滑らない靴

2021年01月19日

MERRELL(メレル)のスノーブーツ Coldpack Ice+8 Zip Polar Waterproof

滑らないソールを使っているMERRELL(メレル)のスノーブーツ Coldpack Ice+8 Zip Polar Waterproof メンズを買いました。

旭川市は横断歩道や歩道上が圧雪だけでなくアイスバーンと言うか氷になっていることが多く、冬期間は非常に歩きにくい地域です。
今まで一番滑らなかったのは、ハッシュパピーのゴム底のデザートブーツでしたが、それも今は残念ながら生産されていません。
ヒロミチナカノのゴム底のデザートブーツは、滑らない方だと思いましたがハッシュパピーにはかないませんでした。
メレルのブーツを買うまでは、リーガルの冬用のデザートブーツでしたがやはり滑ります。

なんとか滑らいな靴はないのかなと気に留めていたのですが、メレルで滑らないと言われている靴があることを知りました。
本当は、スーツで履ける靴が欲しいのですが、まずはこの靴底が本当に滑らないのか色々調べてみました。
アマゾンのレビューでは、「札幌では普通に滑ります」と評価している方もいましたので、それほど期待はしないで買えばいいかと思い、まずは買ってみることにしました。
まずは買ってみると言ってもABCマートでは定価で約27,000円、アマゾンでも23,000円程なので結構勇気が必要でしたが…

メレルの滑らない靴に使われているソールは、以下のように説明されています。
「アウトソールには、世界的に有名な高機能アウトソールブランド、ヴィブラム社が開発した冬用ソール「アークティック グリップ」を搭載。特殊な繊維を化合したこのソールが雪や氷の上でも高いグリップ力を発揮します。また、アークティック グリップ以外の部分には、マイナス20℃まで硬化しないラバーを採用。優れた耐久性とグリップ力で、雪道から濡れた氷上まで滑りやすい路面を普段通りに歩くことができます。」

まず足入れは、ブーツ内側が滑りにくい素材のため歩いている時は良いのですが、履くときに踏み込みだけでは足が入らず、ブーツを手で引き上げる必要があります。
それと、非常に軽く温かいブーツです。
ブーツの形状が足首の角度が後ろに反っていることと靴底から伝わってくる感覚が薄く、車の運転時にアクセルやブレーキを微妙に踏んでいる感覚があまり伝わってこないため運転は非常にしづらいです。
積雪地帯で車が必須の地方の方には、すこし慣れが必要でしょう。
特に、てかてかのアイスバーンの交差点は、隣の車とぶつからないように横滑りしないように微妙にアクセルやブレーキを踏む必要がある時は、かなり注意が必要だと思います。

さて、問題のグリップですが圧雪は結構滑らずいい感じです。
問題の交差点の横断歩道上の車で磨かれたツルツルしたところやアイスバーンの上は、残念ながら歩くと普通に滑ります。
私の感覚では、これを説明にある「氷の上でも高いグリップ力を発揮」とは思えませんし「濡れた氷上まで普段通りに歩くことができる」とも思えません。
宣伝時の氷の温度や表面の状態、気温なども関係するでしようから、ある条件では滑りにくいと言ったところでしょう。
まあ、人それぞれ滑らないという感じ方が違うので何とも言えないところです。

スノーブーツとしては良い靴なので、「ツルツル路面やアイスバーンでは滑らないわけではない」ことを承知の上で買うと良いと思います。

DSC00282s

DSC00283s

DSC00284s




csh08ymatu at 18:30コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、今はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は土木設計業務の技術管理をメインに行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、まずはメールください。
Recent Comments
related groups
QRコード
QRコード
アクセス解析
  • ライブドアブログ