クッカー

2011年05月22日

登山用のバーナー、クッカー、寝袋、マットレスを買いました


北海道にも「忠別岳」など、日帰りで行くにはなかなか難しい山があります。

私も、そろそろそのような山の頂上を踏みたくなってきたので、宿泊登山に挑戦したいとと思っています。

そんなわけで、山小屋を利用して宿泊するために最低限必要だと思われる、登山用のバーナー、クッカー、寝袋、マットを買いました。

基本的に、夏山登山なので、寝袋もコンパクトな3シーズン用にしました。

クッカーも、欲しかったサイズのチタン製が無かったため、少し重くなりますが、安いアルミ製にしました。

何を買ったかと言いますと・・・

■バーナー
プリムス P153
¥8,500(税込¥8,925) 圧電点火装置付
出力:4.2kW/3,600kcal/h(T型ガス使用時)
ガス消費量:245g/h
燃焼時間:約55分(IP-250タイプガス使用時)
ゴトク径:最大148mm/最小90mm
収納サイズ:7.5×8.8×3.0cm
本体重量:110g(本体99g+点火装置11g)
□ ナイロンスタッフバッグ付属
□ ガスカートリッジ別売

■クッカー
プリムス LiTech
P−731722
ライテックトレックケトル&パン
¥2,400(税込¥2,520)
セット内容:1.0ℓ鍋(内径11cm×高さ10cm)、フライパン(内径11cm×高さ2.7cm)
基準重量:280g
収納サイズ:φ13×H14.5cm
□ メッシュ収納袋付属
□ ハードアノダイズド加工済みアルミ製、内側ノンスティック加工済み
□ 底面滑り止め加工済み

■寝袋
ISUKA 280X
¥25,725
最低使用温度:2゚C
平均重量:550g

■マットレス
ISUKA ピークライトマットレス 180
¥8,925
平均重量:570g


クッカー1クッカーをバーナーに載せるとこんな感じです。












クッカー2バーナーです。
自動点火ですが、マッチかライターは必需品。
燃焼時は、「ゴー」と結構大きい音がします。





クッカー3クッカーとバーナー、スプーンフォーク一式。
スプーンとフォークも折りたたみ式にしました。






クッカーは収納容器を兼ねることが出来るように、全てが入るサイズにしました。
クッカー4クッカー5







寝袋とマットレスは、こんな感じ。
寝袋1寝袋2












寝袋3マットレスは空気を抜いて巻き巻きします。







寝袋4寝袋はたたんだり巻いたりせず、
足側から袋に無造作に入れます。






寝袋5左が寝袋、右がマットレス。








現在愛用しているザックがLoweAlpineの35L(ここで紹介してます)なので、これらと宿泊分の食料を背負うために、60Lぐらいのザックが欲しくなりました。



csh08ymatu at 23:44コメント(2)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ