焚火

2022年10月04日

焚火用グローブ入手しました


2022.09.06に「趣味は焚火」というタイトルで焚火について書きましたが、先日、焚火用のグローブを入手しました。

今までは普通に軍手を使っていましたが。剪定した棘のある庭木の枝などを焚き木にする時はとげが刺さって痛い思いをしていました。
また、袖の部分が短く腕に熱さを感じていました。

このグローブは袖も長く、牛革で手のひらや指が二重になっているなど作りがしっかりしていますので、棘も刺さらず痛くありません。
焚火だけでなく、BBQの網やスキレットや鍋などを掴むときにも使えます。

使っている時の見た目もおしゃれで(これは大事)、軍手や作業用グローブとは一線を画くものです。

かなりしっかり作られているため、なじむまで暫く使い込む必要があると思います。
使い込んだ感じになるのは良いのですが、丸洗いは出来ないようなので油等で汚れた時にどうしようか悩むところです。


DSC00867s

DSC00868s

DSC_7667s

 


csh08ymatu at 22:00コメント(0) 

2022年09月06日

趣味は焚火


庭で焼き肉をするとき、使っていない焼き台で焚火をしていたのですが、焚火台を入手しました。
焚火台と言っても、アルミ製の4本脚にピンでステンレスの網を止める簡単なものです。
見た目はチープですが、機能的には十分だと思います。
ただ、欲を言えば深さが欲しいけど…

華奢な焚火台なので、重量のある薪は無理っぽいです。
そのため、庭木の剪定した小枝を乾燥させ、それをメインにしています。

焼き肉でお腹が膨らんだ後、ビールを飲みながら焚火を見る。
私の至福の楽しみです。

※市条例で焚火は認められています。
たき火その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの(書類等の焼却はこれには該当しません)

DSC_7667s




csh08ymatu at 22:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
今年度で現会社を退職します。
技術士資格者を求めているコンサルの方、スカウトお待ちしています。
Recent Comments
related groups
読者登録
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ