クーラントレベル

2022年09月26日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その5

カイエンのクーラント漏れの修理について説明の連絡が来ました。
購入当時からサービスの方でお世話になっていた方です。
Vバンクの間のクーラントラインのOリングが切れてそこから漏れていて、なかなか修理しにくい場所だったそうです。
以前は金属パイピングだった場所が、樹脂製に変わってきていて、クーラント漏れはまた発生する可能性はあるとのことでした。

長く預かっていたので、前回の車検時にできなかったコーティングをサービスでかけてくれたそうです。
たしかに、カイエンを受け取りに行った時雨が降っていて、随分水のはじきが良いなと思いました。
実に気持ちの良い太っ腹なサービスです。

重要な情報ですが、当然費用は掛かりますが、延長保証が15年までに伸びたそうです。
カイエンの大排気量のV8自然吸気エンジンを大変気に入っていて、なかなか手放せない私にとってはたいへんうれしいサービスです。


P1050410s




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月20日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その4

カイエンのクーラント漏れの修理が終わり、愛車カイエンが戻ってきました。
車を受け取りに行った時、いつものサービスの方が不在で、修理の詳しい説明は聞けませんでした。
また、延長保証で無料修理だったこともあるかもしれませんね。

最新型のレクサスNX350 F Sportもなかなか良い車でしたが、8年落ちでもやっぱりカイエンが良いです。
大排気量NAエンジンの良さ、ハンドリングの良さを再確認することができました。
加速時にエンジンが頑張ってる感じもないですし、どんなスピードからでもアクセルを踏めばジェントルにストレスなく加速します。
コーナーでも一旦ハンドルを切ればオン・ザ・レール、ブレーキは思ったより手前で止まる。
大型SUVでもさすがポルシェだと思いました。

カイエンだけじゃないでしょうが、一度ポルシェに乗ると次の車を探すのが大変だなと思います。


P1050408s




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月08日

カイエンにエラーが! 「テンケン クーラントレベル」 その3


カイエンのクーラント漏れの原因が判明しましたと連絡が来ました。

サーモスタット取付部分のパッキンからの漏れだそうです。
エンジン本体に問題がなさそうだったので一安心しました。
部品も日本にあるため、それほど時間がかからずに修理が完了するようです。

昔の車のサーモスタットは、ラジエターキャップを兼ねていたため交換は簡単でしたが、最近の車のサーモスタットは、エンジン本体に取り付けられているため手間がかかるようです。

ちなみに代車は、LEXUS NX350 F Sportでした。
後日、試乗記を書いてみたいと思います。

DSC_7602s





csh08ymatu at 22:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ