生どら焼

2023年02月01日

「すがの商店」の「生どら焼」と「小麦色の街から」


東藻琴にある「すがの商店」が作っている生どら焼には、すがの商店ブランドの「生どら焼」と、小清水町の「小麦色の街から」の2種類があります。
価格は、どちらも1個200円です。
両方とも、すがの商店が作っているのですが、材料が違っています。

生どら焼
・小麦粉(北海道産)、砂糖、卵、粒餡、乳等を主要原料とする食品、水飴、塩
・乳化剤、香料、膨張剤、安定剤(加工澱粉)、PH調整剤、メタリン酸Na、増粘剤(グァー)

小麦色の街から
・小麦粉(国内製造)、てんさい糖、砂糖、卵、粒餡、乳等を主要原料とする食品、水飴、塩
・膨張剤、乳化剤、香料、安定剤(加工澱粉)、PH調整剤、メタリン酸Na、増粘剤(グァー)

見た目の違いは、皮(カステラ)の色です。
そして、硬さが違い、小麦色の方が硬いです。
硬いと言っても、比べての話なので、それだけ食べて、硬く感じる訳ではありません。

味の違いは、甘みが違うような気がしますが、微々たるものだと思います。

ちなみに、「小麦色の街から」ができた時は、地元の小麦粉を使って作られていたと記憶していますが、今は「国内製造」と書かれていました。

いずれにしても、どちらを食べてもおいしいことには変わりないです。


DSC_8286s
左:小麦色の街から、右:生どら焼

DSC_8287s
生どら焼

DSC_8288s
小麦色の街から

DSC_8291s
左:小麦色の街から、右:生どら焼

DSC_8289s
生どら焼き

DSC_8290s
小麦色の街から


すがの商店(すがのしょうてん)
〒099-3213 北海道網走郡大空町東藻琴353番地
TEL.0152-66-2723


csh08ymatu at 22:00コメント(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ