビットソンなどの高級車ブランドにもOEM供給している会社です。

それじゃあ、ポルシェ純正じゃなくてもCTECだったらいいんじゃねということで、最新モデルの一つ前のモデルを購入しました。
最新モデルがCTEC MXS7.0で、購入した物はCTEC MXS5.0です。
メルカリに出店している業者から1.4万円ほどで購入しました。

日本語の説明書も付いて来ましたので読んでみましたが、ようするに、バッテリーのプラスとマイナスにクリップをつないでコンセントを挿せば良きに計らうよってことのようでした。
バッテリーの充電も8段階に細かく分けて行い、充電完了後は維持充電としてトリクル充電を行うため、つなぎっぱなしでも良いみたいでした。

ネットで色々調べていて分かったのですが、ポルシェ911等を所有しているけど、たまにしか乗らないので普段は充電器をつなぎっぱなしにしておいて、乗る時にはずして乗る方もいるようでした。

私もこれからは、1〜2週間乗らなかった時は充電することにします。


01

02

03

04





csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2023年02月03日

カイエンにワコーズのFuel1を入れてみた


エンジン内のカーボーンが落ちると評判のワコーズのFuel1を入れてみました。
Fuel1はエンジン内部を綺麗にする代わりにオイルを汚すようです。
2月末にオイル交換をする予定のため、今がチャンスと入れました。

どうせ入れるなら、長距離を走る時に入れたほうが良いと思い、チャンスを待っていました。
温根湯温泉大江本家に1泊し、知床方面へ足を延ばそうと考えていたため、あえて満タンにせず出発しました。
帰宅後にほぼガソリンが無くなるようにすることを狙いました。

Fuel1は20L〜60Lに1本、それ以下はガソリンの1%を超えないように注入するように書かれています。
カイエンは85Lタンクなのでガソリンメーターが6割ぐらいで50L程だと考えて、その頃に1本入れました。
ただ、Furl1の注ぎ口よりカイエンのガソリン注入口の方が細くて、少しこぼしてしまいました。

注入後70km程走行しても、特に変わらず。
出来るだけ、プラシーボ効果に陥らないように気を付けました。

圧雪アイスバーンの冬道なので、わりとゆっくり走ったこと、空気密度が高いこと、スタッドレスで夏タイヤより細くて軽いこともあって燃費は10km/L以上でした。

最終的には、自宅近くのガソリンスタンドに付いた時は、走行可能距離が50kmで、平均燃費が10km/Lと表示されていました。
これを信じると5L残りですね。
実際に入ったガソリンの量は78Lでしたので、85(タンク容量)-78(入った量)=7L残りでした。
いずれにしても、ぎりぎりでした。

結局、Fuel1を注入してから2日間で約500km走りました。

さて、エンジンの調子がどうなったのかというと、アクセルオンの時の加速が力強くなりました。
もともと静かで滑らかなエンジンのため、エンジン音が静かになったとか滑らかになったとかは、オイル交換の時のようには感じませんでした。

これは、長距離を走ったからなのか、Fuel1の効果なのか、はたまた両方なのかは分かりませんが、確かに出かける前と帰って来た時とでは明らかに違いました。

本当は、もう一度続けて入れると良いようなので、長距離を走る時にもう1本入れてみたいと思います。


DSC_8296s
ワコーズのFuel1  アマゾンで2,168円でした

DSC_8291s
ガソリンが無くなるとこんな表示が出ます

DSC_8293s
ガソリンスタンドに着いた時




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年08月24日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」


「ポルシェは日本車に比べてもトラブルの少ない車だと思います」と先日ブログを書いたばかりなのに、今朝、出勤のためにエンジンを掛けると初めて見るエラーが表示されました。

テンケン クーラントレベル

そして、信号待ちでしばらくアイドリングで停車していると水温計が上がりました。
水温は「123゚C」と表示されています。
これはなんかやばいな。

ネットで調べてみると、前期型(955)のカイエンにはクーラント漏れが多かったようですが、後期型(958)はそれほどでもなさそうでした。

しかし、エラーが出たのですから知らない顔は出来ません。

「テンケン クーラントレベル」表示のまま札幌まで行くのは危険極まりないと思われるので、とりあえず純正と同じ赤色のクーラントを買って来て補充してみようと思います。

退社後、自宅にカイエンを置いて、アリオンでクーラント(ピンク)を買いに行きました。
クーラントの補充は、取扱説明書に書かれているので、それに従いました。
「エンジンが熱い時はリザーバーのキャップを開けないでください」と書かれているため、少しでも早く冷えるようにとボンネットを開けておきました。
2時間程してからキャップを開けクーラントを補充しました。(写真撮り忘れ)
取扱説明書に書かれているAラインまで補充すると、約1.5L程入りました。

取りあえず「テンケン クーラントレベル」のワーニングは消えましたが、これでしばらく様子を見て、減らないようであれば、自走して点検に行ってこようと思います。
もし、またすぐ警告が出るようであれば、搬送するしかないかなあ。

そろそろ、あちこち壊れて修理費がかかるようになるのでしょうか。


※追記
翌朝、車庫の床を見てみると、エンジンの下が湿ってました。
明らかにクーラントが漏れているようです。
やっぱ、修理が必要ですね。


DSC_7602s
メッセージ

DSC_7603s
信号待ち時の水温!

取説
クーラントのリザーバータンクの位置
ラインは非常に見にくい

DSC_7604s
車庫床面のクーラント漏れの跡




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月20日

カイエンのタイヤを「ピレリ P ZERO」に替えました


今までにはいたタイヤは、当初から付いてき「ヨコハマ ADVAN Sport」、「ミシュラン LATITUDE SPORT」、そして今回は「ピレリ P ZERO」です。
いずれもポルシェ公認のNタイヤです。

カイエンに履いていたミシュラン LATITUDE SPORTは舗装の轍にハンドルが取られるようになり疲労度も高いし、何より危険なため、ピレリ P ZEROに替えました。

交換して自宅に帰るまでの10分ほどの間ですが、ほとんどハンドルが取られなくなりましたが、マンホールや舗装の継ぎ目などを超える時にタイヤの固さを感じました。また、タイヤの走行面を触った感じも固く感じました。これは、重量級のSUVを高速走行させた時の、対摩耗性を考えたことだと思われます。

翌日、200km程一般国道と郊外のワインディングロードをドライブした感想です。

・摩耗が進んだミシュランに比べ止まりが良いと思う(ブレーキが良く効く)
・舗装轍にハンドルが取られない(新しいので当たり前か)
・舗装の継ぎ目などのコツコツ感はミシュランよりは感じるが、ヨコハマと同等かも知れない
・乗り心地はヨコハマとミシュランの中間
・ハンドルのクイック感はヨコハマは強かったが、ミシュラン同様あまり感じない
・コーナーは弱アンダーのままオンザレールで非常に気持ちよくコーナーリングができる
・ロードノイズについては、カイエン自体の遮音が良いこともあってか、通常走行では気になることはありません


以上、バランスの取れた非常に良いタイヤだと感じました。
・クイックなハンドリング、スポーツ性を求めるのであれば「ヨコハマ ADVAN Sport」
・乗り心地など快適性を求めるのであれば「ミシュラン LATITUDE SPORT」
・総合的なバランスを求めるのであれば「ピレリ P ZERO」
と思います。
好みもありますが、カイエンユーザーにはお勧めです。

ちなみに詳細な費用をここで書くのは止めておきますが、それなりにかかりました。
情報が欲しい方は、メールでお尋ねください。


DSC_7291s
トレッドパターン

DSC_7295s

DSC_7296s

DSC_7297s
サイズ

DSC_7300s
去年製造のタイヤでした




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年06月01日

ヨコハマ ADVAN Sportとミシュラン LATITUDE SPORTの違い


カイエンの夏用タイヤは、購入時はヨコハマのADVAN Sportで、現在はミシュラン LATITUDE SPORTをはいています。
いずれもポルシェ指定のNタイヤです。
ミシュランも摩耗してきて、摩耗時の両者のタイヤの違いが見えてきました。

【ヨコハマ ADVAN Sport】
‐茲蠖潅:固く、路面の凹凸を拾いコツコツする。
▲魁璽福璽螢鵐:重い車重にも負けず、腰砕けはない。サイドウォールは固そう。
A行音:高速道路でも特に気になるレベルではない。
に猝彁:晴天時、雨天時のブレーキの効きの変化は少なく、アスファルトの轍にもハンドルは取られない。
ヂ儺彑:かなり減りが早く、走行約1.5万km(ODO 約2.7万km)程度でスリップサインぎりぎりで浅いトレッドはなくなった。

ヨコハマ
ヨコハマのADVAN Sport


【ミシュラン】
‐茲蠖潅:柔らかく、横浜に比べコツコツ感は少ない。
▲魁璽福璽螢鵐:思い車重にも負けないが、横浜に比べるとタイヤの寄れが感じられる。サイドウォールは柔らかそう。
A行音:高速道路でも特に気になるレベルではない。
に猝彁:それ程摩耗はしていないが、晴天時、雨天時のブレーキの効きが落ちたように感じ、アスファルトの轍にかなりハンドルが取られるようになり、しっかりハンドルを握っている必要がある。
ヂ儺彑:ヨコハマより摩耗は少なく、走行約2.0万km(ODO 約6.0万km)程度でもスリップサインに余裕がありトレッド面はほぼ変化なし。

ミシュラン
ミシュラン LATITUDE SPORT


【総評】
峠などでタイトコーナーを攻めても、両方のタイヤとも悲鳴を上げることはほとんどなく、雨天時に轍に雨が溜まっていても、常識的な速度では両タイヤとも不安を感じることはない。
乗り心地はミシュランが上だが、摩耗時の安定感とグリップ感減少の少なさはヨコハマの方が上だと感じる。
同乗者にとっては、ミシュランの方が快適だと思われる。
サーキット走行はせず(カイエンでサーキット走行は少ないと思われるが)、街乗り、高速道路、国道等でのドライブがメインと考えた場合、タイヤの差は好みの問題だと思われる。
ただし、摩耗していなければの話。
ミシュランはスリップサインだけを見ると来年も問題なく使えそうだが、アスファルト道路に轍があり、その轍にハンドルが取られるのは長距離ドライブをする時、絶えずハンドルを抑えていないとならないためかなり疲労する。
ただし、轍はスタッドレス走行期間が長い北海道特有かも知れない。

そのような訳で、ミシュランは今季限りにして、来年は新しいタイヤを買おうと思います。

カイエンに合う275/45R20のNタイヤは、次の3種類があります。
・ヨコハマADVAN Sport
・ミシュラン LATITUDE SPORT
・ピレリ P ZERO

その他としては、最近、ブリヂストン ALENZA 001もサイズが出ましたが、Nマークはついていないため、やはりポルシェの認めたNタイヤから選びたいと思います。
現在の第一候補は、カイエンでは未経験のピレリにしようかなと思っています。




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年10月01日

ドアパンチされてしまいました〜その後


ドアパンチされたカイエンが板金修理から戻ってきました。

修理はもちろんポルシェセンターにお願いしました。

今回は車両保険は使わず自費修理しました。

というのは、車両保険を使った場合の等級ダウンと保険料アップを試算してもらったところ約20万円程度で、板金で自費修理した場合約10万円程度とのことでしたので比較検討の結果、自費修理することにしました。
今回は、補償修理ではないため代車としてのレンタカー料金がかかったため、それを保険のロードサービスから払いました。
ロードサービスは等級には関係ないとのことでしたのでありがたく使わせていただいた次第です。
ちなみに代車のレンタカーはホンダのヴェゼルハイブリッド(R1年登録)でした。

カイエンは2014年3月に購入し、既に7年以上たっているためオリジナルの色からの退色をぼかすため、リアドアだけでなくフロントドアまでかなり広く塗装をやり直したとのことでした。
まったく分からなくなりました。
さすがプロの仕事ですね。

綺麗に治りましたが、やはり気持ち的には何となく引っかかるものがあります。

ドアパンチや無人車にぶつけて逃げた経験のある方、これからは是非良心に従って行動してください。


ドアパンチされてしまいました




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2021年08月03日

ドアパンチされてしまいました

まず最初に「トナラー」と名付けた方に拍手を送ります。

実に見事な命名だと思います。

そして「トナリング」

これも素晴らしい命名だと思います。


さて本題です。

愛車カイエンSがトナラーによって、左側後ドアをドアパンチされてしまいました。

最悪です。


普段は極力スーパーの駐車場など、ドアパンチされそうなところにはカイエンでは行かないのですが、たまたまドライブに出かけた帰り道に良く行くスーパーがあったため、わざわざ自宅に帰ってから車を変えて出かけるのも億劫だし、まあいいかと駐車しました。

当然、入り口から離れていましたが車が駐車していないところを選び、回りに駐車している車もなくポツンと1台になるように駐車したのは言うまでもありません。

買い物から戻った時にはトナラーはなく、その時は既に日が暮れていたためドアパンチに気が付いたのは翌日でした。

スーパーでドアパンチ発見までを箇条書きにしてみました。

.疋薀ぅ屬帽圓前日の夕方に洗車した時、ドアパンチはなかった。
▲后璽僉爾亡鵑訥樵阿傍詭した時、ドアパンチはなかった。
5宅後、すぐ車庫に入れた。
ね眛、車庫から出した時、ドアパンチ発見。

と言う事は、△離疋薀ぅ屬竜△蠅竜詭後、い離疋▲僖鵐舛傍い付く時までの間と言う事になります。
自宅では車庫に入れているため知らない間にドアパンチされることはあり得ません。
消去法で考えると「スーパーでトナラーに寄るドアパンチの被害を受けた。」ということになります。
ドライブレコーダーは停車中も衝撃あった場合録画が開始されるはずなのですが、残念ながら記録は残っていませんでした。


心理学に素人の私がトナラーの心理を考えてもしょうがないので、それは専門家に任せるとして(トナラーの心理についてはネットで色々見つかります)ドアパンチされた場合、どのような問題があるか考えてみたいと思います。


“駘僂掛かる。(車両保険を使っても保険料が上がる)
直したから良いではない。(なかったことにはならない)
オリジナル塗装ではなくなる。(ポルシェなどは「再塗装箇所なし」に価値がある)


修理費用とオリジナル塗装でなくなるという「Wの悲劇(古いか)」というダブルパンチです。
まだ、修理の見積もりも取っていないのですが、どうしたものかなと思案しています。


カイエンではありませんが、過去に駐車中に5度ぶつけられました。2度は当て逃げ、2度は現行犯、1度は犯人不明でしたがディーラーで修理中だったためディーラーに直してもらいました。

1度目:
初代ビッグホーンイルムシャーで、ボディ、ストップランプ類、バンパーなど右後部角をがっつりやられました。

2度目:
同じく初代ホーンイルムシャーで、助手席側のフロントフェンダーとフロントドアの両方にかけてドアが開かなくなるほどやられました。

3度目
:2代目ビッグホーンイルムシャーのエンジン修理から帰ってくるとドアが凹んでいた。修理が終わりいすゞの駐車場に置いてあった時、客がぶつけたと思われますが、いすゞが修理してくれました。

4度目:
2代目ビッグホーンイルムシャーの車検時の代車のビッグホーンに乗っている時、吹雪の国道で正面衝突の第一発見者になり人命救助と交通整理をするため国道脇に停めていたところ、スイッチターンしようとした車がバックで代車にぶつけそのまま行こうとしたのを見ていたので、走って行ってその車を停めて修理してもらいました。

5度目:
ランドクルーザープラドで、狭い道で駐車中の工事中の2トンダンプとのすれ違い時にダンプのドアが急に開いてドアパンチされました。この時は、運転手が行け行けと合図したため、すれ違おうとした時、ダンプのドアが開いてぶつかったのですが、運転手はそのまま行けと言うのですが、冗談じゃないと警察に届けて修理してもらいました。

ドアパンチも当て逃げもいやなものですね。
今思い出しても気分が悪くなります。


スーパーで黒のSUV(カイエン)にトナリングしてドアパンチした方は、連絡ください。

と言うより、ドアパンチして逃げる方は自分がドアパンチされても平気なんでしょうかね。

この件に限らず、わざとドアパンチする方はいないと思いますので、せめて正直に申告しましょうよ。



csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2020年03月13日

カイエンSのギアポジションインジケータにトラブル発生 その5 (代車はマカン)


カイエンSが12か月点検の時期になり、それと合わせてギアインジケータ不良のメーター交換のため、ポルシェセンター札幌へ行ってきました。

札幌までの高速道路が久々の完全ドライだったので加速ランプで景気よく加速すると、フロントの方からブルブルとハンドルに振動と異音が出て、なんじゃこりゃとなりました。
点検で見てもらうと、原因はトランスファーの不良のようで、交換することになりました。
予定では、土曜日入庫で12か月点検とメーター交換して、日曜日の夕方に取りに行くはずでしたが、トランスファーも交換というわけで、引き取りは1週間後となりました。
トランスファーは、初めての車検時にも交換してるんですよね。
もしかすると、カイエンのウイークポイントなのかも知れません。

いつもだと代車は国産のコンパクトカーなのですが、今回はマカン('19モデル3000km程)で2Lターボ(252PS)でした。
ボンネットを開けると思ったよりコンパクトなエンジンでした。
普通に街中を走行しているときは、トルクが細いなっていう感じがします。
V8-4.8Lのカイエンと比べてしまうのが間違いなのでしょうけど。
2.0Lターボはアクセル全開にして、ワンテンポ遅れますが、フルブーストがかかり始めるとなかなか良い加速をします。
実にターボらしい加速で0〜100km/hのタイムは6.7Sを足します。しかし私の所有するカイエンS(5.9S)より若干遅いようです。(当たり前か)

マカンもポルシェの例にもれず、エンジンを始動した時にブリッピングしますが、時代のためか直4-2.0LのためかV8-4.8Lのような迫力はないものの、さあ走るぞって気分にさせてくれます。
燃費は、高速では12km/Lを超えそうです。
高速安定性は、カイエンより30cmほど短いためか、マカンの味付けなのか解りませんが、カイエンに比べるとどっしり感はあまりありません。
幅はカイエンより6cmほど狭く、ミッション部分の張り出しで左足側が狭いです。
あとは、今どきの車だけあって、色々電子的な機能が付いてます。
高速道路では、手放しでも車線に合わせてカーブでも走りますが、しばらくするとハンドル掴めって警告音で脅されます。
手の冷たい私にとって、とってもうれしいのがハンドルのグリップヒーターです。これはぜひ付けたいと思いました。

なんだかんだ言っても、ポルシェはいい!


DSC_4773sDSC_4782s










DSC_4774sDSC_4776s










DSC_4779s





















csh08ymatu at 07:00コメント(0) 

2019年12月18日

カイエンSのギアポジションインジケータにトラブル発生 その4

今年の6月から調子の悪いカイエンのギアインジケータは、相変わらず点いたり消えたりしています。
症状が出てから半年たちましたが、良くも悪くもなっていません。

先日、オイル交換へ行った際にサービスの方に点検してもらいました。
その結果、ミッションには関係なくメーターパネルの方の問題とのことでした。
ギアインジケータの表示部分だけの交換かと思いきや、メーターパネルはアセンブリでそっくり交換するとのことでした。
交換料金はメーターパネルだけで60万円超えるようで、工賃を入れると・・・。
幸いなことに、有料の延長保証に入っていたので無料で交換してもらえるのですがもし、延長保証に入っていなければ自費修理するか迷ってしまいますね。
延長保証"たけー"って思っていましたが、入ってて良かった、でした。

ちなみに日本に在庫がないため、本国お取り寄せだそうです。


DSC_3985s2019.06.09













DSC_3993s2019.06.12













DSC_4394s2019.09.17













DSC_4602s2019.12.15
















csh08ymatu at 22:32コメント(0) 

2019年11月14日

カイエンのガソリン無いですよ

カイエンを手に入れてから燃料警告が点いたのはたぶん2度目です。

満タンではないところから、二日連続で札幌往復をして約600km程走ったら、さすがにガソリン無いですよが出ました。

カイエンSは排気量(4.8L)が大きいこともあって、燃費が走り方で大きく変わります。
市内チョイ乗りでは4km/lを切り、一般国道では10km/l弱、高速道路では9km/l強です。
北海道で交通量と信号の少ない郊外の国道では12km/l以上を記録したこともあります。

いずれにせよ、市内、国道、高速道路で大きく燃費が変わるエンジンですが、排気量を考えると、市内以外はかなり成績の良い燃費だと思います。

給油のタイミングは、会社帰りの通り道にいつも使っているスタンドがあるため、3/4程度でも入れ、1/2を切ることがないようにしています。
北海道は市内を外れるとスタンドがなかなか無いことと、市内でも夜中にやっているスタンドがほとんどないことから、もしものために無給油で北海道の何処でも行けるように考えて出来るだけ満タンにしています。

旭川〜函館間の距離は、高速道路を使って約450kmありますので、やっぱり満タンが安心です。


DSC_4472s













csh08ymatu at 01:06コメント(2) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ