旭川

2021年12月07日

「彫刻のまち」旭川について考えてみた

私は以前(2013年)も同じような提案をしたのですが、市長も変わったことですし改めて提案したいと思います。

旭川は「彫刻のまち」として知られており(ほんとかなぁ)、旭川駅構内、買物公園、常盤公園などをはじめとして市内の各所で彫刻作品を見ることができます。

確かに、彫刻や銅像やモニュメントなど、公園や橋の途中や河川敷など街のあちこちにたくさん見ることが出来ますし、調べてみると有名な作家の作品も数多くあります。

代表的な作家では、中原悌二郎、佐藤忠良、山内壮夫、加藤顕清など約100基の作品が、市内のあちらこちらに展示されています。

詳しくは、旭川市のホームページ「彫刻美術館」で紹介されています。
旭川野外彫刻たくさんマップがダウンロードでき、どこにあるか分かるようになっています。
まあ、このマップもボランティアで野外彫刻の清掃を行っている旭川彫刻サポート隊作成しているようです。

しかし、たくさんあっても散在していたのでは市民にとっても、観光客にとっても余り意味のないことのように思います。

そこで、旭川で生まれ、旭川で育ち、旭川に住み、旭川を愛している私は考えました。

買い物公園に、彫刻や銅像やモニュメントなどを集めます。

南端の駅前と北端のロータリーに目玉となる大型の作品を置き、途中はいくつかの区画に分け、それぞれがコンセプトを持ったゾーニングをとして作品を配置します。

何回来ても新鮮なように、何年かおきにテーマを変え、入れ替えして変化を持たせることも必要でしょう。

買い物公園の活性化と、彫刻のまち旭川の融合ですね。

新しくシンプルモダンに変貌を遂げた旭川駅から、日本最大のロータリー(今注目のラウンドアバウトではないですが)まで、数々の作品に導かれるように買い物公園を歩きたくなる、そんな構想を考えています。

個人的には、駅裏のガーデン開発も良いですけど、こっちの方をメインとした方がよっぽど良いと思うんですけどね。


今津市長へ

旭川中心部の買物公園の賑わい創出のために、こんな構想はいかがでしょうか。


DSC_6876ts
買物公園8条にある「手(木内禮智)」電飾されてます
除雪はボランティアの方がされています



csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2017年04月03日

「らーめん 三日月」で醤油ラーメンとにくめし

らーめん三日月へ行ってきました。

三日月は、未だに昼時は並んでいるラーメン店で、今まで何度か行ったのですが、駐車場がいていなくて一度も入ったことがありませんでした。

三頭火で修行した店主が独立して出したラーメン店のようで、確かに白濁視した豚骨スープは山頭火に通じる物があるかも知れません。

 昼時を外して13時30分頃に行ったところ、ちょうど車が1台でたのですかさず駐車してお店に行くと、店内に5名ほど、そして10名ほど待っていました。

せっかく来たのですから、当然待つことにしました。

待っているお客さんからお客さんへメニューを手渡しして、注文する品物を決めていきます。

私は、豚骨と魚介のダブルスープの「醤油らーめん」とチャーシューをほぐしてごまとネギと絡めた「にくめし」に決めました。

そして、店内に入ると待っている間に注文を聞かれます。

お客さんは、食べ終わるとすぐ席を立って帰るので、わりと早く順番が来ますので、お店に着いてから注文の品が出てくるまで20分ぐらいでした。

肝心のらーめんの味は、並ぶだけあって美味しいです。

トッピングは、チャーシュー、メンマ、ネギ、なると、海苔でした。

そうそう、醤油らーめんには背脂が入ってます。

チャーシューは、とろとろではなく、それなりに肉の歯ごたえが残っています。

麺は中細縮れ麺の旭川麺でした。

スープは塩分が強めでしたが、美味しいです。

ただ、残念なのがぬるいとまでは言いませんが、熱々ではないです。

温度も味の内なので、この温度が美味しい温度と考えているのかも知れませんね。 


DSC_1371s外にまでは並んではいませんでした。








IMG_20170402_133327s待っている間に回ってくるメニュー。
裏面はライス系が出てます。









IMG_20170402_135401s醤油ラーメン750円
にくめし300円









らーめん 三日月

住所 旭川市3条通22丁目1973番地 西屋ビル1階
電話 0166-35-1510
駐車場 店の横に約10台




csh08ymatu at 01:05コメント(0)トラックバック(0) 

2011年09月02日

「北彩都ガーデンアカデミー」に参加しました。


2011年9月2日、「北彩都ガーデンアカデミー」に参加してきました。

レジュメは第1部と第2部からなり、16:00〜20:30までの長丁場です。

第1部 16:00〜17:30
 ガーデン予定地見学会

第2部 18:30〜20:30
 講演 「ガーデンとまちづくり」 高野 文彰 (高野ランドスケープ代表)
 パネルディスカッション
 コーディネーター
  小林 昭裕 (専修大学北海道短期大学教授)
 パネリスト
  林 克彦 (十勝千年の森 ランランんファーム社長)
  上野 砂由紀 (上野ファームガーデナー)
  高野 文彰(高野ランドスケープ代表)

北彩都ガーデンアカデミー












第1部の現地見学会は、台風12号のため中止になりました。

第2部の講演は、庭園の歴史と高野氏がこれまでに手がけた仕事の紹介、そして北彩都ガーデンの実施設計者としての考え方のポイントの話で、実施設計がどのように進んでいるかなどの具体的な話しはありませんでした。

パネルディスカッションは、北海道ガーデン街道で随分観光客が呼べるので、その一つとして北彩都ガーデンに期待すると言うような話しでした。

話しを聞き終わって、一つ気になることがありました。
今回招かれている人は、小林氏を除き、商売としてガーデンをやっている人です。つまり、北彩都ガーデンか出来て集客が進めば儲かるビジネスマンです。

旭川市民である上野氏もやはり金銭的に北彩都ガーデンの恩恵を受ける人です。

これらを考えると、旭川市民として北彩都ガーデンを含むこの駅周辺事業の借金を背負う、一般的な中立的立場で話しをしている人は誰もいないのです。
(私には、お役所的な恣意が感じられました。)

パネルディスカッションとは、異なる意見を持った討論者が複数で公開討議を行うことであって、行け行けGOGO!の人達の寄り合いではないはずです。

さらに、北彩都ガーデンができれば旭川は活性化することを強調した、プラス面ばかりの話しでした。
(プラス面だけではないはず。)

本来であれは一番問題となる事業費や、今後背負って行く旭川市の借金、維持費などの話し、そして北彩都ガーデンに関するビジネスモデルの話はありませんでした。

私が聞きたかったのは、高野ランドスケーププランニングが北彩都ガーデンのコンペ時に提案した事項の具体的な実施方法、事業費と維持管理費、ガーデンとしてのビジネスモデルの話だったので、非常に残念でした。

今後も北彩都ガーデンアカデミーが開催されるような話しもあったので、その時は利用者側の一般市民の参加も望まれるところです。

そして、動き始めた事業はもう止まらないのでしょうから、旭川は経済が衰退し続けている人口減少都市であることを踏まえ、絵に描いた餅の話しではなく現実に沿ったアカデミーを開催して頂けることを切に願っています。

新しいJR旭川駅がそうであるように、とっても立派だけど人が全然いない、というようなことだけは避けなければならないと思っています。


ちなみに、事業費についてはこちらで書いています。



csh08ymatu at 23:29コメント(2)トラックバック(0) 

2011年02月06日

南京楼の味噌ラーメン


暫くぶりに南京楼へ行ってきました。

ここのラーメンは、その辺のラーメン専門店よりおいしいと評判です。

味噌ラーメンは、こってりピリ辛、甘みもありおいしいと思います。

塩ラーメンも、ラード多めですがあっさりおいしく食べることができます。

どちらも麺は旭川ラーメンの麺です。

私は、数名で行くときは、追加でチャーハンを注文します。

チャーハンはさすが本格的なチャーハンで、量も多くこれだけでもお腹いっぱいになる量です。

お値段も、ラーメンが味噌が600円、塩と醤油が550円と今となっては安い値段で、その他中華メニューのお値段もほとんどが1,000円以下で、手頃なお値段設定になっています。


南京楼・味噌ラーメン味噌ラーメン
600円






南京楼・塩ラーメン塩ラーメン
550円






南京楼・チャーハンチャーハン
600円(550円かも)
写真を撮る前に食べちゃいました。
量が分かるでしょうか?
これで、普通盛りです。




南京楼
旭川市神楽5条5丁目1-4
TEL 0166-62-7235
駐車場は、店の前に5~6台
向かいにホーマックが・・・


csh08ymatu at 14:16コメント(4)トラックバック(0) 

2010年11月27日

ふるき


旭川で行列が出来るラーメン店、「ふるき」行ってきました。

混んでいるときは、PHSを渡され車で待つことが出来ます。

今回は2度目なのですが、1度目はもう随分前の事で、その時の印象は、麺が柔らかかったのと、もやしがしなしなだった事など、あまり良い印象ではありませんでした。

さて、今回は12時過ぎだったのですが、店内で10分ほど待っただけで食べることが出来ました。

注文したのは「みそ野菜ラーメン」です。

「みそらーめん」にも野菜が載っているようなので、その量が違うのかも知れませんが、良く分かりません。

今回も、麺が柔らかかったものの、もやしは割としゃきしゃきしていていました。

スープは、濃厚な味噌だれで、一口目は甘く感じ徐々にピリッとしてきます。

ラードも多く、ニンニクもかなり入っているようで、夕方までニンニクが残ります。

麺は縮れたそれ程細くなくスープもからみやすい旭川麺です。

それと、カウンターの端に座ったので、ラーメンを作っているのを見ていたのですが、白い魔法の粉を2種類入れていました。だから、うまいのかも。

濃厚な味噌だれに多いラード、確かに美味しい。

あえて言わせてもらえば、麺かためが注文できると良いと思います。

ちなみに、ここは禁煙です。


ふるき 店住宅街にあるお店です。







ふるき メニューメニュー







ふるき 味噌やさいみそ野菜らーめん
800円






ふるき
北海道旭川市緑が丘三条1-1-43
0166-65-1207
11:00~16:00(材料が無くなり次第閉店)
定休日 日曜日
駐車場 前2台 裏6台



csh08ymatu at 12:20コメント(0)トラックバック(0) 

2009年12月06日

何もない街 旭川


毎日の通勤で、ロータリーを通ります。

最初は、ローカルルールが良く分からず、苦労しましたが、今では問題なく通過できるようになりました。

このロータリーは、「ロータリー萌え」の間では有名なようで、日本最大規模のようです。


ロータリー








実は、ネットでロータリー通行時の優先について調べていたところ、旭川について実に興味深い切り口で情報発信しておられる方がいましたので紹介したいと思います。


「何もない街」


「何もない街」・・・私もそう思いました。


だいたい、旭川生まれ旭川育ちの私でさえ、旭山動物園旭川ラーメン以外イメージが有りませんからね。

嵐山もアクセスが良ければ素晴らしい眺望がありますし、賛否両論有りますが「北彩都あさひかわ」もすすんでいます。

もしかすると、イメージがないからこそ、市民の気持ちが変わって行けば、もっと変われる街なのかも知れません。

それに、私が少し早起きすれば日帰りで色々な山に登れるのも、旭川に住んでいるからなのです。(旭岳やオプタテシケ山、そしてトムラウシ山も日帰りできるのですよ!)


2-3中買い物公園買い物公園にこんなおしゃれなものも・・・
買い物公園2・3条中通り








さて、「旭川」の地名の由来ですが、次のように思っていました。


 「旭川」は忠別川の語源であるアイヌ語「チュプ・ペッ」の意に由来する。
 「チュプ」は「日」の意、「ペッ」は「川」の意であり、
 「日」を「旭」の漢字に置き換えて「旭川」と名付けられた。
  あるいは、「日の出づる川」と意訳しこれを漢字で「旭川」とした・・・


でも、違うかもしれません。

では、本当の由来は・・・


「何もない街」
で調べてみてください。




csh08ymatu at 13:08コメント(4)トラックバック(0) 

2009年06月06日

京楽

「京楽」の「正油ラーメン」を食べました。

豚骨と魚ベースのあっさりしたくせのないスープで、昔懐かしい味のラーメンでした。そして、ぬるいラーメンを出す店が多い中、しっかり熱々のラーメンが出てきて非常に好感が持てました。温度も味のうちだと思うんだけどな〜。

ここは餃子も美味しいようで、私が食べている間も、餃子ラーメンをたのんでいる人が多くいました。また、トンカツがのっている「とんかつラーメン」もありました。

ちなみに、「モルメン」で有名な「ひまわり」のとなりです。


京楽メニューメニュー







京楽醤油ラーメン正油ラーメン
600円







北海道旭川市大雪通4丁目491-10
電話 0166-23-9033
駐車場は、店の前に4台分ほどあり


csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年06月18日

旭川マップ 5


先日、「旭川マップ」なる物を見つけました。

割と、人通りの多くない道路の、建物と建物の間の壁に貼られているので、知らない人が多いいんじゃないかと思われます。

なにせ、正面から見ることが出来ない位置に貼られているのですから。

上半分には、「東海大学正面玄関から見た大雪、十勝岳連峰」と書かれているので、北海道東海大学旭川キャンパスに関係があるのかも知れません。

この「旭川マップ」を見て、何処にあるか分かった方は、すごいかも知れない。



旭川マップ残念ながら、
位置情報は入ってません。







何処にあるか分からない人のために、かるーくヒントを。

ヒント : 旭川市役所のわりと近く



csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月30日

らーめん工房 匠(たくみ) 5


前回は、「らーめん工房 匠(たくみ)」「こく味噌」、今回は「こく醤油」を食べました。

典型的な旭川ラーメンで、実に濃厚なスープですが、それでいて魚臭さもほとんど感じず、なかなかおいしいラーメンでした。

そして、熱々です。

トッピングに何か、しこしこした海藻が載っていましたが、何か聞くのを忘れてしまいました。

みそ味では麺の細さが気になりましたが、醤油味では全く気になりません。

また、みそ味と違って、醤油は普通の醤油もこく醤油も値段が同じ600円でした。


らーめん工房 こく醤油こく醤油







らーめん工房 匠(たくみ)

旭川市4条20丁目
TEL 0166-32-0384

店の前に数台車が駐車できます。



csh08ymatu at 08:03コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ