幕別町

2019年12月15日

幕別町ふるさと館

幕別町にある「幕別町ふるさと館」に行ってきました。

ここは1979年(昭和54年)にオープンし、幕別町の歴史資料の保存や展示を目的とした施設で、幕別町の丘の上にある幕別温泉の向かい側に、やっているのかやっていないのかわからないぐらいひっそりと佇んでいます。
もとはボーリング場だったようで、それを改築して使っているそうです。

開拓当時の小作人が住んでいた「きまり小屋」(6坪の"決まりきった大きさ"の家が十数戸建っていた)の実物が移築されています。この家を見ると土壁で隙間もあり厳冬期をよく耐えたものだと当時の厳しさに触れることができました。
私の生家も土壁で、吹雪の朝などは家の中に雪が積もっていたことを思い出しました。

私は見ていないのですが、NHKドラマ「なつぞら」でバターを作るシーンがあったようです。
その時に使われたのが、ここの施設に展示されている道具のようです。
ちなみに、生乳259kg→クリーム20kg→バター(半ポンド225g)×(46個+1/4)=10.4kgできるそうです。
バターが高いのも頷けます。


DSC_4575s










DSC_4565s










DSC_4567sきまり小屋










DSC_4566sきまり小屋
ストーブはない!?








DSC_4568s










DSC_4569s本物を移築したようです
よく残っていたなあ









DSC_4570s










DSC_4571sバターの作り方






























DSC_4573s











幕別町ふるさと館
〒089-0571 北海道中川郡幕別町字依田384番地の3
TEL・FAX (0155)56-3117

[開館・公開日時]9:00〜17:00
[休館日]月曜日、火曜日、祝日の翌日、年末年始(12月29日〜翌1月3日)
[大人]200円 [中・小学生]100円
[割引]10名以上で2割引

ホームページはこちら




csh08ymatu at 01:58コメント(2) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
今年度で現会社を退職します。
技術士資格者を求めているコンサルの方、スカウトお待ちしています。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ