点火プラグ交換

2021年12月29日

ホンダスノーラ HS970の点火プラグ交換

除雪機HS970の点火プラグを交換しました。

マニュアルでは、毎年清掃、250時間または4年毎にプラグを交換となっています。
今年もプラグの清掃はしましたが、先日突然エンジンが吹けなくなり、時折黒い排気ガスも出て、アイドリングもしなくなってしまいました。
降雪中の夜間の除雪中だったため、だましだまし除雪を終えました。

まず、トラブルの原因の切り分けをします。
.好痢璽蕕離┘鵐献麕楝里慮両
▲ャブレターの詰まり
プラグの劣化

消去法で考えると、
.┘鵐献麕楝里慮両磧、 可能性低い
・かからないわけではない
・信頼性の高いホンダのOHV単気筒である

▲ャブレターの問題 → 可能性高い
・気休めの水抜き剤も入れていない
・キャブレターのオーバーホールもしていない

E晴丱廛薀亜、 可能性低い
・秋にオイル交換と同時に、プラグの清掃とギャップ調整をしている


可能性が高いのが、キャブレター関係です。

キャブレターだとすると、キャブレターの詰まりやフロートにゴミや水が溜まったことが考えられます。
ついでにプラグも変えた方がいいかなと、イリジウムをおごることにしました。

後日、日中にキャブレターのドレンを開けて溜まっていたガソリンを抜きました。
プラグは近所のホームセンターになかったのでアマゾンでイリジウムと標準プラグを注文しました。
注文したプラグの型番は以下のとおりです。
・BP5ES(標準)
・BPR5EIX(イリジウム)

取りあえずキャブレターのドレン抜きをした後に除雪をしましたが、特にエンジンの不調もなくなりました。
どうやら原因はキャブレターのフロートのゴミか水が溜まったためだったようです。

プラグが届いて来たのでギャップを調整後プラグを交換しました。
プラグギャップは0.7〜0.8mmが指定されていますので、0.7mmに合わせて調整すると、0.7mmが緩くて0.8mが入らない感じに調整できます。

プラグ交換後は、エンジン始動はもともと良かったので変化なし。
心なしかエンジン音が軽やかになったような気がしますが、プラシーボ効果でしょうね、たぶん。

これで今季は調子良く除雪できることを期待しています。

HS970は、知り合いの方が2005年頃購入したものを2008年に譲り受けました。
私が使い始めてから約12シーズン使っています。
その間行った整備は、ほとんどが消耗品のみです。
)莉のオイル交換
Vベルト2回
オーガ等のベアリング交換1回
ぅ轡紂璽拭璽癲璽燭離ーバーホール1回
ゥーガ等のペンキ吹付
実に丈夫な除雪機だと思います。

※おまけ
Youtubeに水抜き剤では「水は抜けない」と動画がアップされていますが、水抜き剤も入れてプラシーボ効果の相乗効果を狙います。


DSC_6940s
ホンダスノーラ HS970

DSC_6925s
標準プラグ(上)とイリジウム(下)

DSC_6927s
標準プラグ(左)とイリジウム(右)
イリジウムは中心電極が細いです

DSC_6928s
標準プラグ(左)とイリジウム(右)
イリジウムはアースの方も先が三角になっています

DSC_6939s
ギャップゲージ

DSC_6931s
プラグコード

DSC_6934s
プラグレンチでプラグを取り外し

DSC_6936s
外したプラグはそれほどカーボンも溜まってませんね
気持ちもう少し焼けていても良いかもしれません
それ程高回転で使わないのも原因かも

DSC_6941s
水抜き剤(効果がないと言われてますが・・・)




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ