Synto

2011年10月07日

BMW K1300S のレバーをABM製Syntovビットレバーに交換


K1300Sのレバーが、手の小さい私にはしっくり来ていませんでした。

クラッチはそれ程気にはならなかったのですが、ブレーキが遠すぎて、ブレーキングしながらアクセルをあおるときにやりずらく感じていました。

そこで、社外のレバーを探してみると色々見つかりました。

せっかくですので、ドイツ製のABM製Syntoビットレバーを買いました。

このレバーはジュラルミン削り出しでレバー位置が6段階にアジャスト可能なものです。

このレバーは元々のレバーに使用されているスリーブやバネなどを使いますので、交換には少々手間が掛かります。というか、どの社外レバーでも同じでしょうけど。

色は、レバーがガンメタ、アジャスターが赤の組み合わせをチョイス。

サイズは、純正とほぼ同じ長さのロングにしました。

実は、休みの日に天候が悪くレバー交換してから、まだ乗っていないので、使用感など走行時のレポートは次回に譲ります。


上がSyntoビットレバー、下が純正。
写真中央は、再利用パーツを外したところ。
SyntoレバーSyntoレバーSyntoレバー







ブレーキレバー
SyntoレバーSyntoレバーSyntoレバー







クラッチレバー
SyntoレバーSyntoレバーSyntoレバー







違いが分かるでしょうか。



csh08ymatu at 02:10コメント(0)トラックバック(0) 
ブログ内検索
月別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 累計:

プロフィール
山好き、バイク好き、車好き、スイーツ大好きの、ふつーのおやじです。
日帰りできる山を守備範囲としていますが、知床連山登山道の維持管理をしていたこともあります。
16歳からバイクに乗り続け、現在はBMW K1300Sに乗っています。
仕事は総合評価関係、技術士受験対策等を行っています。
技術士二次試験の相談にも乗りますので、メールください。
Recent Comments
related groups
読者登録
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ